視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2022年12月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2022年12月の季語(お題)は
年の暮 です
  • 歳晩や フランベの火に ひと家族

    今日の俳句

    2022.12.23 放送

    作者:竹本桂子(久万高原)

    フランベとは調理方法のひとつです。ラム酒やブランデーなどのお酒を降りかけ、強火で一気にアルコール分を飛ばします。一年の締めくくりに、家族でフランス料理を食べているのでしょうか。鍋に立ち上がるあざやかな炎に、互いの顔が照らされます。ともに年を越せる喜びを、静かに噛み締めるひとときです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 年の暮 こけしの木屑 はらふ息

    今日の俳句

    2022.12.22 放送

    作者:主藤充子(滋賀)

    年の暮には、今年を無事に終えるための片付けや、新年を迎える準備が、目白押しです。そんな中、こけしを彫る場面に着目しました。木で出来たこけしの肌も、木屑を払うために吹きかける息も、命のあたたかみを感じさせます。お正月には、鏡餅と一緒に、完成したこけしも、飾られるのかもしれませんね。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 湯治場の 昼湯を一人 年の暮

    今日の俳句

    2022.12.21 放送

    作者:酒井じゆん太(新居浜)

    世間に暮らせば慌ただしい年の暮も、ひとり湯治場で迎えれば、こんなに静か。昼もゆっくり温泉に浸かって、一年の疲れを癒やします。湯治場の、余計なものを置かないシンプルなありように、心もすっきり整いそうです。みなさんは今年、どんな場所で、年の暮を過ごしますか。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 年の暮 ピアノの上に イヤリング

    今日の俳句

    2022.12.20 放送

    作者:石塚彩楓(埼玉)

    ピアノの上に、イヤリングが置かれています。弾いた人が落としていったのか、弾く前に外したのか……。クリスマスの歌や第九など、年の暮にはピアノを弾く機会も多いですね。奏でられていた華やかなしらべの名残りとして、イヤリングがきらりと光ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • おしぼりの 白の眩しき 年の暮

    今日の俳句

    2022.12.19 放送

    作者:いかちゃん(神奈川)

    忘年会の飲食店か、ふだんの食堂か、出されたおしぼりの白さを、眩しいと感じました。冬になって日差しも弱くなったから、おしぼりの白い光も、ことさら新鮮に感じたのでしょう。年の暮の忙しい時期だからこそ、日常のささやかな光に目をとめたいものですね。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 重箱の 螺鈿のきらよ 年の暮

    今日の俳句

    2022.12.16 放送

    作者:三好眞喜子(松山)

    漆面にきらめく貝殻がはめ込まれた、美しい螺鈿の重箱。忘年会やおせち料理に使うために出してきたのでしょうか。「よ」と呼びかけたことで、螺鈿のきらめきが強調されました。押し迫る年の暮にほどよい緊張感を与えつつ、年を跨ぐ華やかさも生まれています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 歳晩の 紙片ふぶける シュレッダー

    今日の俳句

    2022.12.15 放送

    作者:おきいふ(香川)

    一年の終わり、年の暮のことを「歳晩」ともいいます。年末を迎えた仕事での一場面でしょう。整理された書類をシュレッダーにかければ、裁断された紙は、いきおいよく吐き出されます。今年のさまざまな記憶も、ふぶく紙片のように、ばらばらに過去へと飛んでいきます。忙しい歳晩の実感を、身近な機械を通して表現しました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • をちこちの 監視カメラや 年の暮

    今日の俳句

    2022.12.14 放送

    作者:POTU(松山)

    現代は監視社会とも言われ、街のそこかしこに監視カメラが設置されています。年の暮の街中を歩けば、きっと私も、あちこちの監視カメラに映りこんでいるのでしょう。賑やかな街の、ひんやりとした裏側を垣間見る瞬間。どうか、不穏な出来事が映りこむことなく、みんな穏やかに、新年を迎えられますように。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 賑やかに 年の暮れ掃く ルンバかな

    今日の俳句

    2022.12.13 放送

    作者:阿部八富利(東京)

    ルンバは、自動で床を掃除するロボット掃除機です。実際に動かしてみると、やはり掃除機ですから、それなりに賑やか。でも、うるさいと言わず「賑やか」と言いなすことで、ルンバの頑張りを楽しむ気持ちが生まれます。大掃除を手伝うルンバに感謝しつつ、人間も、新しい年を迎える準備にいそしみます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 革靴に 伸ばす靴墨 年の暮

    今日の俳句

    2022.12.12 放送

    作者:星月さやか(四国中央)

    今年もあとひと月を切りました。一年の終わりを「年の暮」といいます。新年を迎える用意のため、人も街も賑やかになります。年末進行で、仕事の現場も慌ただしいことでしょう。そんな忙しさの中でも、革靴に靴墨を伸ばし手入れして、丁寧に生き、新しい年を迎えようとしています。誠実な姿に、背筋の伸びる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2022年12月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 年暮るる模試を輪転機の余熱

    作者:片岡六子

  • 年の瀬の星みさだめる離島の子

    作者:藤雪陽

  • 歳晩や自転車ひかるまで磨く

    作者:岩渕晃三

  • あさってはあしたのあした年の暮

    作者:イサク

  • 歳晩や夜行列車のにぎり飯

    作者:吉野敬子

  • 年の暮海はいつもの乱反射

    作者:ぞんぬ

  • 砂利踏めば真白き音や年の暮

    作者:ぐ

  • 傷多きルアーたち撫づ年の暮

    作者:田尻武雄

  • 失くしたピアス年の瀬の演奏会

    作者:くぅ

  • 月へゆくロケット寂し年の暮

    作者:じゃすみん

  • 丁寧にホルンを磨く年の暮

    作者:百瀬はな

  • 四角い部屋四角く掃いて年の暮

    作者:北原早春

  • カーテン干す雲まどかなる年の暮

    作者:ちかこ

  • 野良猫に道譲らるる年の暮

    作者:ギル

  • 石庭に猫の足跡年の暮

    作者:みやこわすれ

  • やりかけのジグソーパズル年の暮

    作者:おこそとの

  • 百歳一歳それぞれの年の暮

    作者:水崎すみ

  • 理髪師のもみあげ長し年の暮

    作者:夏雨ちや

  • 老鶏のひと哭き終わる年の暮

    作者:楽花生

  • 年の瀬の珈琲豆のうすみどり

    作者:松本 だりあ

  • 残業のコーヒー苦し年の暮

    作者:久保田凡

  • 小走りの猫と出合ひぬ年の暮

    作者:南 あん

  • 年の暮バケツプリンの届きたる

    作者:大黒とむとむ

  • 年の暮 星の動きの正しさよ

    作者:桑島幹

  • 年暮ぬダルメシアンに声掛けて

    作者:三泊みなと

  • 静寂の空切るタクト年の暮

    作者:武井日出子

  • 踏み台に神棚覗く年の暮

    作者:柚木みゆき

  • 年の暮ゆゑの大盛りスパゲティ

    作者:秋本 哲

  • ハモニカの傷痍軍人年つまる

    作者:松田夜市

  • 工場に昭和の歌謡年の暮

    作者:杉野 祐子

  • レシートに埋もる小銭年の暮

    作者:椋本望生

  • 年暮るや肘掛け椅子を磨き上げ

    作者:葉村直

  • 年の瀬の青空市に雲奔る

    作者:立部笑子

  • 歳末の雲なき空の貧しさよ

    作者:加良太知

  • 大空の雲さへ忙し年の暮

    作者:そまり

  • 半額のシール待ってる年の暮

    作者:たわらご 小島里世

  • 令和貧しく静かに生きて師走

    作者:中矢長宗

  • 彼の地まで真青なる空年の暮れ

    作者:南方日午

  • 年暮るる母校の跡にポプラの樹

    作者:ノセミコ

  • 栞紐は最後の頁年の暮

    作者:葦屋蛙城

  • 屋根裏の古ダンボール年の暮

    作者:渥美 謝蕗牛

  • 指示ありて穴を掘りたる年の暮

    作者:綾竹あんどれ

  • 年暮るる螺子一本のゆるぶまま

    作者:碩真由美

  • 妻恋ふる五十回目の年の暮

    作者:岡野 昇

  • 年の暮ガラス隔てて母と会ふ

    作者:城内幸江

  • 鍋放る冷凍うどん年の暮

    作者:迫久鯨

  • 違反切符きられる年の暮ぞ今日は

    作者:紅紫あやめ

  • コンビニのおにぎり二つ年の暮

    作者:佐藤茂之

  • 菜箸に微かなゆがみ年の暮

    作者:染井つぐみ

  • 電線の鳩まばらなる年の暮

    作者:砂楽梨

  • 訳なしに海を見に行く年の暮

    作者:砂山恵子

  • すうすうと襟足さみし年の暮

    作者:加藤 宜立

  • 自転車の一漕ぎ重し年の暮

    作者:岸来夢

  • あみだくじ当たりし今日に年暮るる

    作者:堀川絵奈

  • 妻からの交換日記年の暮

    作者:桐山 榮三

  • 黒板を拭くや桐子の年の暮

    作者:新濃健

  • お豆腐の水切り甘し年の暮

    作者:桜鯛みわ

  • 保護犬の募金呼びかけ年暮るる

    作者:小川さゆみ

  • 医院へと文鳥預け年の暮

    作者:緒方朋子

  • 蕎麦屋に年暮ぬ白髪三千丈

    作者:児玉リツ子

  • 年の暮抜けて魚町板屋町

    作者:寺尾当卯

  • 年の暮ノートも本も散らかして

    作者:瀬戸 薫

  • 土産提げ夜行バス待つ年の暮

    作者:藤本加奈子

  • 平皿を多めに買ひて年の暮

    作者:藤橋一憲

  • 押入れに産土を嗅ぐ年の暮

    作者:村瀬ふみや

  • 旧姓を呼ばれ振り向く年の暮

    作者:藤田 康子

  • 年の暮喪中葉書の藍の色

    作者:藤田明

  • 風切りて鴉とぶ音年の暮れ

    作者:藤尾裕子

  • 琴の柱の罅の光や年の暮

    作者:巴里乃嬬

  • 介護士や有給不可の年の暮

    作者:野中泰佑

  • 菓子箱に薬ぐちゃぐちゃ年詰まる

    作者:林省造

  • 一斗缶ゴミを燃やして年の暮

    作者:翡翠

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop