視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2019年9月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2019年9月の季語(お題)は
葡萄 です
  • 泣き止めば いつもの葡萄ではないか

    今日の俳句

    2019.09.13 放送

    作者:古勝敦子(京都府)

    夜の食卓でしょうか。悲しいことがあって泣きじゃくったあと、はっと我に返れば、何の変哲もない葡萄が一房、置かれていました。涙にうるんだ視界に、葡萄はみずみずしく光っていたでしょう。つぶやきめいた言葉からは、どこか吹っ切れたような気分が伝わります。いつもの葡萄を食べて、いつもの生活へ戻ってゆく、その一瞬の言葉にできない心の揺れを、ハッと言いとめた一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 砂時計の 砂の静けさ 葡萄垂る

    今日の俳句

    2019.09.12 放送

    作者:ハードエッジ(東京都)

    葡萄が木に垂れ下がるさまを、まるで砂時計の砂のような静けさだと表現しました。砂時計と葡萄、西洋的でおしゃれな取り合わせですね。砂時計は、さらさらとさりげなく、時の経過を告げています。そうして過ぎてゆく時間が、葡萄を実らせ、世界を秋へと押し進めてゆくのです。「垂る」の一語が、ずっしりと熟れてきた葡萄の重量を伝えます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 葡萄園 星は酸つぱく 瞬けり

    今日の俳句

    2019.09.11 放送

    作者:難波朔矢(愛知県)

    昼間はにぎやかだった葡萄園も、夜になると人々が去り、静けさに包まれます。葡萄の熟す秋は、大気が澄んで、星が美しく見える季節。空には大小の星が、葡萄の一粒一粒のように、ぎっしりと輝きはじめました。酸っぱいという味覚を、目で見る光の描写に転用したことで、フレッシュな生命感を表現しました。星も葡萄も、生きているのですね。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • マスカット みづうみ遠く 煙りたる

    今日の俳句

    2019.09.10 放送

    作者:岩渕晃三(松山市)

    歳時記の葡萄のページをひらくと、黒葡萄やデラウェアなど、いろいろな品種が載っています。中でもマスカットは、見た目も美しく、味もさわやかですね。この句は高原の風景でしょうか。葡萄棚にマスカットが垂れ下がる彼方に、霧がかった湖が広がります。おおらかな自然の美。湖の淡い水色と、マスカットの淡いみどり色とが、やさしく光り合います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 牧神の 笛の音高き 葡萄かな

    今日の俳句

    2019.09.09 放送

    作者:犬星星人(今治市)

    ギリシャ神話の牧神パンは、上半身は人、下半身は獣の姿をした神様です。彼はある女神を愛しましたが、彼女はパンの求愛を避け、植物の葦に姿を変えました。パンが携えている笛は、その葦で作ったものです。また、バレエ作品「牧神の午後」は、パンが葡萄を食べ笛を吹き、丘の上でくつろぐ場面から幕が開けます。笛の音色に思いをはせ、牧神にまつわる物語を、格調高くまとめ上げました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2019年9月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 山葡萄岨道遠き疎開の日

    作者:河本俊子

  • ぶどう食べるほどあまやかされてない

    作者:幸田美咲

  • 黎明の葡萄の種を噛み砕く

    作者:山内佑資

  • んだばシャインマスカットでも作るべか

    作者:菅原晋也

  • 親戚のまた親戚のぶどう園

    作者:松本伴子

  • 葡萄皿三十八度の体温計

    作者:三浦新吾

  • 画き了へし黒葡萄食む子規と律

    作者:竹本桂子

  • マスカットと乳歯の抜けた少年と

    作者:じゃすみん

  • 転職や粒の揃はぬ黒葡萄

    作者:栗田修次

  • ぎつしりと詰まる大脳デラウエア

    作者:宍野宏治

  • 母として抱く子の重さ葡萄もぐ

    作者:紅さやか

  • 葡萄照る山の湧き水より上げて

    作者:宇都宮弘恭

  • うれしさは葉がくれ房のぶどうかな

    作者:中矢長宗

  • 葡萄持つ薬師如来や大善寺

    作者:土居信勝

  • 聖書読む父の後ろに葡萄置く

    作者:砂山恵子

  • 授乳終へし口に含ますマスカット

    作者:武智しのぶ

  • 葡萄買ふ看板猫は昼寝中

    作者:奈良香里

  • 妹の結婚話葡萄食ぶ

    作者:みやこわすれ

  • カンバスに葡萄の匂う美術室

    作者:松山帖句

  • 葡萄食ぶあの人を今は忘れる

    作者:城内幸江

  • 大粒の葡萄頬張る好好爺

    作者:佐藤めぐみ

  • 葡萄食む一房二房かみ切る

    作者:畑中萌

  • 走り根は同じ大きさ葡萄の木

    作者:室達朗

  • 一房の葡萄一粒ごとの色

    作者:あさふろ

  • 置き手紙とラップに包まれる葡萄

    作者:五月闇

  • 一人食ふ葡萄の皮の渋さかな

    作者:洒落神戸

  • 褥瘡は浅し葡萄は熟しをり

    作者:向井桐華

  • ぷつりぷつり皮より葡萄出でにけり

    作者:青海也緒

  • 熨斗付けて買われてゆくやマスカツト

    作者:加島一善

  • 手に口にころがる葡萄甘し甘し

    作者:小田寺登女

  • 大福を切ればマントルめく葡萄

    作者:比々き

  • 葡萄狩こんなところで迷ふとは

    作者:松本宏一

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

5月のお題は
「葉桜(はざくら)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop