視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2021年7月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2021年7月の季語(お題)は
です
  • 昇りきる 鉄の階段 大瀑布

    今日の俳句

    2021.07.16 放送

    作者:三好眞喜子(松山市)

    しっとり濡れた鉄の階段を、一歩、また一歩。昇りきって一気にひらけた視界には、大きな滝が、迫力いっぱいに轟いていました。鉄の階段を歩く硬質なひびきと、有機的な滝音とが、力強くぶつかり合います。夏の自然の大迫力に、我を忘れて立ち尽くす一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 亡き友の 手紙をかかへ 滝の前

    今日の俳句

    2021.07.15 放送

    作者:ギル(岡山県)

    大切な友人をなくした夏、やり場のない思いを抱え、滝の前にやってきました。かつて一緒に見た、思い出の滝なのかもしれません。持ってきたのは、亡き友から送られた手紙の束です。滝の前で読み返すのか、それとも手紙を抱きしめたまま滝を見つめ続けるのか。滝をこぼれる水のように、思いはあふれ続けます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 小刻みに 羽震はせて 滝へ鳥

    今日の俳句

    2021.07.14 放送

    作者:巴里乃嬬(フランス・パリ)

    滝を抱く森は、生き物たちのゆりかごです。山には可憐な小鳥たちも生きています。滝へ向かって、一羽の鳥が、さっと飛んでいきました。その羽は小刻みに震えています。滝への畏れゆえでしょうか、それとも小鳥本来の繊細な飛び方なのでしょうか。震える命にやさしく目をとめ、丁寧に描写しました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 大滝の 無重力めく 飛沫かな

    今日の俳句

    2021.07.13 放送

    作者:中村彰正(久万高原町)

    岩からどうどうと落ちてくる滝を前にすると、その圧倒的な迫力に言葉を失います。大きな滝であれば、なおさらです。ほとばしる飛沫も、まるで重力から解放されたかのように、自由に飛び散ります。見ている私の体も、軽くなってくるかのよう。無重力という言葉によって、地球規模で滝を感じる句となりました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 滝音や 丸太の手すり しっとりと

    今日の俳句

    2021.07.12 放送

    作者:神野睦子(松山市)

    滝は年中見られますが、暑い夏にも涼しさが感じられることから、俳句では夏の季語となっています。涼を求めて山道を歩けば、滝の音が聞こえてきました。険しい道に設置されていたのは、ワイルドな丸太の手すり。すがれば、滝の気配にしっとりと湿っています。音や手触りといった感覚を通して、山の空気がたっぷりと伝わります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2021年7月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 大地震来て双頭となりし滝

    作者:藤雪陽

  • 滝壺や暗くて深い馬の喉

    作者:じゃすみん

  • 滝に行くバス停のある通学路

    作者:菊池洋勝

  • 荒滝や符の泣き音を禊ぎとも

    作者:河本俊子

  • 鳥を追ひ雲追ひゆけば白猪の滝

    作者:竹本桂子

  • 黒帯の孫の突き蹴り滝しぶき 

    作者:八木重明

  • 大木に獣の兆し滝の道 

    作者:吉野敬子

  • 轟轟としぶき広げて虹の滝

    作者:堀池正海

  • 孤独なる眼前を滝なだれ落つ

    作者:新濃健

  • 大滝が落つ人間がおおと言ふ

    作者:いかちゃん

  • 滝壺の結界石や昼の闇

    作者:室達朗

  • この先は滝の匂ひのするベンチ

    作者:南方日午

  • どちらかといえば無口な滝が好き

    作者:木染湧水

  • 滝の先静かな川の透明度

    作者:たわらご 堀川絵奈

  • 伊予に立つ滝の怒涛と楸邨と

    作者:中矢長宗

  • 天地へ水の喝采大瀑布

    作者:さとけん

  • 夫の手を握り返した滝の前

    作者:藤田ゆきまち

  • この滝に伝説あらば竜の恋

    作者:酒井じゅん太

  • 滝の淵竜神住むと言ふ嫗

    作者:友健

  • 草分けて入れば水音行者滝

    作者:石野桂子

  • 滝落ちて巌よろこぶ水しぶき

    作者:岩渕晃三

  • 滝飛沫木漏れ日さして虹生めり

    作者:井下敏

  • 手を伸ばし滝に触れたし肩車

    作者:藤本加奈子

  • 泣き声も小言も消して滝の音

    作者:迫久鯨

  • 滝道を行き来善男善女かな

    作者:伊賀上公子

  • 那智の滝母の手を取り遠くより

    作者:安井圭子

  • 滝しぶき記念写真の背中へと

    作者:西原真樹

  • 晴天や蒼樹に銀の滝しぶき

    作者:みやこわすれ

  • 後悔はなかつたやうに滝落つる

    作者:栗田修次

  • 滑床の雪輪の滝に今日ひとり

    作者:たわらご 小島里世

  • 風神も雷神も来し滝見茶屋

    作者:宍野宏治

  • 七滝を巡る揃ひのスニーカー

    作者:吉田みち子

  • 滝に立つ太き喉仏の人と

    作者:柚木みゆき

  • ゆらゆらと生きてすとーんと滝の壺

    作者:椋本望生

  • たましひの押しだされたる滝見かな

    作者:碩真由美

  • 合羽着て顔にしずくの滝見船

    作者:十亀剛一

  • 漱石も浴ぶや白猪の滝しぶき

    作者:近江菫花

  • シャチ跳ねる羅臼の海へ滝しぶき

    作者:北藤詩旦

  • 人生をヘーゲル化する滝しぶき

    作者:藤田明

  • 大滝の正面にいて大嚔

    作者:杉野祐子

  • 身投げせし姫は十六滝見茶屋

    作者:松田夜市

  • 父母の面影淡し滝仰ぐ

    作者:加田紗智

  • 広角のレンズに収む大瀑布

    作者:阿曽宏之

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop