視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2024年7月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2024年7月の季語(お題)は
風鈴 です
  • 子の作りし 風鈴吊るす 鳴らねども

    今日の俳句

    2024.07.19 放送

    作者:松田寛生(兵庫)

    学校やイベントで、風鈴作りに挑戦したのでしょう。作って来た風鈴は、失敗してしまったのか、うまく音が鳴りません。それでも、せっかくの手作りの風鈴だから、吊るして飾ります。風に揺れているさまを見ていれば、音は鳴らなくても、嬉しくて、じんわりと涼しさが吹き過ぎてゆきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 風鈴は 風のかたちを おぼえない

    今日の俳句

    2024.07.18 放送

    作者:ギル(神奈川)

    風鈴にも、硝子や陶器、鉄など、さまざまな素材があります。吹く風も、ときには強くときには優しく、天気や時間によっても変わります。風鈴の音も一期一会です。風鈴が風の形を覚えないのは、吹いてきたそのときの風を柔軟に受け止めるためかもしれません。さて、今日はどんな風が吹くでしょうか。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 鉄風鈴や 銃弾と なるなかれ

    今日の俳句

    2024.07.17 放送

    作者:室 達朗(京都)

    かつての戦時中には、武器を作るため、家庭にある鉄製のものを供出する命令が出されました。今は穏やかに風に鳴る鉄風鈴も、世が世なら、回収されて銃弾にされたかもしれません。この鉄風鈴が銃弾となる時代が、もう来ませんように。風鈴の静かな音色が、平和への祈りを、涼しくひびかせます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ぬぐはれて 風鈴の音の あらたまる

    今日の俳句

    2024.07.16 放送

    作者:満生あをね(福岡)

    風鈴も、吊るしたままだと、少しずつ汚れます。そのささやかな汚れを布で拭って、もう一度、風にかけてやります。すると、風鈴の音が、拭う前と違って、また新鮮にひびきました。ささやかな音の変化を敏感に受け取り、いっそう清らかに、涼しさが澄みわたります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 風鈴や 水出しの茶の あさみどり

    今日の俳句

    2024.07.15 放送

    作者:三好眞喜子(松山)

    風鈴の鳴る部屋で、冷たい緑茶を用意しました。お湯を沸かさず、水出しでゆっくり作った緑茶を、よく冷やしていただきます。あさみどりに透けた色も、ひんやりと涼しげです。ちりん、ちりん、風鈴の音も心に風を吹かせます。暑い夏ですが、工夫しながら、なんとか体と心を整えて過ごしたいものです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ソックスと 風鈴吊るす マネージャー

    今日の俳句

    2024.07.12 放送

    作者:藤橋一憲(松山)

    部活動のマネージャーの主な仕事は、選手のサポートです。汚れたユニフォームなどを洗うのもその一つなのでしょう。靴下は洗濯ばさみで留めてゆき、ついでに風鈴も吊るします。ちりん、ちりん。風に揺れるソックスと風鈴が、夏の片隅にまぶしく光ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 風鈴は遠く 唇近く 雨

    今日の俳句

    2024.07.11 放送

    作者:秋本 哲(松山)

    夏の雨が降る昼は、木々の緑も濃く匂い、室内も陰影が深くなります。風鈴の鳴る音が雨音に混じって遠く聞こえ、近くには触れられそうな距離にその人の唇があります。唇に触れるか、それとも。しっとりとした緊張感を、風鈴が涼しく彩り、結末は雨の彼方へ溶けてゆきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 砥部焼風鈴 「ロープウェーノリバ トコテスカ?」

    今日の俳句

    2024.07.10 放送

    作者:じゅうめい(松山)

    松山城下のロープウェイ街では、夏の風物詩として、毎年、砥部焼の風鈴を吊るしています。外国からの旅行客でしょうか、かたことの日本語でロープウェイ乗り場への行き方を尋ねています。日本の夏も暑いですが、砥部焼の風鈴の涼しい音色に耳を傾け、松山城へさあ、おいでなもし。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 風鈴や ペディキュアのまだ 生乾き

    今日の俳句

    2024.07.09 放送

    作者:加里かり子(愛知)

    素足になることも多い夏には、足の爪にカラフルなペディキュアをほどこすのもおしゃれです。ペディキュアを塗り、乾くのを待つ間、手持ちぶさたでぼーっと、風鈴の音を聞いています。生乾きでまだつやつやしている爪に、まばゆい日差しが照り映えます。この夏、素敵な思い出ができますように。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 風鈴や 回覧板を 齧る犬

    今日の俳句

    2024.07.08 放送

    作者:山尾政弘(兵庫)

    風鈴は、ちりんと鳴る音の涼しさを楽しむ鈴です。日本の夏には欠かせないアイテムで、俳句でも夏の季語として詠み継がれてきました。軒先に吊るした風鈴の下で、飼っている犬が回覧板を齧っています。風鈴と回覧板と犬、何気ない日常をかたちづくるものたちが、のびのびと過ごす、夏の一日です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2024年7月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 風鈴や太陽はきっとさみしい

    作者:イサク

  • 風鈴や芯まで眠る赤ん坊

    作者:山口雀昭

  • ふうりんふうりん日本は苦しくないか

    作者:藤雪陽

  • 風鈴や頁にひとつだけの詩

    作者:福原あさひ

  • 引き出しに風鈴ゆるさないでほしい

    作者:葉村直

  • 宵の風鈴星がくる月がくる

    作者:北藤詩旦

  • 風鈴や夫の働き方改革

    作者:春野ぷりん

  • 風鈴の炎の記憶ゆれて夜

    作者:花見鳥

  • 熱の児の握るミニカー軒風鈴

    作者:加田紗智

  • 風鈴や母をねぎらふ父の遺句

    作者:竹本桂子

  • ひ孫らの去りて風鈴のちりん

    作者:しまのなまえ

  • 風鈴ちりん空の切れ端だけの窓

    作者:南あん

  • 風鈴や母の箪笥を売る話

    作者:松田夜市

  • 風鈴の朝牛乳を一気飲み

    作者:城内幸江

  • 東京の風鈴シェアハウスの窓辺

    作者:村瀬ふみや

  • ゼミ室に風鈴と居る老教授

    作者:村上光朗

  • 天気予報外れて風鈴がきれい

    作者:山内佑資

  • 増築の部屋の風鈴よく唄ふ

    作者:空木花風

  • 風鈴が海馬の奥を冷やしけり

    作者:青井えのこ

  • 震災の瓦礫の風鈴は無傷

    作者:佐藤茂之

  • 風鈴や星の死らしきもの遥か

    作者:恵勇

  • 今風を見せます風鈴吊るします

    作者:沢唯果

  • ひと鳴らしして風鈴を高く吊る

    作者:彩汀

  • 僕ハ死ンダ此ノ時風鈴静カ

    作者:正念亭若知古

  • 化粧水さらり風鈴からからと

    作者:鈴白菜実

  • 風鈴の音や香典袋に名

    作者:くぅ

  • 風鈴や血合に曇る硝子皿

    作者:じゃすみん

  • 風鈴の音へ閉じたる参考書

    作者:久保田凡

  • 風鈴へ治験の犬は振り返る

    作者:栗田修次

  • ふうりんや奥多摩の又奥の宿

    作者:桜鯛みわ

  • 風鈴や早稲田通りの畳店

    作者:青野すみれ

  • 風鈴や逢へる逢へない逢ひにゆく

    作者:宍野宏治

  • 救急車去って風鈴残りけり

    作者:そまり

  • 風鈴の闇に眠っていたひかり

    作者:うさの

  • 風鈴ちりん五百円玉貯金

    作者:風薫子

  • 後輩の風鈴残る社員寮

    作者:小川野雪兎

  • 風鈴や雲滑りゆく石畳

    作者:島田和子

  • 風鈴がチリンとひとつ瀬戸の夕

    作者:加島一善

  • 風鈴や百万石の風受けて

    作者:砂山恵子

  • 風鈴や愛の台詞は再利用

    作者:忽那大佐

  • 風鈴や不登校児は保健室

    作者:草夕感じ

  • 風鈴のりりるる星の子守唄

    作者:GONZA

  • 半分でパズルは飽きて風鈴で

    作者:ぞんぬ

  • 風鈴よぼくって愛されていたんだ

    作者:四條たんし

  • 風鈴やふうふう食べるキムチ鍋

    作者:田門平昌

  • 風鈴やベッドメリーのくるりくる

    作者:丁鼻トゥエルブ

  • 名物はパフェと風鈴島のカフェ

    作者:藤本加奈子

  • 風鈴や今宵も祖父の桃太郎

    作者:星月彩也華

  • あの窓に似合ふ風鈴似合ふ君

    作者:吉野敬子

  • 風鈴や転がすやうに母を拭く

    作者:松井くろ

  • 風鈴や神馬の耳の動き方

    作者:松浦宣子

  • 風鈴やマルタに碧き月あげて

    作者:巴里乃嬬

  • 風鈴やあのころここは町でした

    作者:みやこわすれ

  • 風鈴やサイフォン鳴りし古きカフェ

    作者:庭野環石

  • 領空侵犯風鈴壊れさう

    作者:沼野大統領

  • 風鈴の彼方東京行きジェット

    作者:名智満

  • 風鈴や信玄餅のきな粉爆ず

    作者:となりの天然樹

  • 風鈴あまた鳴りくたびれて雑貨店

    作者:南方日午

  • 風鈴の舌は昭和の五円玉

    作者:寺尾当卯

  • 風鈴にあたつて風のくずれけり

    作者:夏風かをる

  • 風鈴静かテレビより線状降水帯

    作者:平川直子

  • 風鈴やアシンメトリーのペディキュア

    作者:弥栄弐庫

  • 風鈴や人さらひ出さうな夕べ

    作者:藤尾裕子

  • そよぐ風誰を呼ぶのか風鈴は

    作者:輝雲彩

  • 風鈴はちりんというよりきゃりんかな

    作者:本間滋之

  • 風鈴や海凪ぎてなお鳴りにけり

    作者:深澤健

  • ロープウェイ街風鈴の百の色

    作者:渡部克彦

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

7月のお題「風鈴」の応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

聞ける俳句のトップへもどる
pagetop