視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2023年12月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2023年12月の季語(お題)は
です
  • 霜に佇ち 星の軌跡を 写すひと

    今日の俳句

    2023.12.22 放送

    作者:沼野大統領(神奈川)

    写真は通常、瞬間を切り取ります。しかし、タイムラプスのテクニックを使って露出を長時間にすれば、夜空を移動する星々の軌跡を写すこともできます。霜の降る夜、冷たい大地に立ち、三脚にカメラを据えて夜空をとらえます。霜の光、星の光。さあ、どんな写真が出来上がるでしょう。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 放り出す 翻車魚硬し 霜日和

    今日の俳句

    2023.12.21 放送

    作者:亀山酔田(神奈川)

    霜がおりた翌朝、よく晴れているのが「霜日和」です。漁で獲ってきた魚の中から、マンボウを放り出したのでしょう。地面にぶつかるとき、その平らな体を「硬い」ととらえた感覚に、現実の手触りが生まれました。海や大地とともに生きる、暮らしの息遣いが聞こえてきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 霜の声 ポテチを箸で食ふ独り

    今日の俳句

    2023.12.20 放送

    作者:福原あさひ(北海道)

    「霜の声」とは、しんしんと霜がおりる気配を指す言葉です。霜の降る夜、動画を見たりしながら、一人でポテトチップスを食べているのでしょう。手が汚れるのが嫌で、箸でつまむところに、やや神経質な性格が見え、一人の孤独感が強まります。これもまた、現代の日常のひとコマです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 大霜の 夜は軍鶏鍋 煮ゆる音

    今日の俳句

    2023.12.19 放送

    作者:植村弘(和歌山)

    特にたくさん霜がおりることを「大霜」といいます。しんしんと冷える大霜の夜には、人間もあたたかくして、力を蓄えねばなりません。栄養たっぷりの軍鶏鍋で、厳しい寒さに立ち向かいます。今まさに煮えている鍋の音が、食欲を刺激し、生きている感覚を呼び覚まします。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • おはやうのこゑ玻璃めくや 霜の橋

    今日の俳句

    2023.12.18 放送

    作者:ノセミコ(神奈川)

    霜のおりた橋の上で、朝、誰かと行き合わせたのでしょう。玻璃とはガラスのことです。おはようと言ったあいさつの声が、まるでガラスのように、繊細できらきらと感じられました。冬の澄みわたった空気感や、寒さの中で交わすあいさつの尊さが、言葉の奥に輝いています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 初霜や きょうの日記に 詩のかけら

    今日の俳句

    2023.12.15 放送

    作者:三好眞喜子(松山)

    初霜とは、その年の冬にかけて初めて降った霜のことです。日記に書きとめた出来事や言葉が、まるで詩のかけらのように輝いて感じられました。初霜のことかもしれないし、もっと別の出来事かもしれません。初霜のういういしい輝きに、詩と出会う喜びがあふれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 霜の声 スタッカートになる光

    今日の俳句

    2023.12.14 放送

    作者:満生あをね(福岡)

    霜の降りた夜、しんしんと更けてゆく気配を、「霜の声」といいます。スタッカートは音楽用語で、音を短く切って演奏することです。スタッカートの音符のように溌剌と輝くのは、点在する霜でしょうか、それとも夜が明けて差し来る朝日でしょうか。声やスタッカートといった音の感覚を生かし、世界を受け止めました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 三日目や 霜の瓦礫を 救助犬

    今日の俳句

    2023.12.13 放送

    作者:桜鯛みわ(東京)

    人命救助の現場では、被災から三日を過ぎると、生存率が著しく低下すると言われます。霜の発生する寒い夜なら、厳しさはなおさら。冷え切った瓦礫の奥に、人の気配を探して、救助犬が分け入ります。どうか無事でいてほしいと、祈る思いの一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ちぢれ麺 太し霜夜の ガード下

    今日の俳句

    2023.12.12 放送

    作者:松井くろ(福島)

    霜のおりる寒い夜、ガード下の店でラーメンを啜っています。ちぢれ麺はこしが強く、食べごたえがあります。車や電車が通り過ぎてゆく音を聞きながら、黙々と食べるラーメンは、冷えた体を静かにあたためてくれるでしょう。生きる孤独とたくましさが滲みます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 霜の朝 四万十川は 煌めけり

    今日の俳句

    2023.12.11 放送

    作者:十亀剛一(西条)

    霜は、空気中の水蒸気が建物や地面などに凍って付着したものです。夜の寒さに生まれ、朝日に白く輝くさまは、いかにも冬の光景です。霜のおりたまぶしい朝、四万十川もまた、その水面をきらきらと輝かせていました。きーんと冷えた朝の空気に、冬のすがすがしさが満ちています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2023年12月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 新聞をどすんと霜の声に積む

    作者:おきいふ

  • コインランドリーのネオンの青さ霜の降る

    作者:柚木みゆき

  • 火男のやうな顔して霜を削ぐ

    作者:いその松茸

  • なぞりたる式の前夜の窓の霜

    作者:阿部八富利

  • 詩のような水滴夢のような霜

    作者:平良嘉列乙

  • 霜踏めば牛車来にけり少納言

    作者:秋本哲

  • 美女群像図ひとり振り向く霜夜かな

    作者:石浜西夏

  • 初霜や砂糖菓子めくミントの葉

    作者:海月のあさ

  • 止め石の十字に結ぶ紐に霜

    作者:吉野敬子

  • 霜の夜やフェリーボートに雑魚寝して

    作者:宍野宏治

  • 仮眠室にメモ霜夜のカップ麺

    作者:みやこわすれ

  • 侘しさのスウプ霜夜のちぢれ麺

    作者:みづちみわ

  • 舌下錠みたいな怒り霜のこゑ

    作者:押見げばげば

  • 霜に描くへのへのもへじ父を待つ

    作者:藤田ゆい

  • ピアノなど弾いてみようか霜日和

    作者:清水星凜

  • 鳥の羽根一枚ひろふ今朝の霜

    作者:主藤充子

  • 窓に霜手に熱々のマサラチャイ

    作者:中島容子

  • 戦続く神の吐息か霜の降る

    作者:名智満

  • 折り鶴を戦地に送り霜の白

    作者:藤橋一憲

  • 鎮兵と記す木簡霜日和

    作者:武井日出子

  • 嫁ぐ日の白いドレスと霜の花

    作者:藤本加奈子

  • 毬藻爆ぜさうや眩しき霜の窓

    作者:藤雪陽

  • 霜の道誰にも踏まれてない心

    作者:北欧小町

  • グラウンドの霜踏み通ふ講義棟

    作者:渡嘉敷五福

  • 霜降やハングル滲む地雷源

    作者:中村眞喜男

  • 霜落つるブルーシートをたたむとき

    作者:杉野圭志

  • 早暁の山よりひかり霜の花

    作者:じゃすみん

  • おはやうの小さき吹き出し霜の朝

    作者:沼宮内薫

  • 霜の花消防団の焼くするめ

    作者:栗田修次

  • 霜晴や剪定習ふ農家の子

    作者:神奈川ゆうき

  • 霜の戸を重く開けば熱きジャズ

    作者:小林和幸

  • 振られたる体育館の裏は霜

    作者:佐藤茂之

  • タクシーの仮眠中なり霜の声

    作者:山田知明

  • 霜晴や市電は呻きつつ曲がる

    作者:イサク

  • コンと置けば霜夜をぽろと菓子のくづ

    作者:北藤詩旦

  • 立たされし記憶廊下の窓に霜

    作者:宮崎泉

  • 霜晴や渡り廊下に鳥の羽根

    作者:石塚彩楓

  • 一面の霜踏みて立つ歩哨かな

    作者:大西明夫

  • いまだけはとてもせかいはきれい霜

    作者:渋谷晶

  • 初霜やインコに淡き下まつげ

    作者:綾竹あんどれ

  • 東京より戻る霜夜の青さかな

    作者:杏乃みずな

  • 霜の朝濁り失せたる硝子体

    作者:赤尾てるぐ

  • 初霜や介護ベッドを返す日の

    作者:松田夜市

  • 霜晴れや膝のボルトを抜く手術

    作者:風薫子

  • 霜の朝塩味うすき介護食

    作者:キートスばんじょうし

  • 霜晴の朝陽にハーレーの地鳴

    作者:桑島幹

  • もう兄は桐箱の中霜の声

    作者:小池令香

  • 荒神へ供ふる飯や霜の朝

    作者:このみ杏仁

  • 霜のスロープ逆光の車椅子

    作者:島田和子

  • トーストをはみ出るチーズ霜の朝

    作者:林省造

  • コンビニの箸たまりけり霜の花

    作者:星野テルカズ

  • 霜解や藁のタタキの燃え上がる

    作者:堀川絵奈

  • 自転車のサドルに霜や学期末

    作者:島田ユミ子

  • 草や木の息しらしらと霜の降る

    作者:正念亭若知古

  • 消息に恩師の名前霜を踏む

    作者:世良日守

  • 大霜へ大股の我有りにけり

    作者:そまり

  • 星澄めり風なき夜なり明日は霜

    作者:たわらご小島里世

  • 重機霜付けてぶるんと始動せり

    作者:寺尾当卯

  • 朝霜のミラーひと吹きペダル踏む

    作者:中村彰正

  • 一コマに一言「シーン」霜の夜

    作者:花見鳥

  • 子こそ親の神様なれや霜の声

    作者:葉村直

  • 体温をもてるやさしさ霜の朝

    作者:春あおい

  • 足下に霜雲海に天守閣

    作者:HNKAGA

  • 初霜や百葉箱に雀二羽

    作者:村上光朗

  • 摺り足や木の吊り橋の薄き霜

    作者:村瀬ふみや

  • 野沢菜を束ねて霜の香りかな

    作者:百瀬はな

  • 霜の夜や戦火の続く地下に産声

    作者:やぎじゅうめい

  • 霜の朝人体模型こきり鳴る

    作者:苫野とまや

  • 検針のトラック霜のガスボンベ

    作者:星月彩也華

  • 黙祷の伸びたる背筋霜のこゑ

    作者:みらんだぶぅ

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop