視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2024年4月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2024年4月の季語(お題)は
日永(ひなが) です
  • 永き日のアロワナ 古代まで泳ぐ

    今日の俳句

    2024.04.19 放送

    作者:青井えのこ(東京)

    アロワナは、南アメリカや東南アジアの淡水に棲む魚です。恐竜の時代の地層に化石が発見され、太古から姿を変えない古代魚としても知られています。永遠を感じさせる日永の光の中、大きな体をうねらせ、アロワナが泳いでゆきます。時空を超え、古代までさかのぼってゆきそうな、はるかな後ろ姿です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 札所から 札所へと漕ぐ 日永かな

    今日の俳句

    2024.04.18 放送

    作者:神野睦子(松山)

    四国八十八か所のお遍路を、自転車で巡礼しているのでしょう。札所にお参りしたら、また次の札所を目指して、軽快に漕ぎ始めます。日も永くなってきたので、一日をたっぷり使えます。自転車を使って、コンパクトかつスピーディーに、春のお四国を駆け抜けます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 救援食待つや 日永のラマダーン

    今日の俳句

    2024.04.17 放送

    作者:中村 彰正(久万高原)

    イスラム教には、日中の飲食を断ち、神様に祈りを捧げる、ラマダーンという期間があります。ガザに住む人の多くも3月にラマダーンを迎えましたが、停戦を呼び掛ける声に応じず、イスラエル軍は攻撃を続けました。救援物資の食料も満足に行き渡らないガザ。人々の無事を祈り、日本にできることを考えます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 永き日の 犬が振り向く度に 撮る

    今日の俳句

    2024.04.16 放送

    作者:恵勇(千葉)

    犬にレンズを向け、振り向くたびにベストショットを狙ってシャッターを切ります。人間と違って、犬はじっとポーズを決めてくれません。「振り向く度に撮る」というせわしない表現が、はつらつと動く犬や、それに振り回される人間の姿を、いきいきと描き出しています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 珈琲にひよ子 日永の美容室

    今日の俳句

    2024.04.15 放送

    作者:春野ぷりん(新潟)

    美容室でパーマやカラーを施す待ち時間に、ちょっとしたお菓子を用意してくれたのでしょう。コーヒーと一緒に出てきたのは、福岡発祥の銘菓「ひよ子」です。日永の穏やかな明るさと、ひよこの形をしたお菓子のなつかしさとがぴったり。心がほっこりあたたかくなるサービスです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 寝返りで 赤子日永を 使ひ切る

    今日の俳句

    2024.04.12 放送

    作者:徳永晴樹(松山)

    まるで永遠に続きそうな春の午後、赤ちゃんがころり、またころりと寝返りをします。まだ立ったり喋ったりできない赤ちゃんは、とにかく今は寝返りばかり。日永を使い切るという表現がユニークですね。飽きもせず繰り返される赤ちゃんの動作にも、不思議な達成感が生まれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 永き日や シベリア抑留 語らぬ父

    今日の俳句

    2024.04.11 放送

    作者:近藤義久(松山)

    第二次世界大戦終結後も、シベリアに不当に抑留され、厳しい労働を課せられた人々がいました。飢えと寒さに追い詰められながらの強制労働は、筆舌に尽くしがたい苦しさだったでしょう。平和な日永のひだまりの中、かつての辛い記憶を語らない父の、寡黙な胸の内にふと思いをはせます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ンジャメナに 続く日永の しりとりよ

    今日の俳句

    2024.04.10 放送

    作者:鈴白菜実(東京)

    ンジャメナはチャド共和国の首都です。しりとりは「ん」がつくと負けと言われますが、この世界には「ん」から始まる言葉もあるんですね。「ンジャメナ」の名前を出せば、しりとりはまだまだ終わりません。日の永くなった春の午後、ンジャメナという奥の手を使い、どこまでも言葉のリレーが続きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 宇和海と 日永と サニートラックと

    今日の俳句

    2024.04.09 放送

    作者:櫻栄二(愛南町)

    サニートラックは、昭和の時代に人気を博した、小型のボンネットトラックです。春の午後、宇和海に面した道を、レトロなサニートラックが走ってゆきます。リアス式海岸をくいくいと曲がるたび、車のボディが海の光にきらっと輝きます。「と」で並列させたことで、軽快なリズムも生まれました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 薄皮の剥けぬ 日永のゆでたまご

    今日の俳句

    2024.04.08 放送

    作者:葦屋蛙城(新潟)

    春になると日暮れが遅くなり、少しずつ昼の時間が長くなります。一番昼が長いのは夏ですが、季節の変化をしみじみ感じることから、日永は春の季語です。ゆでたまごの薄皮が剥けないことも、なんとなく許せてしまう、穏やかな春の午後。つるんとした玉子の肌に、春の光が輝きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2024年4月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 大らかに湯でる日永の伊勢うどん

    作者:藤田ゆきまち

  • 豆苗に話しかけたる日永かな

    作者:福原あさひ

  • 永き日をもてあましゐる象の鼻

    作者:岩渕晃三

  • 引き出しのスプン揃へて日永かな

    作者:杏乃みずな

  • 永き日や犬は飽きをるドッグラン

    作者:田尻武雄

  • 一人ゐて日暮門の日永なる

    作者:巴里乃嬬

  • 永き日を丸く眠れるハムスター

    作者:中島容子

  • 去勢後の猫の爪切る日永かな

    作者:石浜西夏

  • カピバラを構ふペリカン日永し

    作者:藤雪陽

  • 洞窟は手掘り日永の鬼ヶ島

    作者:おきいふ

  • ひとくちに放る最中よ日永寺

    作者:押見げばげば

  • 巨大船パナマは日永なる國か

    作者:秋本哲

  • 死んだ人ばかりの映画見る日永

    作者:彩汀

  • イーゼルをたたむ日永の美術室

    作者:みやこわすれ

  • 永き日の孵化をみてゐる顕微鏡

    作者:桜鯛みわ

  • 味噌汁の煮崩れし菜や日の永し

    作者:まつもとゆや

  • 日永なり父のイヤフォンから枝雀

    作者:幸田梓弓

  • 復興の槌音能登の日永かな

    作者:HNKAGA

  • 日永の子ひとり遊ぶや瀬戸の磯

    作者:加島一善

  • 午後六時打つて日永の刻太鼓

    作者:室達朗

  • 永き日の真顔で読めるギャグ漫画

    作者:綾竹あんどれ

  • 教科書の子規の横向く日永かな

    作者:宍野宏治

  • ソイラテの微かに甘き日永かな

    作者:樫の木

  • 薄雲に光濾さるる日永かな

    作者:山川腎茶

  • 寝そべって見る源氏絵巻の日永

    作者:桑島幹

  • 池の面に耳だけのカバ暮遅し

    作者:貝田ひでを

  • 鳥語降る裏参道の日永かな

    作者:佐藤浩章

  • 永き日やベンチの下を出づる鳩

    作者:主藤充子

  • 蟻塚のごとき堆肥を鋤く日永

    作者:栗田修次

  • 白猫をほわわ日永を手懐けて

    作者:ノセミコ

  • こそこそと話す日永のかくれんぼ

    作者:紅紫あやめ

  • 乗り換へを待つや日永の喫茶店

    作者:栗田すずさん

  • 永き日のクルーズ船の窓の数

    作者:紗羅ささら

  • リクエスト送る日永のラジオかな

    作者:岸来夢

  • 日永来る夜泣きの後の静かさに

    作者:細江隆一

  • トレイ手にトングかちかちさせ日永

    作者:ふくじん

  • でんぷん糊うすく広げる日永かな

    作者:葉村直

  • 鳩時計の発条を巻く日永かな

    作者:近江菫花

  • 永き日や風船ガムを膨らませ

    作者:砂山恵子

  • ABC諸島調べてゐる日永

    作者:南方日午

  • 日永なる川辺に年休の私

    作者:水蜜桃

  • 観たやうな気もしつつ観る日永かな

    作者:島田和子

  • トランポリンとぶとぶとんだだけ日永

    作者:平良嘉列乙

  • 五発目の空砲日永のハンドソープ

    作者:北欧小町

  • 被災吾家みつめる能登の日の永さ

    作者:中村浩志

  • エコバッグ提げて日永の立ち話

    作者:西田真己

  • 永き日の琥珀の中に虫ひとつ

    作者:藤尾裕子

  • 割り切れぬ円周率よ永き日よ

    作者:名智満

  • 散歩道しっかり日永踏みしめて

    作者:友健

  • 永き日や産院に鳴る鳩時計

    作者:村上光朗

  • ゆっくりと産まれてこいと言う日永

    作者:渡辺香野

  • 飴玉のひかりに遊ぶ日永かな

    作者:松永智志

  • 被写体を追う永き日のファインダー

    作者:祐宇

  • 寝たきりの母と日永のお饅頭

    作者:東田一鮎

  • 日永なる掩体壕に横臥せり

    作者:松田寛生

  • 錆びし扉を蹴りて日永の海に出づ

    作者:沼野大統領

  • 火葬場のコーヒー甘すぎる日永

    作者:庭野環石

  • 戦争を語り日永の庭にゐる

    作者:村瀬ふみや

  • 永き日やタッセル二重巻きにして

    作者:堀川絵奈

  • 神馬とて飼はるる馬の日永かな

    作者:小林土璃

  • 相席の無言やんごとなき日永

    作者:猪俣ま悠

  • ランドセル置き永き日の駄菓子屋へ

    作者:新濃健

  • 子供等と碁石を洗ふ日永かな

    作者:星月彩也華

  • 本命の馬は六着日永し

    作者:草夕感じ

  • 永き日の駅から城の見える町

    作者:板柿せっか

  • しらかばの樹液日永を溜まりけり

    作者:北藤詩旦

  • 永き日や車道の亀を戻す池

    作者:茂木りん

  • 手量りで京野菜売る日永かな

    作者:木村隆夫

  • シェークをすする永日の帰り道

    作者:加里かり子

  • 永き日やドゥルシネーアまであと僅か

    作者:坂本聖貴

  • 永き日よ忘るることを笑ひあふ

    作者:高山佳風

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop