視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2022年6月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2022年6月の季語(お題)は
ハンカチ です
  • 海攫うごと ハンカチへシーグラス

    今日の俳句

    2022.06.17 放送

    作者:綾竹あんどれ(東京都)

    シーグラスとは、波に揉まれて角のとれた硝子片です。浜辺に打ち寄せられたシーグラスは、まるで優しい宝石のよう。暑くなりそうな夏の日、シーグラスを見つけたので、拾ってハンカチにくるみました。海と同じ青いシーグラス、まるで海そのものを攫ったかのようで、心が静かに弾みます。鮮やかな夏の記憶の一場面です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • もみくちゃの ハンカチ出して 拭けという

    今日の俳句

    2022.06.16 放送

    作者:たわらご 小島里世(西予市)

    汗をかいているのか、はたまた涙がこぼれてしまったのか……見ていた人が、ハンカチを差し出してくれました。「これで拭きなさい」と言うけれど、そのハンカチはすでにもみくちゃになっています。受け取るべきか、やんわりとお断りするべきか。少し戸惑いつつも、その優しさに、心がふっと軽くなります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ハンカチや 取引先は 坂の上

    今日の俳句

    2022.06.15 放送

    作者:千波佳山(茨城県)

    炎天下、仕事で取引先へ向かっているのでしょう。その会社があるのは、なんと坂の上。必死にのぼるうちに、汗がだらだらと噴き出して、ハンカチで拭いながら歩みます。ハンカチという日常に密着した季語を通して、仕事の現場の苦労を掬い上げました。到着したらせめて、冷たいお茶が出てきますように。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ハンカチの サボン香るや 昇降機

    今日の俳句

    2022.06.14 放送

    作者:杉野祐子(松山市)

    暑い外を歩いてきて、エレベーターに乗ったとき、汗を拭おうとハンカチを出したら、石鹸の香りがふわりと漂いました。洗濯された、清潔なハンカチなのでしょう。サボンという言葉の優しさが、心の緊張の解けた瞬間を物語ります。エレベーターの密室の中だからこそ、心地よい香りが嬉しいですね。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ハンカチや 快晴のしまなみを漕ぐ

    今日の俳句

    2022.06.13 放送

    作者:或人(松山市)

    夏になると汗をかくので、ハンカチが必須です。昔は汗拭いとも呼び、夏の季語となっています。しまなみ海道はサイクリングの聖地。よく晴れた日に、自転車を漕いで渡っているのでしょう。瀬戸内海のエメラルドグリーンを見下ろして、ハンカチで汗を拭うとき、心地よい夏の風が吹きわたります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2022年6月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 白きハンカチ穏やかに明日生きん

    作者:岡野未由子

  • アンモナイトくるむハンカチのまろみ

    作者:西村青夏

  • ハンカチで顔を覆って浜の午後

    作者:ふくじん

  • ハンカチはドットで恋はぢくざぐで

    作者:うさの

  • 鳩くるむやうにハンカチたたみをり

    作者:音羽凜

  • あした海に来てハンカチを返すから

    作者:いかちゃん

  • 淋しさはどこから湧くか湖のハンカチ

    作者:岩渕晃三

  • ハンカチは銀の翼となりて落つ

    作者:砂山恵子

  • ハンカチや母の知らない子のひと日

    作者:竹本桂子

  • ハンカチの予備も持たせる旅鞄

    作者:清水恵子

  • 見送りに振るハンカチの空眩し

    作者:井上定男

  • 脳天にハンカチのせて外野席

    作者:神野睦子

  • 日の匂ふ赤子の頬とハンカチと

    作者:染井つぐみ

  • きつちりと四角ハンカチも性格も

    作者:ぐ

  • ハンカチのすみれ色褪せ七回忌

    作者:夏雨ちや

  • さよならに羽化するハンカチーフかな

    作者:すずしろゆき

  • 絵の具箱ハンカチを敷く木陰かな

    作者:杏乃みずな

  • 頂上は晴れハンケチも空も青

    作者:沼宮内薫

  • ハンカチの正方形や哲学者

    作者:室達朗

  • 首にハンカチ一フ頂を目指す

    作者:三泊みなと

  • ハンカチは白の一徹曲げざりき

    作者:山田久栄

  • ハンカチの皺を伸ばして泣く準備

    作者:秋本哲

  • 文鳥の死をハンカチに包みけり

    作者:新濃健

  • 将棋は佳境ハンカチの皺きよら

    作者:藤雪陽

  • 左手のハンカチ商談の握手

    作者:藤田ゆきまち

  • 首をふきふきハンカチはポテトの香

    作者:藤田流歌

  • 君に会ふ明日へハンカチ畳みけり

    作者:藤尾裕子

  • ハンカチにくるむビー玉誕生日

    作者:葦屋蛙城

  • 苦情電話済みハンカチのひと息

    作者:桑島幹

  • ハンカチにSと一文字転校す

    作者:林省造

  • ハンカチやペリーの来たる浦賀沖

    作者:吉野敬子

  • ハンカチを握り父への告知受く

    作者:武井日出子

  • ハンカチや象舎に続く上り坂

    作者:迫久鯨

  • ハンカチを振って野音の二万人

    作者:このみ杏仁

  • ハンカチを干せば蝶々まぶしくて

    作者:閑々鶏

  • ハンカチを嗅ぐや訓練犬走る

    作者:栗田修次

  • 企みのハンカチそっと落しけり

    作者:そまり

  • ハンカチを確かめ急ぐ一年生

    作者:たわらご 小濱節子

  • ハンカチに和平と綴るロシア文字

    作者:岡野昇

  • ハンカチを振りて合図や渡し舟

    作者:土居信勝

  • ハンカチや浄瑠璃の幕上がりゆき

    作者:宍野宏治

  • ハンカチとシャンパンあれは恋でした

    作者:巴里乃嬬

  • 落し物箱のハンカチ鳥の柄

    作者:越智敦子

  • アイロンのいらぬハンカチ夫も子も

    作者:木染湧水

  • ハンカチへアイロン明日はあすの風

    作者:中島容子

  • 嫉妬心折ってたたんでハンカチに

    作者:ピアニシモ

  • ハンカチを広げし膝に文庫本

    作者:柚木みゆき

  • 膝小僧ハンカチあててくれた母

    作者:空流峰山

  • うたた寝やハンカチの角探る吾子

    作者:堀川絵奈

  • ハンカチのイニシャルMよ若き恋

    作者:山田幸子

  • 「別れよう」ハンカチだけを見てきみは

    作者:村瀬っち

  • ハンカチはいらないと言い男泣き

    作者:藤岡美紀

  • ハンカチのまろき縁どり雨あがる

    作者:渡部秀美

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop