2024年5月の俳句

  • 蛍火の明滅 滅の深かりき

    2024.05.31 放送

    作者:細見綾子

    そろそろ出る頃か、と蛍情報にそわそわする季節です。蛍が無数に集まって飛ぶときを蛍合戦と言いますが、これは生殖のためなのだそうです。私たちの心をとらえる蛍の明滅。闇の中で光ったあと、すーっと消えて残る闇の深さに、吸い込まれそうです。光りを追っていながら、いつの間にか「滅」の神秘に魅せられているのかも知れません。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 乾草匂う 夜目にも愛の自転車立て

    2024.05.30 放送

    作者:鈴木六林男

    乾草は、刈った草を干して、冬の家畜用の飼料などに使います。近年は土手や道端の草を刈ってそのまま干され、後に焼かれることも多いです。乾草の積まれた場所に、二台の自転車が立てられています。見え辛い夜でも、恋人どうしのものと判断したのです。芳しい草の匂いが、甘美な想像を起こさせたのでしょうか。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • カルピスの 氷ぴしぴし鳴り 夕立

    2024.05.29 放送

    作者:堀本裕樹

    「カルピス」、「ぴしぴし」の軽快な言葉の響きが、夏の元気と明るさを感じさせます。コップの中で氷に亀裂が入る音「ぴしぴし」に、喉が鳴りそうです。さあ飲もう、というタイミングでやって来た不穏な夕立。氷が鳴っているのですが、夕立に伴う雷も鳴っていそうです。爽やかな飲み物を味わいながらも、緊張感が走ります。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 青あらし 機嫌よき日は 墨磨りて

    2024.05.28 放送

    作者:井上論天

    青葉は、若葉の時間が少し過ぎて緑が深くなった頃の葉をさします。青嵐はその時季に吹く、やや強い風。庭の草木が揺れて、葉擦れの音が爽快感を感じさせてくれる日。身の上にも良いことが起こったようです。いえ、ただよく眠れただけのことなのかも。筆が傍らにある生活に、なんだか憧れます。青葉の季節の贅沢な時空の中にいます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 谷若葉 ちょっと黙っていいですか

    2024.05.27 放送

    作者:塩見恵介

    若葉は、初夏のみずみずしい新緑のこと。木々に萌え出た新しい葉です。若葉を楽しみにドライブしてきたのでしょうか。心身まで染まりそうな谷間の緑に、言葉が邪魔になる気分、わかる気がします。「いいですか」という丁寧な言葉遣いに、二人の初々しい関係がわかります。ちょっとの沈黙の後で、お互いの信頼関係も深まりそうです。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 葉桜や 今も卵を 抱く化石

    2024.05.24 放送

    作者:桑島幹(千葉)

    化石には、生きものの姿がさまざまに保存されています。近年も、卵を温めたままの恐竜の化石が見つかりました。何千万年も前から卵を抱き続けている化石の一途さに、ぐっと胸が熱くなります。長い時を経て今、この夏の葉桜を、はるかからざわざわと、風が吹き過ぎてゆきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 葉桜や 補助椅子を出す 野外劇

    2024.05.23 放送

    作者:吉田みち子(神奈川)

    気持ちのよい初夏となりました。野外劇も盛況で、事前に用意していた座席だけだと足りません。急遽、補助椅子を用意して、お客さんを呼び込みます。葉桜の下で、どんな人間模様が繰り広げられるのでしょう。これから始まる演劇に、夏という季節に、期待が高まります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 葉桜の 中をトゥクトゥク 傾きぬ

    2024.05.22 放送

    作者:そまり(新居浜)

    トゥクトゥクとは、タイで使われる三輪自動車です。日本でも、観光地の移動手段などに見かけます。葉桜の茂る中を、トゥクトゥクが走ってゆきます。コンパクトで小回りがきく分、カーブに差し掛かれば車体を傾かせて曲がります。すぐそこに葉擦れの音が聞こえてくるようで、そっと耳を澄ませます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 差入れのコーヒー 見上げると もう葉桜

    2024.05.21 放送

    作者:にいぽん(松山)

    声をかけられ、差し入れにコーヒーをもらいました。苦みに目が覚め、頭上を見上げると、桜の木がみずみずしく若葉を茂らせています。もう花の時期は終わって、葉桜の季節なのだなあ。過ぎ去る時間の早さに驚きながら、コーヒーをひと口。さりげない言葉運びに、リアルタイムの臨場感が生まれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 花は葉に 解体を待つ 観覧車

    2024.05.20 放送

    作者:ピアニシモ(松山)

    桜の花が散って葉桜へ変わってゆくころ、営業を終えた観覧車が解体のときを待っています。季節は巡り、街の姿も時とともに変化してゆきます。もう動かない観覧車が初夏の日差しに輝くとき、これまでに重ねられてきたたくさんの思い出も、きらりきらりと輝きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 葉桜が濡れて とんかつ揚がりさう

    2024.05.17 放送

    作者:恵勇(千葉)

    雨上がりでしょうか。葉桜がしっとりと濡れ、あおあおと匂います。そのみずみずしい艶を眺めながら、室内ではもうすぐとんかつが揚がりそうな音が。からりと揚がるとんかつと、濡れた葉桜と。質感の対比が効いています。さあ、さくっとひと口、いきいきとした初夏の時間が始まります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 葉桜の 葉擦れは硬し 盲学校

    2024.05.16 放送

    作者:丹波らる(京都)

    私たちが世界から受け取っている情報は、視覚からだけではありません。音や味、触り心地など、感じ方もさまざまです。吹き過ぎる風に、桜の葉擦れの音が、思いのほか硬く感じられました。目で見るだけでは気づかない、葉桜の質感が言い留められています。みなさんは、葉桜をどんな風に捉えますか?

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 葉桜をぼかして ポートレート撮る

    2024.05.15 放送

    作者:小林土璃(神奈川)

    ポートレートを撮るとき、背景をぼかすことで、人物に焦点を絞り、より鮮明な印象を生み出します。最近はスマートフォンのカメラにもポートレートモードがあり、簡単にぼかし機能が使えますね。背景の葉桜をぼかせば、みずみずしいグリーンが、その人の印象をさわやかに彩ってくれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 弁当の 自然解凍 花は葉に

    2024.05.14 放送

    作者:堀川絵奈(西予)

    最近の冷凍食品には、電子レンジであたためなくても、凍ったままお弁当に入れられるタイプが多くあります。食べるころには自然解凍され、とっても便利。花が散って葉桜に変わりゆく感慨を「花は葉に」と言います。葉桜の下、お弁当を食べるのでしょうか。いつもの日常をさらりと掬い取りました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 葉桜や 入部届の(仮)

    2024.05.13 放送

    作者:阿部八富利(東京)

    桜の木は、花を散らせたあと、初夏のさわやかな風に、みずみずしい若葉を広げます。花の盛りだけでなく、葉桜にも感動を見出す視点には、どんな姿も肯定するポジティブな力を感じます。入学して、部活動など学校生活も動き出す時期です。仮入部でまずは自由に挑戦し、打ち込めることを探せますように。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 不定休 いつのころから 麒麟草

    2024.05.10 放送

    作者:二村典子

    「不定休」は、最近になってよく聞く言葉です。お目当ての店をインターネットで検索して「不定休」だと、戸惑います。店の前まで来てわかると、尚更です。「定休日」を避けて来たつもりでした。「いつのころから」に、寂しい気持ちが滲みます。立ち尽くすこの人を、黄色い麒麟草がなだめるように群れていました。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 翅わつて てんたう虫の 飛びいづる

    2024.05.09 放送

    作者:高野素十

    愛らしくて、見つけると思わず屈み込んで手を伸ばしてしまう天道虫。でもなかなか上手く手に乗ってくれません。滑り落ちたり、この句のように飛び去ったり。半球形の真ん中に翅の割れ目があって、まさに翅わってという感じです。「いづる」は広い場所に出ることで、小さな羽音が聞こえて来そうです。今日の句、どの歳時記を開いても出ている「天道虫」を代表する句です。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ゴミ袋 ぼそっと突いて 薔薇の茎

    2024.05.08 放送

    作者:芳賀博子

    ある、ある!と思わず膝を打つ句です。日々を和ませてくれていた華やかな薔薇。その盛りを終えて、花びらを落としながら片付けられてゆきます。棘があるので、袋が破れないようにと、なかなか気を使う作業です。ところが、やっぱり破れた。「ぼそっと突いて」が、薔薇の茎の意思のようで、どきっとするのです。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • リラ冷えや 双手は己 抱くことも

    2024.05.07 放送

    作者:柴田佐知子

    ライラックの別名がリラで、六月頃まで芳香を放って咲きます。リラの咲く時期の冷え込みが「リラ冷え」。思わぬ寒さに自分の身体を抱きしめました。その瞬間、自分の双手、すなわち両手に意識がいったのですね。普段は愛おしい誰か、例えば子ども、親、恋人などを抱くための双手が、今は自分のために在る。冷えそうな心も一緒に抱きしめます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 消火器の こと考えて 今朝の夏

    2024.05.06 放送

    作者:中谷仁美

    昨日は立夏でした。「今朝の夏」とも言って、今朝から夏になったという気持ちを強調しています。消火器と夏が来たことは関係ないのですが、距離のある取り合わせが夏の到来を際立たせます。消火器を買うべきか、あるいは、使い方を頭の中で復習しているのかも。窓辺の向こうは、新緑がきらきらしています。消火器もなんだか輝いてきました。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 憲法に 鋼の勁さ 麦熟るる

    2024.05.03 放送

    作者:宮坂静生

    今日は憲法記念日です。憲法改正の議論もありますが、平和への誓いがこもる現行憲法の骨格の確かさを、鋼のように強いと讃えました。季語は「麦熟るる」。収穫期を迎えた麦が、黄金の穂をそよがせます。憲法は、麦を育てるように地道に暮らす民衆の、平和を護る存在で在り続けてほしいと願います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • まぶしくて うらやましくて 風車

    2024.05.02 放送

    作者:鈴木聡史

    風車は春の季語です。紙やセルロイドで作った羽根が、やわらかな春風にくるくる回ると、いかにもほがらかです。友だちのかざす風車が、春の日にきらきらと輝いています。いいなあ、うらやましいなあ。子どもの玩具を通して、人間に根差す欲望を詠みました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ライ麦パン苦し 五月の風あまし

    2024.05.01 放送

    作者:井出野浩貴

    今日から五月です。気温も上がり、いよいよ夏の気配が近づいてきます。麦も、もうすぐ収穫の季節。ライ麦パンは、ライ麦から作ったパンで、栄養がいっぱいです。ほんのり苦い風味も麦らしく、その苦みによって、吹いてくる風がいよいよ甘く感じられます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

7月のお題「風鈴」の
応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

すべての俳句を聞く
掲載されている句がランダムで再生されます
すべて聞く/止める

最新の俳句

バックナンバー

pagetop