視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2022年11月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2022年11月の季語(お題)は
紅葉 です
  • 閉店の 老舗のバーの 蔦紅葉

    今日の俳句

    2022.11.25 放送

    作者:藤岡美紀(松山)

    昭和三十三年に開業し、松山・二番町に灯をともしてきたバー「露口」がモデルでしょうか。愛媛の洋酒文化を支えた「露口」は、今年の夏、惜しまれながら六十余年の歴史に幕を閉じました。ゆたかな蔦の葉で覆われた外観は、バーの経てきた年月の厚みを感じさせます。閉店後の今も、あの蔦は、真っ赤に紅葉しているでしょうか。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • まあるく生きて コキア紅葉は 平和主義

    今日の俳句

    2022.11.24 放送

    作者:岡野未由子(宇和島)

    コキアは、帚木の洋名です。茎が細かく枝分かれして、箒のようにみっしりと集まり、卵型のフォルムに育ちます。秋になると、ピンク色の紅葉になるのもあざやかです。丸くやさしい形と明るい色を見ていたら、心の棘も静かに消えてゆくよう。平和主義的なコキアの丸さを、人間もそれぞれの心に持ちたいものです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 紅葉揺れ 日向のような 声の欲し

    今日の俳句

    2022.11.23 放送

    作者:そまり(新居浜)

    揺れる紅葉を目にしたとき、ふと、言葉にできない寂しさが湧いて、誰かの声が聞きたくなりました。日向のような声とは、ぽかぽかとやさしく、静かに寄り添ってくれる声。秋が終わり冬となりゆく季節には、日向のぬくもりが、より恋しくなります。紅葉を共有したい気持ちが、人恋しさをいっそう駆り立てます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 訃報見た スマホで紅葉 撮っている

    今日の俳句

    2022.11.22 放送

    作者:平良嘉列乙(千葉)

    SNSやメールで、誰かが亡くなったという知らせを目にしたのでしょう。訃報を確認したそのスマホが、美しい紅葉に出会えばカメラにも変わります。日常に起こりうることも、あらためて俳句にすると、人間の心に潜むドライな側面が見えてきます。紅葉の美しさの裏にも、ほろびの秋の匂いが漂います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 面河又 紅葉谿又 紅葉谿

    今日の俳句

    2022.11.21 放送

    作者:岩渕晃三(松山)

    石鎚山のふもと、面河渓谷は、紅葉の名所としても知られています。渓谷を歩き、次々に紅葉に出会う喜びを、「紅葉谿」という言葉を重ねることで、躍動感たっぷりに表しました。すべて漢字でまとめた字面にも、インパクトが生まれます。絶景が見事に十七音に立ち上がる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 見据えたる 一樹描きぬ 照紅葉

    今日の俳句

    2022.11.18 放送

    作者:山田久栄(松山)

    一本の紅葉の樹を、絵に描いています。赤く色づく葉っぱには、秋の終わりの日の光が静かに照り映えます。「一樹」と一つに絞ったことで、一対一で向き合う感覚が生まれました。まっすぐに見据えて、全身でその樹をとらえようとする姿勢に、自然への畏敬の念が滲みます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 明けの星 紅葉張り付く 荷を下ろす

    今日の俳句

    2022.11.17 放送

    作者:ダック(埼玉)

    まだ暗い山を登ってきて、背負っていた荷物を下ろすと、紅葉が張り付いていました。山道の途中で、ひらりと落ちて、そのままくっついて来たのでしょう。夜明けの空には明けの明星、ひとつぶの金星が輝いています。これから日の出。まぶしい今日がやって来る前の、静かなひとときを味わいます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 岩床を 削るせせらぎ 渓紅葉

    今日の俳句

    2022.11.16 放送

    作者:伊賀上公子(松山)

    岩床は、愛媛でも滑床渓谷などで見られる、板状の岩です。なめらかな岩肌を、水が薄く滑ってゆくさまには、自然のはつらつとした躍動を感じます。穏やかに見えるせせらぎの水も、静かに時をかけて岩を削ってゆきます。森の重ねる悠久の時間に、この秋の紅葉が輝きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 東平の紅葉 十円玉の錆

    今日の俳句

    2022.11.15 放送

    作者:井原浩二(四国中央)

    新居浜市の東平地区には、かつて銅山の町として栄えた遺構が保存されています。山の自然のそこここに、花崗岩や赤煉瓦の建物がそびえ、東洋のマチュピチュと呼ばれています。銅で出来た十円玉が錆を噴くさまに、銅山の経てきた長い年月を思います。東平の紅葉は、美しく静かに、過去の記憶を包みます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 生徒証に閉ぢる 紅葉の陽のにほひ

    今日の俳句

    2022.11.14 放送

    作者:坐花酔月(松山)

    秋の終わりから冬のはじめにかけて、木々は赤や黄に色づき、美しく照り映えます。紅葉は、日本の秋を代表する風景として、人々に愛されてきました。きれいな紅葉を拾ったとき、ふと、太陽の日差しが香ります。日の光をたっぷり受けた紅葉の赤のゆたかさ。お守りのように、生徒証に挟みます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2022年11月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 分校に濡れしにはとり照紅葉

    作者:藤雪陽

  • 神鹿の雲はしりたる遠紅葉

    作者:ぐ

  • 滑床の猿や紅葉へ呑み込まる

    作者:句保田凡

  • 真鍮の鈴の音かろし山紅葉

    作者:杉野圭志

  • 夜勤明け紅葉まぶしき小径ゆく

    作者:村瀬ふみや

  • もみぢもみぢもみぢぽつんとわたし

    作者:夏雨ちや

  • 老犬の歩かぬ散歩初紅葉

    作者:うさの

  • 泣きやまぬベビーカー押す夕紅葉

    作者:じゃすみん

  • 採血の小さき痕あり紅葉川

    作者:ノセミコ

  • 六地蔵違ふ面立ち照紅葉

    作者:武井日出子

  • 修験道閉ざされ紅葉明かりかな

    作者:杏乃みずな

  • 霊場や紅葉明かりの仁王の眼

    作者:岡野 昇

  • 断層は鏡面めいて夕紅葉

    作者:藤尾裕子

  • 加害者と警察を待つ間の紅葉

    作者:ギル

  • 紅葉の一本道をキャンプカー

    作者:宇都宮駿介

  • なんでもない退院なにもかも紅葉

    作者:すいよう

  • 紅葉眩し白内障の 手術あと

    作者:たわらご 小島里世

  • 夕紅葉鈴木しづ子は103歳

    作者:澤田 紫

  • 本尊へ紅葉は導火線のごと

    作者:栗田 修次

  • 旧館の天使の壁画蔦紅葉

    作者:石塚彩楓

  • 褒められて木霊きれいな紅葉山

    作者:南 あん

  • 紅葉の安達太良雲の影疾し

    作者:武智しのぶ

  • 住職の掃いて落葉の山きれい

    作者:木染湧水

  • 吊橋は猿専用や紅葉山

    作者:竹本桂子

  • 高裁の桜紅葉に穴あまた

    作者:吉野敬子

  • 照紅葉黒光りせし馬の尻

    作者:宍野宏治

  • 山頭火のけはひ庵に柿紅葉

    作者:じゅうめい

  • 紅葉に鳥めくわれら地動説

    作者:酒井じゆん太

  • もみづるや赤子ゆびさ伊予電車

    作者:亀田かつおぶし

  • 厩舎へと紅葉の風の吹き溜る

    作者:主藤充子

  • ずっと笑む父母の遺影や紅葉晴

    作者:近江菫花

  • 銀杏紅葉明日は解剖学試問

    作者:砂山恵子

  • 千年の古都蒼天の寺紅葉

    作者:近江菫花

  • ゆんでより順に島の名紅葉山

    作者:山口 葉都緒

  • 紅葉の武徳殿より小手の声

    作者:秋本 哲

  • 初紅葉かしら晩翠荘にカフェ

    作者:松田夜市

  • 合歓紅葉母在りし頃の夕風

    作者:藤田 康子

  • 色付きの夢蘇る夕紅葉

    作者:瀬戸 薫

  • 紅葉の小径のベンチ歌集閉づ

    作者:小川さゆみ

  • 網膜に朱をはね返し紅葉かな

    作者:西田真己

  • 新しきリュック明るき紅葉山

    作者:みやこわすれ

  • 源流はもうすぐそこに紅葉山

    作者:ふくじん

  • ルーペ手に化石探検谷紅葉

    作者:加田紗智

  • 紅葉や進路指導の午後は晴れ

    作者:名智 満

  • 紅葉から紅葉生るるジップライン

    作者:綾竹あんどれ

  • 要らんと言い完食の父櫨紅葉

    作者:ゆすらご

  • 「紅葉きれいだね」面会交流日

    作者:HNKAGA

  • ひとつづつ寄り添うひかり初紅葉

    作者:井上 涙香

  • 蔦紅葉地球の午後をするすると

    作者:ちかこ

  • 全山は紅葉もみじや朝の作務

    作者:亀山酔田

  • 対岸の紅葉へ消ゆる夕鴉

    作者:小池令香

  • 紅葉蹴るからくれなゐの靴のさき

    作者:石浜西夏

  • 谿紅葉秋を濾過してゐるかたち

    作者:野口雅也

  • 石鎚の紅葉目指す母卒寿

    作者:宇都宮恵子

  • 暮れ残るカフェの中庭夕紅葉

    作者:三好眞喜子

  • 膝にねこ空へ紅葉を置きにけり

    作者:藤田ゆきまち

  • 告知後の桜三里にポプラの黄

    作者:十亀剛一

  • 誰が鬼じゃんけんぽんと桜紅葉

    作者:松本 だりあ

  • 稚き楓いっちょまえの紅葉

    作者:中村 彰正

  • トンネルの入口出口紅葉山

    作者:室達朗

  • 谿もみじ俯瞰す島のロープウェイ

    作者:加島一善

  • 紅葉山低音響く火縄銃

    作者:紅紫あやめ

  • 紅葉且つ散る土蔵はブックカフェ

    作者:吉田みち子

  • プロポーズせし水路閣は紅葉

    作者:朝日雫

  • 逆光の紅葉の中へ入る母

    作者:竹内一二

  • 鷺一羽岸辺に寄せる薄紅葉

    作者:藤田明

  • 夕紅葉クミンのかをるオーベルジュ

    作者:巴里乃嬬

  • 紅葉かつ散る引退の胴上げ

    作者:藤橋一憲

  • 老ゆるとはみな許すこと夕紅葉

    作者:老人日記

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop