EBC News
EBC LiveNews

月〜金曜日 15:45〜19:00

キャスター:
正本 健太(月〜木)・福吉 貴文(金)・名護谷 希慧
お天気キャスター:
鈴木 瑠梨・早戸 敦子
新型コロナ220人感染確認 初の200人超 3日連続の過去最多 「このまま続くと600人も」【愛媛】
愛媛県内で新たに220人の新型コロナウイルス感染が確認されました。

3日連続で過去最多となり、学校を中心に5つのクラスターも発生しています。

中村知事:
「今週中には200人、300人、今後出てくると予想しましたが、これだけ早く200人を超えるとは思っておりませんでした。来週にはこのままピークを迎えずにずっと続くと、500人、600人ということも可能性としては出てくるのではないかと危惧しています」

14日に発表された感染者は初めて200人を超え、3日連続で過去最多となりました。

昨夏の第5波よりも大きな感染の波が愛媛県内を襲っています。

1月4日以降、感染者は急激に増え続けています。

さらに心配なのが新規の事例の感染者の増加です。

14日は108人と半数を占め、こちらも過去最多です。

地域別では、松山市が過去最多の113人と5割を占め、新規の感染者は前日13日の約2倍です。

次いで西条市が26人、四国中央市が22人となっていて、四国中央市には14日から認証店以外での会食は「4人以下・おおむね2時間以内」のルールが追加で適用されました。

年代別では20代が76人と突出して多く、全体の3分の1。

この中には県外との往来があった新成人が含まれている可能性があります。

10〜30代までの若い世代が感染の中心です。

そして、14日は新たなクラスターが5つ確認されました。

宇和島東高校では14日、新たに7人の生徒の感染が確認され、計9人のクラスターに。

三島高校では14日、新たに4人が感染し、生徒5人のクラスターとなっています。

この2校の生徒の感染者は、いずれも同じ部活動に所属していて、これまでクラスターに認定されている新居浜西高校・松山北高校と同日に合同で部活動の練習試合を行っていたということで、その練習試合を契機にウイルスが持ち込まれ感染が広がったとみられています。

また、この4校のうち1校はさらに別の3校と練習試合を行っていて、そのうちの1校でも同じ部活動の生徒1人の陽性が確認されています。

3校は11日に部活動を停止し、翌12日からは関係者全員が自宅待機や検査を行っているということです。

3つ目の学校クラスターは松山学院高等学校で確認されました。

同じ部活動の生徒で確認されています。

ただ、他の学校との接点はないということです。

4つ目は新居浜市の友人間クラスターです。

ドライブやスポーツ活動、食事などを通じて計12人のクラスターとなっています。

5つ目は成人式後の会食を契機とする会食クラスター。

成人式当日と翌日に同窓会を中心とする複数の会食の参加者から14日に14人の感染が一気に分かり、クラスターに認定されました。

中村知事は改めて成人式に参加した人で、マスクを着けずに会話や食事をした人は参加した日から1週間は外出を控えるよう呼びかけています。

こうして感染が拡大する中、愛媛県は新型コロナの無料の検査を14日時点で県内33カ所で実施しています。

これまでに1604人が利用したということです。

検査できる場所です。

四国中央市ではコスモス薬局とウエルシア薬局の計6店舗で行われています。

新居浜市では7施設で、地域の薬局を中心に新居浜市役所でも検査が受けられます。

西条市では14日から総合福祉センターで検査が始まったほか、3つの薬局で受け付けています。

今治市では民間の検査センターや病院でも検査が受けられます。

最も検査場所が多い松山市では10カ所で検査が行われています。

民間の検査センターが2つあるほか、5つの内科や耳鼻咽喉科でも検査ができる体制を整えています。

南予では大洲市が東大洲の西原耳鼻咽喉科で、宇和島市は朝日町にある愛媛県総合保健協会南予支所で検査が行われています。

感染が急拡大する中、飲食店への時短営業を要請できる「まん延防止等重点措置」について、14日、知事から踏み込んだ発言がありました。

中村知事:
「まん延防止というものが本当にこのオミクロン株に果たして有効なのかどうか、ここは国にもう一度議論していただく必要があるんじゃないかと思います」

知事は今後の対策として「飲食店への時短要請が主な手立てとなるまん延防止措置の有効性に“疑問”を投げかけ、国でより有効な手段を議論してほしい」という考えを示しました。

これまで医療現場の逼迫の状況も大きな指標となっていましたが、現在の状況を見てみます。

14日現在、医療機関には前日より8人増えて73人が入院中です。

ただ、現在、県内に重症者はおらず、全員が軽症か無症状で、入院調整中を含め、自宅で療養や待機をしている人は594人に上っています。

愛媛県は医師会などの連携をとり、自宅療養者のサポートを進めるとしています。
1月14日 20:00

県内の最新ニュース

もっと見る
あわせて読みたい