視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2020年11月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2020年11月の季語(お題)は
落葉 です
  • 地震の國 なだめるやうに 落葉かな

    今日の俳句

    2020.11.13 放送

    作者:宍野宏治(松山市)

    日本はまさに地震の国。その大地をなだめるように、落葉が降っていると捉えました。落葉が積もったからといって、科学的に地震がやむわけではありません。それでも、土を覆ってゆたかにする落葉に、特別な力があるような気もしてきます。落葉の再生力に、いくたび地震に襲われても復興へ前を向く、日本人の強さを思います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 旅券より こぼるるユーロ 落葉風

    今日の俳句

    2020.11.12 放送

    作者:竹本桂子(久万高原町)

    片付けの途中、ふとパスポートをひらいたら、ヨーロッパを旅したときのユーロ紙幣がひらり。なつかしいなあと旅を思い返しつつ、窓を見れば落葉の季節です。新型コロナウイルスの流行で海外へもなかなか行けない今、日本では使えない紙幣も、落葉みたいなものかもしれません。落葉のまとうわびしさを感じる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 落葉二枚で 爺じも乗れた 縄電車

    今日の俳句

    2020.11.11 放送

    作者:八木重明(松山市)

    孫たちが、縄電車をしてにぎやかに遊んでいます。じいじもそこに加わろうと、落葉を拾って切符に見立てました。この切符で乗れますか? どうぞどうぞ。落葉二枚で、じいじも晴れて、縄電車の一員となりました。冬のはじめのひだまりの、ほがらかなひとコマです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 子規の背に 道灌山の 落葉かな

    今日の俳句

    2020.11.10 放送

    作者:土居信勝(松山市)

    明治28年12月9日、子規は弟子の高浜虚子を誘い、根岸の子規庵からほど近い、道灌山を訪れました。病気で余命を悟った子規は、俳句の仕事を引き継ぐよう頼みます。ところが虚子は「学問をする気はない」と断りました。残された子規の背には、落葉が降りしきります。臨場感のある季語が、歴史の場面をあざやかに再現しました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 落葉より 箒掘り出す 尼僧かな

    今日の俳句

    2020.11.09 放送

    作者:霞山旅(宮城県)

    落葉の中に埋もれていた箒を取り出して、また落葉を掃くのでしょう。「掘り出す」という表現がユニークですね。降り積もった落葉の、ゆたかな嵩が見えてきます。掃いては積もり、また掃いては積もり。落葉樹に囲まれた、静かな尼寺の日常です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2020年11月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • にはとりの声の汚るる落葉かな

    作者:岩渕晃三

  • 落葉踏む音は明日も生きる音

    作者:山内佑資

  • 落ち葉踏むコーンフレーク潰すごと

    作者:佐藤めぐみ

  • 抱きつけば落葉の匂ひ父の背

    作者:奈良香里

  • 狛犬の息はきはきと落ち葉かな

    作者:午餉

  • 落葉止まず午前指定の遺骨の荷

    作者:北藤詩旦

  • 去来と記す石ころや落葉掻

    作者:室達朗

  • 落葉掃くコンビニ店主夜勤明け

    作者:中村眞喜男

  • 日の匂ひ乾ぶ落葉のベンチかな

    作者:藤尾裕子

  • 営業は一年目です落葉踏む

    作者:城内幸江

  • 惣堀の水僅かなる落葉かな

    作者:南方日午

  • 落葉降るちよつと地球を太らせて

    作者:松田夜市

  • 母校行く落葉踏む音聞きたくて

    作者:砂山恵子

  • 暗記するためのベンチや落葉舞う

    作者:うさの

  • 老いて今小さき恋へ落葉焚く

    作者:漢宗

  • 落葉舞うモリスの壁紙濃き紅茶

    作者:ヴィッカリー美和

  • 外苑にイーゼルあまた落葉降る

    作者:栗田修次

  • 落葉掃く爺の鼻唄裕次郎

    作者:越智敦子

  • 落葉焚子は独り身を通すらし

    作者:伊賀上公子

  • 落葉降るラストシーンの無音なり

    作者:三好眞喜子

  • バス停に落葉を踏んで労働者

    作者:吉野敬子

  • 胸に傷少女の頃の落葉かな

    作者:そまり

  • 若者の跨ぐスケボー落葉道

    作者:桐山榮三

  • 建仁寺の風神雷神落葉降る

    作者:安井圭子

  • 落葉だから話せる泣いてもいいよね

    作者:じゃすみん

  • 寄り添うて落葉にきしむ車椅子

    作者:伊藤栄子

  • 少年がひとり落ち葉を選びをり

    作者:藤田ゆきまち

  • 落葉掃く校庭の子ら受験生

    作者:渡部茂由子

  • 流れゆく落葉に波紋はなれざる

    作者:板柿せっか

  • はらはらと落葉のごとく句を詠まな

    作者:ハードエッジ

  • 姪走る落葉踏み分けブランコへ

    作者:たわらご 堀川絵奈

  • 固まりてやがて地層となる落葉

    作者:瀬戸薫

  • 昔日のしあはせ透くる落葉焚

    作者:遠野あや

  • 献体の父なつかしき落葉かな

    作者:伊藤栄子

  • 真民の詩ひとひらの朴落葉

    作者:武井日出子

  • 人無き後のブランコに落葉舞ひ

    作者:岸明美

  • 拾われて明日は栞になる落葉

    作者:岡野未由子

  • 親と子で落葉拾うて畑肥やし

    作者:中村真美

  • 日溜りの苔にたむろす落葉かな

    作者:酒井じゅん

  • からからと落ち葉笑えり興隆寺

    作者:岡田孝文

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop