視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2024年2月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2024年2月の季語(お題)は
ふきのとう です
  • 山に生き 山へ逝く父 ふきのたう

    今日の俳句

    2024.02.23 放送

    作者:竹本桂子(久万高原)

    お父さまは、林業など山に関わるお仕事に打ち込んでこられたのでしょう。生涯を山に捧げた父は、亡くなるときもきっと山へ還ってゆくのだと、大きくとらえました。はるかな時間に抱きとめられる、豊かな死生観です。早春に芽吹くふきのとうが、父からバトンを受けた新たな命の一つとして、この世界を輝かせます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ふきのたう 宇宙の芯も ほろ苦し

    今日の俳句

    2024.02.22 放送

    作者:ギル(岡山)

    宇宙に芯があるならば、ふきのとうのようにほろ苦いのではないかと、発想を飛ばしました。ふきのとうの小さな命と巨大な宇宙とを同じ存在としてとらえたところに、新鮮な驚きが生まれます。ほろ苦さを見出したことで、宇宙もまたふきのとうのように、今を生きているのだと気づかされます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 「どの花より 楽しみ」と祖母 ふきのとう

    今日の俳句

    2024.02.21 放送

    作者:石田賢吾(愛知)

    おばあさまはふきのとうが大好きなのですね。この世にはたくさんの花があるけれど、そのどの花よりも、ふきのとうが顔を出すのが楽しみだと教えてくれました。素朴なふきのとうに心惹かれるおばあさまも、ほがらかで優しい方なのでしょう。ふきのとうの告げる春を家族と共有する、豊かな時間です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 無欲って きっと欲です ふきのとう

    今日の俳句

    2024.02.20 放送

    作者:櫻栄二(愛南)

    哲学的な句です。欲がないのが無欲ですが、無欲でありたいと願うこともまた欲望のひとつといえます。春になったらひょっこり顔を出すふきのとうのように、てらいなくのびのびと、ただ生きられればいいのに。ふきのとうの健やかさを置くことで、人間の生の不自由さが際立ちます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 肉球へ 微かな隆起 ふきのたう

    今日の俳句

    2024.02.19 放送

    作者:砂楽梨(愛知)

    犬や猫、あるいはタヌキやキツネなどの動物が、早春の山を歩いているのでしょう。肉球にふと、かすかな隆起を感じました。それは、土から顔を出したふきのとうです。獸たちが振り返って確認するかは分かりませんが、ふきのとうを踏んだ瞬間があると想像するだけで、心があたたかく、春を感じます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 能登は龍 立ち上がる龍 蕗の薹

    今日の俳句

    2024.02.16 放送

    作者:老人日記(広島)

    能登半島地震の被害は甚大で、いまだに全容がつかめず、人々も不自由な避難生活を余儀なくされています。今回の募集でも、被災地を思う俳句が多く寄せられました。能登半島の形は長く突き出し、たしかに龍に似ています。能登を立ち上がる龍の形と見ることで、必ず復興を遂げるはずだと、強く願いをこめました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ふきのとう 配属先は 復興課

    今日の俳句

    2024.02.15 放送

    作者:幸田梓弓(三重)

    県や市に復興課があるということは、その地域は大きな災害を受け、まだ復興途上にあることを意味します。暮らしを取り戻し、もう一度生きてゆくために、まだまだ課題は山積みでしょう。それでも、希望を抱いて一歩一歩、進んでいけたら。春を忘れず顔を出すふきのとうに、前を向く力をもらいます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 縄文の 海はいま陸 ふきのたう

    今日の俳句

    2024.02.14 放送

    作者:愚老(青森)

    大地は常に動き続けているので、時代が変われば海岸線も変わります。縄文時代は海だった土地が、隆起して陸地になることも。今はふきのとうが顔を出す場所も、かつては魚が遊んでいたかもしれません。縄文人も、その海で貝を採ったでしょうか。春のはじめに、おおらかな地球の歴史へ思いを馳せます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 初産の 七日遅れや ふきのとう

    今日の俳句

    2024.02.13 放送

    作者:小池芳恵(松山)

    初めての出産は、分からないことばかり。不安な思いを抱えながら予定日を七日過ぎ、やっと陣痛が来ました。いよいよ生まれてくる苦しさの中の期待を、ふきのとうのやわらかな明るさが代弁してくれています。そういえば、おくるみにくるまれた赤ん坊は、ちょっとふきのとうに似ていますね。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 蕗のとう 明日から子らは 中学へ

    今日の俳句

    2024.02.12 放送

    作者:岡田洋之(松山)

    ふきのとうは蕗の芽です。春のはじめに先駆けて、土の中から顔を出します。まだ冷たい風の中、ふきのとうを見つけると、春はたしかに来ているのだと嬉しくなります。卒業や入学の季節。子どもたちも中学生になり、ぐんぐん成長します。ほがらかに登校してゆく姿を、ふきのとうもやさしく見守ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2024年2月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 算盤を腰に差す子や蕗の薹

    作者:藤雪陽

  • ふきのたう宇宙の外といふ概念

    作者:青田奈央

  • 焼跡の黒き泥水ふきのたう

    作者:沢井如伽

  • 半島に再起のちから蕗の薹

    作者:石浜西夏

  • 人間を抜ける素粒子蕗の薹

    作者:草夕感じ

  • 子の彼はタワマン育ちふきのとう

    作者:十亀剛一

  • ふきのとう母のひらがな照る名札

    作者:北欧小町

  • ハローCQコチラ地球蕗の薹デマシタドウゾ!

    作者:じゅうめい

  • 「うとのきふ」子の指す札にふきのとう

    作者:島田和子

  • ふきのとう揚げんサクっと泣いてから

    作者:ノセミコ

  • 非暴力不服従なるふきのとう

    作者:かえるゑる

  • きらきらと寝癖のままのふきのたう

    作者:緒方朋子

  • つぎつぎと雲つぎつぎと蕗の薹

    作者:藤田ゆきまち

  • ふきのたうたうの辺りで着地せり

    作者:酒井春棋

  • いつもそこ実家と母と蕗の薹

    作者:藤田千都子

  • 入寮の十四才やふきのたう

    作者:暖井むゆき

  • 蕗のたう鉈ぶらさがる祖父の腰

    作者:杉野圭志

  • 小天狗の遊んだあとや蕗の薹

    作者:うさの

  • やはらかき日差しや蕗の薹苦し

    作者:宍野宏治

  • ふきのたうふきのたう会ひたくて来たよ

    作者:渋谷晶

  • ひとりづつ揺れるつり橋ふきのたう

    作者:じゃすみん

  • ふきのとう婚姻届の保証人

    作者:友健

  • 転職と天職の齟齬ふきのとう

    作者:秋本哲

  • 失恋や朝餉にでんとふきのとう

    作者:佐藤浩章

  • 父の田をふきのとうごと相続す

    作者:朝霧さら

  • 母の目の手術はあした蕗の薹

    作者:阿曽宏之

  • 能登の地にたくはふ光ふきのとう

    作者:伊藤柚良

  • 蠢ける丸き胎動ふきのとう

    作者:渥美謝蕗牛

  • 朝練に誰も来なくてふきのとう

    作者:阿部八富利

  • ブローチにするなら小さきふきのとう

    作者:伊予素数

  • 健啖や母さくと咬むふきのとう

    作者:イサク

  • 蕗の薹なぜに久女は除名さる

    作者:遠藤玲奈

  • 汀子忌や太き芽を出す蕗の薹

    作者:室達朗

  • 無邪気なる多動も個性ふきのとう

    作者:風花まゆみ

  • ふきのとう天使の梯子消えぬ間に

    作者:加島一善

  • 蕗の薹つむや米寿の金星丘

    作者:星月彩也華

  • ふきのとうふきのとうあそこにもほら

    作者:風薫子

  • 渓流のみづ音清らふきのとう

    作者:岸来夢

  • 野仏の傾ぐまなざし蕗の薹

    作者:北岡一郎

  • 乙女座のスピカの配置蕗の薹

    作者:気まぐれ亭いるか

  • 蕗の薹ここは義仲挙兵の地

    作者:杏乃みずな

  • 繰り返す余震の土手にふきのとう

    作者:くぅ

  • 蕗の薹古墳の上に建つ社

    作者:南方日午

  • スカーフに包む清しきふきのとう

    作者:久保田凡

  • 木道は知床五湖へふきのとう

    作者:栗田修次

  • ふきのとう揚げて再雇用の通知

    作者:栗田すずさん

  • 父の木のぐるりに青き蕗の薹

    作者:小池令香

  • 生きろ生きろ逃げたっていいふきのとう

    作者:小林寛久

  • 靴紐に土付きにけり蕗の薹

    作者:コンフィ

  • 蕗の薹ようこそ子規は臥してをり

    作者:新濃健

  • 今年も生きよ土持ち上げる蕗のとう

    作者:細江隆一

  • みどり解きむらさきを解き蕗の薹

    作者:岩渕晃三

  • 母逝くやいつもの場所にふきのとう

    作者:菅原みどり

  • 丸籠にねむる嬰児ふきのとう

    作者:主藤充子

  • 足元の川は県境ふきのとう

    作者:砂山恵子

  • 転校のさよならもなくふきのとう

    作者:みやこわすれ

  • 食初の一升米やふきのとう

    作者:チームニシキゴイ太刀盗人

  • 成功のメス置くふきのとう笑ふ

    作者:堀川絵奈

  • ふきのとう抓む転居の夜の閑か

    作者:山内佑資

  • 軍足の近づく気配ふきのとう

    作者:吉野敬子

  • 風の仄めかすひいふう蕗の薹

    作者:野口雅也

  • ふきのとう摘むため伊予の中山へ

    作者:ハイボール圭子

  • ふるさとの泥の匂いや蕗の薹

    作者:春あおい

  • 廃校宿の看板メニュー蕗の薹

    作者:ピアニシモ

  • まっさらなひかりを野辺にふきのとう

    作者:藤尾裕子

  • 蕗の薹見つけたとたん香りだす

    作者:藤田ゆい

  • また嘘をついたふきのとうが苦い

    作者:みづちみわ

  • 柔らかきファーストシューズふきのとう

    作者:みらんだぶぅ

  • ふきのとう星々の舟揺られけり

    作者:森嶋のか

  • ふきのとう開くどこかに宇宙人

    作者:山羊座の千賀子

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop