視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2019年3月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2019年3月の季語(お題)は
卒業 です
  • 一輪を 部室に活けて 卒業す

    今日の俳句

    2019.03.15 放送

    作者:オレンジペコ(松山市)

    卒業祝いに後輩がくれた花束から、一輪の花を抜いて、小さな部室の机の上に飾ったのでしょう。数年間、放課後の青春を過ごしてきた部室とも、今日でお別れです。言葉にならない気持ちを託した一輪の花は、先輩の置き土産として、凛と輝きを放ちます。シンプルな構成ながら、沈黙に深い思いの滲む一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 短調でなくちゃ 「卒業写真」なら

    今日の俳句

    2019.03.14 放送

    作者:北原早春(東京都)

    数ある卒業ソングの中でも、名曲として知られているのが、松任谷由実さんの「卒業写真」です。全体のメロディは長調で明るいのですが、おりおり、短調の切ない調べが紛れこみます。卒業もまた、明るい希望の中にも別れの悲しみの潜むもの。卒業の気分を、音楽の曲調に託していきいきと表現した、ユニークな一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 卒業す 小屋のうさぎに 菜をやつて

    今日の俳句

    2019.03.13 放送

    作者:宇都宮弘恭(松山市)

    卒業の日に、校舎の隅の飼育小屋に来て、うさぎに餌を与えています。卒業式は、生徒として学校へ来る最後の日です。これまで繰り返してきた日常の風景も、今日で見納め。何も考えてなさそうに、もぐもぐ菜っ葉を食べるうさぎとも、今日でお別れです。卒業の日の何気ない一風景にも、明るいさびしさが兆しています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 卒業す 「海辺のカフカ」 貸したまま

    今日の俳句

    2019.03.12 放送

    作者:奈良香里(松山市)

    村上春樹の小説『海辺のカフカ』は、悩めるカフカ少年が「世界で最もタフな15歳になる」ために、旅へ出る物語です。卒業式の帰り道、ふと、友達に本を貸したままだったことに気がついたのでしょう。その友も今、カフカ少年のように、何かと戦っているのかもしれません。小説のタイトルを句に引き入れ、青春の気分をたっぷりと漂わせました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 卒園の リボンほどけて 泣く女の子

    今日の俳句

    2019.03.11 放送

    作者:加島一善(新居浜市)

    年度末の三月は、卒業式シーズンです。小学校から大学まで、いろいろな卒業がありますが、この句は幼稚園の卒業に注目しました。卒園式のためにおしゃれしたのに、リボンがほどけ、泣いてしまった女の子。卒業するとはいえ、まだまだ幼いさまが、ほほえましいですね。小学生になったら、ひと回り大きくなって、満面の笑顔を見せてくれることでしょう。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2019年3月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 雨樋に雀群れゐて卒業歌

    作者:三泊みなと

  • 卒業の朝のすがしき風少し

    作者:近藤久光

  • 卒業の朝の風山河を渡る

    作者:武智しのぶ

  • あーあーとマイクテストや卒業す

    作者:宍野宏治

  • 山彦を山へ返して卒業す

    作者:岩渕晃三

  • 水の香を辿りゆく卒業の朝

    作者:抹茶金魚

  • 階段を二段飛ばしで卒業す

    作者:山内佑資

  • イヤーマフに本音こっそり卒業子

    作者:向井桐華

  • 卒業やキリンの首はなぜ長い

    作者:かつたろー。

  • ポケットに小さきチョークや卒業す

    作者:毬

  • 卒業す分校跡に白い風

    作者:水崎寿美

  • 出荷する牛と写真を卒業子

    作者:中矢長宗

  • 卒業や若き教師の弾き語り

    作者:田中洋子

  • 卒業の彼女が歌うHonesty

    作者:松山帖句

  • 卒業歌通りすがりに聞いている

    作者:ブラックにゃんこ

  • 卒業や部室の窓の空きれい

    作者:栗田修次

  • 校長の置く卒業式のパイプ椅子

    作者:砂山恵子

  • 東京の恋は赤点卒業す

    作者:竹本桂子

  • 卒業歌窓の木漏れ日体育館

    作者:水瀬夜明

  • 卒業の後ろ姿のチャペルかな

    作者:松田夜市

  • 卒業の寄せ書き彼の傍探す

    作者:比良山

  • 卒業と知りてはいれどわかれぬや

    作者:星加萌愛

  • 卒業てふ新たな扉開けにけり

    作者:大政久仁香

  • 卒業式担任の持つ遺影かな

    作者:ぐ

  • 学び舎を足あとのこし去る背中

    作者:後藤美沙季

  • 気逸る卒業式春来たれかし

    作者:田窪莉子

  • 桜咲く最後のチャイム時止まれ

    作者:藤川彩奈

  • 確と手に握り賞状卒業す

    作者:井上定男

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題「青田(あおた)」の
応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop