2024年4月の俳句

  • 騒がしき 蜜の匂ひや 四月尽

    2024.04.30 放送

    作者:川口真理

    今日で四月も終わりです。新年度になって一か月、慌ただしく日々が過ぎました。自然界にも、たくさんの花が咲きつぎ、昆虫たちも春を謳歌しています。花の放つ蜜の匂いが、騒がしくにぎやかに混じり合い、世界は甘い風で満たされてゆきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 春眠し 昭和一桁 ことに眠し

    2024.04.29 放送

    作者:大牧広

    春眠暁を覚えずという言葉があるように、春は眠気の兆しやすい季節です。さて、眠たいのは、春のせいでしょうか。それとも、昭和一桁生まれで年を重ねたがゆえの眠たさでしょうか。今日は昭和の日です。昭和を生き抜いてきた世代への敬意をこめて、過去を振り返り、未来を思います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 行く春の 大樟木を 抱きに行く

    2024.04.26 放送

    作者:土谷倫

    「行く春」は、終わろうとする春のことで、愛惜の心が込められています。大きな樟木は散歩途中にある親しい木なのでしょう。「抱きに行く」という大胆な表現で、この人の拠り所となっていることが伝わります。春は人が異動する季節。卒業、入学、退職、転勤など。さまざまな変化に心が揺れ動くとき、受け止めてくれる大樟木です。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 父がまづ 走つてみたり 風車

    2024.04.25 放送

    作者:矢島渚男

    色紙やセルロイドなどで作られた花形の風車は、春の風をはらんで回転する、心引かれる玩具です。走ると風が起こって回り出します。風車を買ってあげた父は、子どもに見せてあげようと、まず自分が走ってみせました。子どもがはしゃぎ出す姿が目に浮かびます。でも、なんだか父の方が喜んで、ずっと走っている気配です。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 汐干潟 うれし物皆 生きて居る

    2024.04.24 放送

    作者:正岡子規

    潮の満干の差が大きい四月頃は、海辺が遠くまで干上がり、貝や磯物を採りに出かける「潮干狩り」を楽しみます。きょうの句、広がる砂浜に蠢く生き物たちの、きらきらした命を感じています。そして思わず「うれし」と言葉に出ました子規が私たちを、春の干潟へと誘ってくれているようです。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 紫雲英田に こころ忘れて 来てしまふ

    2024.04.23 放送

    作者:野木桃花

    春の田を一面に埋めるピンクの花、紫雲英。れんげ草ともげんげんなどとも呼ばれます。緑肥として植えられたものですが、子どもの頃には花に埋もれて寝ころんだり、首飾りや冠を編んで頭にのせたりもしました。あれほどすてきな記憶はないようにさえ思います。あの頃の自分の心を見つけに、どこかの紫雲英田を探しに行きたくなりました。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 水晶の ごとくに群れて 夕遍路

    2024.04.22 放送

    作者:野見山朱鳥

    祈願のため、四国霊場八十八箇所を巡る遍路。暖かくなる三月から五月にかけて見かけるようになります。歩く人、自転車、またバイクで巡る人もいます。どの手段でもそれとわかる装束を身につけています。群れているのは、夕暮れにたどり着いたお寺でしょうか。「水晶のごとく」という措辞が、お遍路さんの祈りの姿を際立たせて、胸を打ちます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 永き日のアロワナ 古代まで泳ぐ

    2024.04.19 放送

    作者:青井えのこ(東京)

    アロワナは、南アメリカや東南アジアの淡水に棲む魚です。恐竜の時代の地層に化石が発見され、太古から姿を変えない古代魚としても知られています。永遠を感じさせる日永の光の中、大きな体をうねらせ、アロワナが泳いでゆきます。時空を超え、古代までさかのぼってゆきそうな、はるかな後ろ姿です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 札所から 札所へと漕ぐ 日永かな

    2024.04.18 放送

    作者:神野睦子(松山)

    四国八十八か所のお遍路を、自転車で巡礼しているのでしょう。札所にお参りしたら、また次の札所を目指して、軽快に漕ぎ始めます。日も永くなってきたので、一日をたっぷり使えます。自転車を使って、コンパクトかつスピーディーに、春のお四国を駆け抜けます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 救援食待つや 日永のラマダーン

    2024.04.17 放送

    作者:中村 彰正(久万高原)

    イスラム教には、日中の飲食を断ち、神様に祈りを捧げる、ラマダーンという期間があります。ガザに住む人の多くも3月にラマダーンを迎えましたが、停戦を呼び掛ける声に応じず、イスラエル軍は攻撃を続けました。救援物資の食料も満足に行き渡らないガザ。人々の無事を祈り、日本にできることを考えます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 永き日の 犬が振り向く度に 撮る

    2024.04.16 放送

    作者:恵勇(千葉)

    犬にレンズを向け、振り向くたびにベストショットを狙ってシャッターを切ります。人間と違って、犬はじっとポーズを決めてくれません。「振り向く度に撮る」というせわしない表現が、はつらつと動く犬や、それに振り回される人間の姿を、いきいきと描き出しています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 珈琲にひよ子 日永の美容室

    2024.04.15 放送

    作者:春野ぷりん(新潟)

    美容室でパーマやカラーを施す待ち時間に、ちょっとしたお菓子を用意してくれたのでしょう。コーヒーと一緒に出てきたのは、福岡発祥の銘菓「ひよ子」です。日永の穏やかな明るさと、ひよこの形をしたお菓子のなつかしさとがぴったり。心がほっこりあたたかくなるサービスです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 寝返りで 赤子日永を 使ひ切る

    2024.04.12 放送

    作者:徳永晴樹(松山)

    まるで永遠に続きそうな春の午後、赤ちゃんがころり、またころりと寝返りをします。まだ立ったり喋ったりできない赤ちゃんは、とにかく今は寝返りばかり。日永を使い切るという表現がユニークですね。飽きもせず繰り返される赤ちゃんの動作にも、不思議な達成感が生まれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 永き日や シベリア抑留 語らぬ父

    2024.04.11 放送

    作者:近藤義久(松山)

    第二次世界大戦終結後も、シベリアに不当に抑留され、厳しい労働を課せられた人々がいました。飢えと寒さに追い詰められながらの強制労働は、筆舌に尽くしがたい苦しさだったでしょう。平和な日永のひだまりの中、かつての辛い記憶を語らない父の、寡黙な胸の内にふと思いをはせます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ンジャメナに 続く日永の しりとりよ

    2024.04.10 放送

    作者:鈴白菜実(東京)

    ンジャメナはチャド共和国の首都です。しりとりは「ん」がつくと負けと言われますが、この世界には「ん」から始まる言葉もあるんですね。「ンジャメナ」の名前を出せば、しりとりはまだまだ終わりません。日の永くなった春の午後、ンジャメナという奥の手を使い、どこまでも言葉のリレーが続きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 宇和海と 日永と サニートラックと

    2024.04.09 放送

    作者:櫻栄二(愛南町)

    サニートラックは、昭和の時代に人気を博した、小型のボンネットトラックです。春の午後、宇和海に面した道を、レトロなサニートラックが走ってゆきます。リアス式海岸をくいくいと曲がるたび、車のボディが海の光にきらっと輝きます。「と」で並列させたことで、軽快なリズムも生まれました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 薄皮の剥けぬ 日永のゆでたまご

    2024.04.08 放送

    作者:葦屋蛙城(新潟)

    春になると日暮れが遅くなり、少しずつ昼の時間が長くなります。一番昼が長いのは夏ですが、季節の変化をしみじみ感じることから、日永は春の季語です。ゆでたまごの薄皮が剥けないことも、なんとなく許せてしまう、穏やかな春の午後。つるんとした玉子の肌に、春の光が輝きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 木琴は 胃にやさしかり 鳥帰る

    2024.04.05 放送

    作者:松本勇二

    秋に北方からやってきた渡り鳥が、春になって帰ってゆくときの情景が、季語「鳥帰る」です。時空の広がりの中に、残る寂しさも広がっていきます。そんな空の下、地上では寂しさを紛らすように木琴を叩いている人が。木琴は、子どものころから親しい楽器です。バチが弾む、木の鍵盤の音色は、大人の疲れた胃にも確かに優しいですね。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ぷっくりと桜餅 ぷっくりと私

    2024.04.04 放送

    作者:佐々木麻里

    うっすらピンク色の餅に、巻かれた桜の葉の香り。まさに桜時の気分をそのまま表出したような和菓子です。ぷっくりした桜餅を前に、心もぷっくりふくらんできたのでしょう。あるいは、すこし気になっていた自分のぷっくりした身体が、桜餅と同化した気分。「よかったわ」と、肯定できたうれしい瞬間でしょうか。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 山又山 山桜又山桜

    2024.04.03 放送

    作者:阿波野青畝

    桜の季節になると口をついて出てくる、シンプルでリズムの良い今日の俳句です。山にぽっぽと現れてくる桜色のかたまりは、春そのもののような気がします。いつもは注目していない山々に、目を見開きます。山桜また山桜と指さしながらわくわく眺めます。あるいは、山道を桜の木に触れながら歩いてみたくなりませんか。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 花の雨 夜の巷の 雨である

    2024.04.02 放送

    作者:九里順子

    花の雨は、桜時に降る冷え冷えとした雨のこと。 この人は、夜の巷、すなわち町中にいて雨にあいました。でも意識の中の桜が、目に浮かんでいるのでしょう。雨に花の匂いも混じっている気配です。「花の雨」の雅を「巷の雨」と俗っぽく言い放ちました。目の前に桜は無くても、桜の季節が人々の生活を包んでいます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • いつぽんの 大きく暮れて 花の寺

    2024.04.01 放送

    作者:角川春樹

    俳句では、単に「花」といえば桜のこと。「大きく暮れて」が、寺の境内を占める桜の大きさを想像させます。老木でしょう。日が暮れていく中、大きな一本の桜の雄々しさと、憐憫のようなものを感じます。一方で、老木ながら失わない華やぎを「花の寺」という言葉が伝えます。愛媛では、例えば久万高原町の法蓮寺の桜を思い起こすでしょうか。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

7月のお題「風鈴」の
応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

すべての俳句を聞く
掲載されている句がランダムで再生されます
すべて聞く/止める

最新の俳句

バックナンバー

pagetop