視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2019年5月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2019年5月の季語(お題)は
新茶 です
  • 新茶香る ブラックホールの 話して

    今日の俳句

    2019.05.17 放送

    作者:とよみ(宇和島市)

    先月、史上初めてブラックホールの撮影に成功したことが発表され、その写真が話題になりました。新茶を淹れ、テレビや新聞を見ながら、家族でおしゃべりしているのでしょう。時事をさりげなく取り入れたことで、新茶とブラックホールとの意外な組み合わせが実現しました。新茶のフレッシュなみどりの光と、ブラックホールの漆黒の闇との対比が、この宇宙の広さ深さを感じさせてくれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 父ひとり 新茶と将棋 それでよし

    今日の俳句

    2019.05.16 放送

    作者:水崎すみ(宇和島市)

    ひとりで住む父は、多くを望まぬ無欲な人で、お茶を淹れて将棋をさしていれば、それで満足しているようです。初夏が来れば新茶の風味を楽しみ、庭に目をやれば若葉がまぶしい。ただそれだけでいいと頷けるのは、とてもゆたかな生き方ですね。欲を持てばどこまでも戦いの続くこの世界で、足るを知る父の背中に、人生を学ぶ一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 古書店に シフォンケーキと 新茶かな

    今日の俳句

    2019.05.15 放送

    作者:じゃすみん(新潟県)

    最近は書店の営業スタイルも多様化して、カフェが併設されていることもしばしば。この古本屋も、ケーキやドリンクを楽しみながら本が読めるのです。シフォンケーキを頼むと、なんと新茶と一緒に出てきました。甘くさわやかな新茶なら、ふんわり優しい味のシフォンケーキにも合いそうですね。西洋と日本、古さと新しさとが、さりげなく一句の中に同居しています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 白壁や 鏝をやすめて 新茶汲む

    今日の俳句

    2019.05.14 放送

    作者:あさふろ(富山県)

    白壁を塗る左官屋さんが、腰を下ろして休憩している風景です。さっきまで自在に操っていた鏝を休ませ、さて新茶を一服。塗り立ての白壁が反射する光も、新茶からあふれるみどりの光も、フレッシュですね。「白壁や」と「や」で切って、調べに格調を与えたことで、背筋の伸びる句となりました。労働の現場に、すがすがしい初夏の光があふれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • キャンバスの 構図決定 新茶汲む

    今日の俳句

    2019.05.13 放送

    作者:岩渕晃三(松山市)

    キャンバスを前に、これから描く新しい絵の構図を考えています。よし、これで行こう!心の決まったすがすがしさに淹れる新茶は、とりわけ美味しかったことでしょう。これからぐんぐん夏らしくなってゆく世界が、どのようにキャンバスに写し取られてゆくのか、ふくらむ期待がいかにも初夏らしい一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2019年5月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 「ドクターヘリ」新茶の丘を震わせり

    作者:グレート・バンブー(大竹幹雄)

  • ホステスにホステスが汲む新茶かな

    作者:松田夜市

  • 新茶提げ電車の隅のギプスかな

    作者:ぐ

  • 月一輪新茶の香る守衛室

    作者:松山帖句

  • 新茶ごくりジム見学の電話する

    作者:北里卓也

  • 赤ペンのにじむ指先新茶くむ

    作者:向井桐華

  • 夭折の父に知覧の新茶かな

    作者:直木葉子

  • 古茶新茶サザンは愛を歌いをる

    作者:山内佑資

  • 呼び出さる校長室の新茶かな

    作者:菊池洋勝

  • 仏前のカステラ下げて新茶飲む

    作者:三浦新吾

  • 新茶そそぎミントグリーンの風ゆけり

    作者:村上瑠璃甫

  • 金継ぎの急須で淹れる新茶かな

    作者:奈良香里

  • 駄菓子屋の客に出さるる新茶かな

    作者:城内幸江

  • 真向ひに雪の連峰新茶汲む

    作者:三泊みなと

  • 新茶の香ノートに並ぶ英単語

    作者:亜衣子

  • ピーと鳴る銀のケトルの新茶かな

    作者:洒落神戸

  • 病む夫にひとくち飲ます新茶かな

    作者:安部ヨシ子

  • 思い出を繕う二人新茶汲む

    作者:河本俊子

  • 卓袱台に歴史ありけり新茶汲む

    作者:土居信勝

  • 走り茶や古書の余白の薄きメモ

    作者:瀬戸薫

  • CAの機内販売新茶買ふ

    作者:宍野 宏治

  • 茶の筒に新茶と書きて友を待つ

    作者:加島一善

  • 新茶摘む甘き香りの夢乗せて

    作者:井上定男

  • 膝の上猫と新茶のあたたかさ

    作者:門田昌平

  • どの顔も円空仏や新茶のむ

    作者:都丸浩美

  • 終局の勝者敗者に新茶かな

    作者:村上ヤチ代

  • 積年のメール消去や新茶汲む

    作者:比良山

  • 談話室の青空吸呑みへ新茶

    作者:矢川みさと

  • 平成の雫飲み干し新茶汲む

    作者:室達朗

  • 里帰り新茶求めて妻走る

    作者:入江義博

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop