視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2020年9月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2020年9月の季語(お題)は
流れ星 です
  • 流星の 旅はコタンの 灯へ沈む

    今日の俳句

    2020.09.18 放送

    作者:栗田修次(松前町)

    広い空間、はるかな時間を、壮大なスケールで描きました。コタンとは、アイヌ語で村や集落を指す言葉です。北海道の大空を、悠々と旅してきた流星が、コタンの灯のともるあたりに、流れて消えてゆきます。はるか昔から繰り返されてきた風景に、自然の雄大さと、そこに生きる人々の暮らしの尊さを思います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 母の腰 百度撫づれば 流れ星

    今日の俳句

    2020.09.17 放送

    作者:藤田ゆきまち(三重県)

    寝る前に腰が痛いと訴える母をいたわり、優しく撫でているのでしょう。その腰を百回もさすれば、きっと星が流れ、母の痛みを取り除きたい私の願いも、叶えてくれるかもしれません。人は流れ星にさまざまな願い事をします。その切実な思いが、静かにゆきわたる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 流星を 数へてあとは 杉の山

    今日の俳句

    2020.09.16 放送

    作者:岩渕晃三(松山市)

    最近は、流星群が来ることを、ニュースなどでお知らせしてくれますね。灯りの少ない山へ出てゆき、夜空を見上げ、流れ星を数えます。ひとつ、ふたつ。流れたあとの静けさには、ただ、いつもの杉山が残されているだけ。まっすぐに立つ杉の木が、星の駆け抜けていった空の高さを物語ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 長距離を 走るトラック 星流る

    今日の俳句

    2020.09.15 放送

    作者:ゆすらご(松前町)

    日本の物流を支える長距離トラックの運転は、夜を徹して走り続ける過酷な仕事です。灯りの少ない夜の道路を走るとき、きっと空にはいくつもの星が流れていることでしょう。一人で運転する孤独に、優しく並走するように、流れ星がきらりと光ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 秘密基地に 仔犬の匂ひ 流れ星

    今日の俳句

    2020.09.14 放送

    作者:藤岡美紀(松山市)

    秋は大気が澄み、月や星がきれいに見えることから、夜空にまつわる季語がたくさんあります。流れ星もそのひとつ。捨てられた子犬を拾って、子どもたちが秘密基地に連れてきたのでしょうか。なかなか、家で飼うわけにもいきません。どうか子犬にとってよい未来が訪れますようにと、流れる星に祈ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2020年9月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 石鎚山の鎚の一打や星流る

    作者:竹本桂子

  • 星とんでレジの募金に五円玉

    作者:午餉

  • 流れ星カムパネルラに書くてがみ

    作者:松山帖句

  • 流星を浴びて荒野に眠る墓

    作者:藤尾裕子

  • 空襲や燐発つ焦土星飛びぬ

    作者:河本俊子

  • 流れ星子象二頭の眠る檻

    作者:じゃすみん

  • 星流る赤子はわつと泣きにけり

    作者:宍野宏治

  • 久万高原星飛ぶ丘に来てごろ寝

    作者:安井圭子

  • ふたご座流星群ぶらんこにミトン

    作者:山口晴美

  • つぎつぎと波くる渚流れ星

    作者:室達朗

  • 流星の浜辺音叉になる身体

    作者:奈良香里

  • 流星を追ふペガサスに翼借り

    作者:川崎真樹子

  • 流星をけふの読書の栞とす

    作者:北藤詩旦

  • 「わぁ」と云ふ君へあげたし流れ星

    作者:薬師神裕樹

  • 真夜中にそつと出す椅子流れ星

    作者:砂山恵子

  • 流星や涙はうすき膜なして

    作者:犬星星人

  • 便箋の破線うっすら流れ星

    作者:伊丹妙子

  • 星飛ぶや街頭ビジョンにパラ競技

    作者:山内佑資

  • 軽トラの荷台寝転び流れ星

    作者:たわらご 堀川絵奈

  • 流れ星ひとつは夫かも知れぬ

    作者:岡田さなえ

  • 父征きし覚えかすかに流れ星

    作者:中矢長宗

  • わたつみを鎮めんと星流れけり

    作者:中島容子

  • コテージの天窓流れ星ひとつ

    作者:三好真喜子

  • 老人や流星群の中に座し

    作者:ハードエッジ

  • 星飛んで三平方の定理かな

    作者:加島一善

  • 流れ星まだ片付かぬ父の部屋

    作者:友健

  • 眠れない空は真っ暗流れ星

    作者:城内幸江

  • 肩越しの流星きみには見えない

    作者:武智しのぶ

  • 君と見るペルセウス座の名残り星

    作者:村上愛

  • おほぞらはいちまいの水星流る

    作者:向井桐華

  • 旅の空やけに星飛ぶ今宵かな

    作者:土居信勝

  • 額縁で飾りおきたき流れ星

    作者:そまり

  • 流星群見ずうとうとと眠りけり

    作者:たわらご 伊勢要子

  • 生るるも死ぬるも一人流れ星

    作者:伊賀上公子

  • 流星や街は琥珀に光る海

    作者:みやこわすれ

  • 流れ星ゆく先はきつとふるさと

    作者:藤田康子

  • ガリレオもニュートンも見た流れ星

    作者:瀬戸薫

  • 釣竿の先に落つるや流れ星

    作者:たわらご 小濱節子

  • 流れ星願い事言う柄じゃない

    作者:佐藤寿晃

  • 似たような元素記号や流れ星

    作者:うさの

  • ポンペイを化石にかえて流れ星

    作者:世良日守

  • 父母の世に戦ありけり流れ星

    作者:武井日出子

  • 流れ星孫と先祖を迎えたり

    作者:仁

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop