視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2022年2月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2022年2月の季語(お題)は
猫の恋 です
  • 猫の恋 大福ふたつ 買ひ求む

    今日の俳句

    2022.02.18 放送

    作者:藤田瞬(松山市)

    猫はにぎやかに恋をしているけれど、人間は穏やかに大福を食べて過ごしたりする、春ののんびりした時間を描きました。大福は、一つではなく二つ。誰かと食べるのだとしたら、その二人もかつては、燃える恋を経てきたのかもしれません。大福の甘さが、恋の甘さを、ほんのりと思い出させます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 恋猫に告ぐ 黄昏を待たず行け

    今日の俳句

    2022.02.17 放送

    作者:そまり(新居浜市)

    春になって恋に夢中になる猫を「恋猫」といいます。この句は、恋猫に強くメッセージを送っています。黄昏の時間を待つなんてまどろっこしいことはせず、今、相手のもとへ行きなさい。タイミングが遅れたせいで、手に入らない恋もあります。恋猫へ向けられたエールは、私たち人間の心にも、まっすぐ響きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 猫の恋 番くるわせの 大相撲

    今日の俳句

    2022.02.16 放送

    作者:石野桂子(西予市)

    大相撲で、ときに予想を大きく覆す、番狂わせの一番があります。格下の力士が横綱を打ち負かすように、猫の世界でも、ときに番狂わせの恋が生まれます。いかにも負けそうに見えた猫が、ここ一番で力を発揮して、恋をものにしたのでしょう。誰にだって可能性は残されているのだと、勇気の湧いてくる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 猫の恋 STAFF ONLYのロープ

    今日の俳句

    2022.02.15 放送

    作者:木染湧水(広島県)

    コンサートなどのイベントが開催されるのでしょう。会場に、スタッフオンリーの黄色いロープが張られています。その中は、関係者以外は立ち入り禁止のはずですが、恋する猫はお構いなし。黄色いロープをくぐって、自由に出入りしています。にぎやかな場面を介して、猫の恋の傍若無人なありようを切り取りました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 猫の恋 潮に饐えたる 番屋かな

    今日の俳句

    2022.02.14 放送

    作者:北藤詩旦(北海道)

    春は、猫の恋の季節です。猫たちは昼夜を問わず、喧嘩をしたり奇声を発したり、目の前の恋に打ちこみます。番屋とは、漁師の宿泊する小屋です。海の香りがとっぷりと染み込んだ番屋にも、恋する猫たちがうろつきます。ふだんは魚を求めて屯しているのでしょう。大きな海を背景に、人の暮らし、猫の暮らしが交差する一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2022年2月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 恋猫やボイラー技師の吸ふ煙草

    作者:秋本哲

  • カセットテープきやらきやら軋み猫の恋

    作者:石浜西夏

  • 恋猫のひたひを撫でて送り出す

    作者:砂山恵子

  • 活版の漱石全集猫の恋

    作者:室達朗

  • 猫の恋光みたいに泣ける人

    作者:水蝶まゆみ

  • アメリカン・クラッカー鳴る猫の恋

    作者:山川腎茶

  • あおぅあおぅ母音はかなし猫の恋

    作者:天陽ゆう

  • 子守唄掻き消す猫の恋一途

    作者:河本俊子

  • タワーマンの遥か夕景猫の恋

    作者:堀池正海

  • 恋猫は帰らずラジオ深夜便

    作者:竹本桂子

  • 相談は恋猫外へ出してから 

    作者:みなと

  • 恋猫やパイはじゅんわり焼き上がる

    作者:綾竹あんどれ

  • 恋猫の不明届を貼る電柱

    作者:吉野敬子

  • 真夜中にラーメン啜る猫の恋

    作者:藤雪陽

  • ガラス越し合わせる鼻や猫の恋

    作者:たわらご 堀川絵奈

  • 恋猫眠るホスピスの生垣に

    作者:げばげば

  • シェークスピアの白き羽根ペン猫の恋

    作者:杉野圭志

  • リトルイタリアの階下は恋の猫

    作者:栗田修次

  • 夜遊びのすぎた恋猫大欠伸

    作者:たわらご 小濱節子

  • マンションの全戸にひびく猫の恋

    作者:沼宮内薫

  • 震度三くらゐぢや止まぬ猫の恋

    作者:松田夜市

  • 恋猫の奇声突き指の疼痛

    作者:さとけん

  • モノクロに濡れたる手紙猫の恋

    作者:染井つぐみ

  • 恋猫やみどりの風となり疾る

    作者:藤尾裕子

  • 恋猫の牛乳舐めて鳴きにゆく

    作者:岩渕晃三

  • 食べて寝てすぐに出て行く恋の猫

    作者:石塚彩楓

  • 食って寝てあとは恋するだけの猫

    作者:大黒とむとむ

  • 寝て起きて肉球舐める猫の恋

    作者:林省造

  • 星の欠片が落ちる夜に猫の恋

    作者:高市加世子

  • 夕暮の港の匂ひ猫の恋

    作者:神野睦子

  • 恋猫やよべもこよひも先斗町

    作者:阿曽宏之

  • 雨樋が壊れはせぬかうかれ猫

    作者:小川さゆみ

  • タロットのカードは女帝猫の恋

    作者:このみ杏仁

  • 漆黒の闇燃え盛る猫の恋

    作者:新濃健

  • 捨てずある犬小屋横の猫の恋

    作者:十亀剛一

  • 木漏れ日や猫の恋路の果てで揺れ

    作者:ヴィッカリー美和

  • 好き好きと言うのは楽さ猫の恋

    作者:西田真己

  • 見上げれば屋根の月影猫の恋

    作者:西奥富子

  • 津波より十一年や猫の恋

    作者:菊池洋勝

  • 猫の恋頷くように星揺らぎ

    作者:三木和彦

  • 道一つ違えてみれば猫の恋

    作者:東京堕天使

  • 猫の恋こころ逆らふこともなく

    作者:主藤充子

  • 猫の恋行方不明の俺の恋

    作者:村瀬っち

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題「青田(あおた)」の
応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop