視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2024年3月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2024年3月の季語(お題)は
囀(さえずり) です
  • 風ですか 囀ですか 大欅

    今日の俳句

    2024.03.22 放送

    作者:岡野 未由子(宇和島)

    囀る鳥の声は、自然のさまざまな音と調和しています。風なのか囀りなのか分からないほどに、一体となって春の空気に溶け込んでいます。振り返ったとき、そこには大きな欅の木が、ただ揺れていました。人間も大いなる自然のふところに生きているのだと、ふと気づかせてくれる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 囀は 明日を待つ声 墓石拭く

    今日の俳句

    2024.03.21 放送

    作者:山内佑資(伊予)

    囀りとは何か、一般的な説明ではなく、自分の感覚で語り直したところに、詩が生まれました。囀りというのは明日を待つ声なのだと思うとき、今日の悲しみと明日への希望がひたひたと寄せてきます。墓石を拭き、親しいその人を偲びながら、囀りに顔を上げ、今日へと向き直します。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 囀や もう来ないはず B29

    今日の俳句

    2024.03.20 放送

    作者:宮崎泉(静岡)

    B29は第二次世界大戦において、アメリカ軍が日本への空襲に用いた大型の戦闘機です。当時を知る世代にとっては、今もなまなましい記憶。囀りのにぎやかな音量にふと、かつての戦闘機の気配を思い出しました。「はず」の一語に不安がよぎります。囀りをおだやかに聞くこの平和が、続きますように。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • さへづりの 音楽準備室に 鍵

    今日の俳句

    2024.03.19 放送

    作者:四條たんし(愛知)

    学校の音楽準備室には鍵がかかっていて、開けるまではしーんと静かです。春になるとその周りを、鳥たちの囀りがにぎやかに包みます。外の光の明るさと室内の暗さとが、春の陰影を作り出しています。鳥には囀りがあり、人間には音楽があります。音のあふれる春本番まで、あともう少し。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 陸酔いの 足に囀 こそばゆし

    今日の俳句

    2024.03.18 放送

    作者:北欧小町(東京)

    長い時間船に乗って揺られると、降りてもまだ体が揺れているように感じることがあります。これが「陸酔い」です。陸に降りると、新しい町の風景が新鮮に飛び込んできます。鳥の囀りも、水の上にはなかったものです。ふわふわとした足のこそばゆさが、むずむずとした春の感覚を呼び覚まします。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 手術後の 猫の鼾と 囀と

    今日の俳句

    2024.03.15 放送

    作者:堀川絵奈(西予)

    手術を終えたばかりの猫が眠っています。体に負担がかかっているからか、鼾もいつもと違って聞こえます。そこにやさしく、囀りがかぶさってきました。生命力たっぷりの鳥の声が、猫の回復力にも刺激を与えそうです。しっかり眠って癒して、また元気な姿を見せて、と願います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 囀りの中へ 休職明けの空

    今日の俳句

    2024.03.14 放送

    作者:渡辺香野(高知)

    事情があって休んでいた会社に復帰するときは、やはり不安や緊張が伴うものです。そんな朝、外へ出ると気持ちのよい空が広がっていて、鳥たちがいきいきと鳴きかわしていました。私も自然と心が前向きになり、春の光と風の中へ一歩踏み出します。囀りのエールを胸に、新しい日々、きっと大丈夫です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 補聴器を外して 囀りの間近

    今日の俳句

    2024.03.13 放送

    作者:岩ア 久美(松山)

    補聴器は、聴力を補い、より聞こえやすくするための器具です。補聴器を外したとき、音は聞こえにくくなるはずですが、作者は囀りをむしろ近くに感じたといいます。補聴器を介さないことで、囀りと直接つながれたような心地がしたのでしょう。しばし囀りに耳を預ける春のひとときです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 囀へ飛び出す ジップラインの児

    今日の俳句

    2024.03.12 放送

    作者:星月彩也華(四国中央)

    ジップラインとは、アウトドアアクティビティの一つです。山や森に渡されたワイヤーロープにぶら下がり、滑車を使って滑り降ります。大自然を大胆に感じるぶん、挑戦には勇気も必要です。それでも覚悟を決めて飛び出してゆく子どもの背中に、囀りが力強くひびきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 囀りや ひかりはふくらんで 満ちる

    今日の俳句

    2024.03.11 放送

    作者:馬越貴英(今治)

    春になると、鳥たちも恋をして、にぎやかに鳴きかわします。これが「囀」です。うぐいす、雲雀、目白、四十雀……。たくさんの鳥たちが囀るさまに、こちらの心も明るくなります。囀りがどんどん勢いを増すように、光もまたふくらみ輝き、この世界に春が満ちてゆきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2024年3月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • PleaseDon’tDisturb乱れたシーツを囀り

    作者:平良嘉列乙

  • 囀の他は聞こえず樹木葬

    作者:神野睦子

  • 囀の始まつてゐる雑木山

    作者:宍野宏治

  • 神輿庫の錆びし鍵穴さへづれり

    作者:栗田修次

  • 囀を記すガラスペンの青し

    作者:みづちみわ

  • タラップを降りて異国のさへづりよ

    作者:Q&A

  • 囀や弓道場の鍵あける

    作者:神奈川ゆうき

  • マグリットの青空だろう囀れる

    作者:石浜西夏

  • 囀や「よだかの星」を伏する庭

    作者:はなぶさあきら

  • 囀の小径のさきのベッカライ

    作者:緒方朋子

  • 囀や朝のひかりを舐める猫

    作者:みやこわすれ

  • 囀や子に宿題のなき休み

    作者:鈴白菜実

  • 寝違へた首に囀やさしくて

    作者:花見鳥

  • 結願の燭やみるみる囀れり

    作者:林省造

  • 囀りやカフェの店主は脚本家

    作者:春野ぷりん

  • 目を閉ぢて囀とゐる病臥かな

    作者:暖井むゆき

  • 透明な囀まとふ山蒼し

    作者:夏雨ちや

  • 囀や万のランナー駆け抜くる

    作者:徳永晴樹

  • 無言館出て囀りのなかにいる

    作者:杉野祐子

  • さへづりの山ふところへ納骨す

    作者:竹本桂子

  • 囀や横溝正史めく湖畔

    作者:秋本哲

  • 囀や耳標が光る牧の朝

    作者:小林土璃

  • 炊き出しのテントの上を囀れり

    作者:北岡一郎

  • さへずりの零るる卓やジャムを塗る

    作者:桜鯛みわ

  • 囀や紅茶へブランデーぽちよん

    作者:渋谷晶

  • さへづりや特急券のうすみどり

    作者:岸来夢

  • 囀りに口笛足してゴミ捨てに

    作者:熊本芳郎

  • 囀や山のかたちに脚立たて

    作者:おきいふ

  • 囀を詩語に翻訳する仕事

    作者:ギル

  • 囀りの朝黒板の一文字目

    作者:桑島幹

  • 廃校は空つぽの箱囀れり

    作者:彩汀

  • 囀はさざなみの色みづの色

    作者:葦屋蛙城

  • さへづりへ漣のごとシーツ干す

    作者:綾竹あんどれ

  • 蓼科に囀を聴きプロポーズ

    作者:新濃健

  • 友人とはぐれて囀りの真下

    作者:久保田凡

  • 囀や小雨の連れて来しひかり

    作者:恵勇

  • 囀りは光を送り合ふ儀式

    作者:コンフィ

  • 囀のひかりの道をベビーカー

    作者:おかだ卯月

  • 囀の渦巻く芯へからだごと

    作者:杏乃みずな

  • 囀や上人坂に句碑いくつ

    作者:イサク

  • 囀りと空気と山の水を汲む

    作者:北藤詩旦

  • 枝替へて囀のまたはじめから

    作者:岩渕晃三

  • 囀や森はわれらが秘密基地

    作者:工藤裕久

  • 囀やきれいに磨く泥団子

    作者:佐藤茂之

  • 囀や尾根より明くる峡の村

    作者:やぎじゅうめい

  • 被災地を去る子らに鳥囀りて

    作者:中村眞喜男

  • 囀や吾子に二個ずつ稲荷寿司

    作者:山崎力

  • 囀りや仰臥の子規の耳澄めり

    作者:杉野圭志

  • 囀に浸食海岸現れり

    作者:世良日守

  • 隆起せる能登の海岸の囀

    作者:HNKAGA

  • 窓開けて囀招く喫茶店

    作者:高山佳風

  • 囀の窓を拭きたる光かな

    作者:山田知明

  • 一羽来て囀の樹となりにけり

    作者:巴里乃嬬

  • 囀や学食Bはオムセット

    作者:そまり

  • 梢より光の粒子さえづり来

    作者:柚木みゆき

  • 囀りや吾子の紙婚式日和

    作者:友健

  • 海臨む白きチャペルやさへづれり

    作者:吉田みち子

  • 囀や邪馬台国を探してる

    作者:吉野敬子

  • 囀りや釣りの母子は橋のうへ

    作者:主藤充子

  • キャラメルの天使の翼囀らむ

    作者:砂山恵子

  • 囀りや跡形もなき愚陀仏庵

    作者:武井日出子

  • 囀のベンチに開くヘルマン・ヘッセ

    作者:ノセミコ

  • 囀りやミニシアターの帰り道

    作者:福原あさひ

  • さへづりの真中に笑まふ母といる

    作者:藤尾裕子

  • 青き眼の子や囀の診療所

    作者:藤雪陽

  • 囀や自転車で来る将棋指し

    作者:松田夜市

  • 囀を聴き分けられる魔法ほし

    作者:三好眞喜子

  • 囀りや最終講義老教授

    作者:村上光朗

  • 囀や祖母の着物に母の帯

    作者:茂木りん

  • 囀や空色だけの万華鏡

    作者:森毬子

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop