視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2023年11月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2023年11月の季語(お題)は
焼藷(やきいも) です
  • 焼藷を 抱へて待てり アシカショー

    今日の俳句

    2023.11.24 放送

    作者:音羽凜(東京)

    水族館でのひとコマです。アシカショーの客席で、焼藷を抱え、ショーが始まるのを待っています。冬の水族館の屋外は寒く、あたたかい焼藷を懐炉(かいろ)のように抱えます。誰と分けるのでしょうか。それとも一人?こんなところにも焼藷はあるのだと、驚き納得させてくれる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 遠距離よ 焼藷はまだ あたたかい

    今日の俳句

    2023.11.23 放送

    作者:藤田ゆきまち(三重)

    遠距離恋愛でしょう。別れ際に買った焼藷を抱いて、バスや電車に乗り込みます。少しずつ離れてゆく、君との距離。ふところの焼藷はまだあたたかく、さっきまで一緒にいた感触が、まだ残っています。「まだ」のひとことが、いつかは冷めてしまうことを予期してもいて、切なさが募ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 焼藷に 汚職の記事の 湿りをり

    今日の俳句

    2023.11.22 放送

    作者:山田 知明(神奈川)

    焼藷そのものではなく、それをくるむ新聞の記事に注目しました。政治家の汚職を告げる紙面が、焼藷の熱でしっとりと濡れています。この湿りけが、汚職という出来事のじっとり暗い印象を、感覚的に言いあてています。甘い蜜を吸うといった常套句も、焼藷の甘さと響き合い、上質な皮肉が効いています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 書割を背に 焼藷喰ふ リア王

    今日の俳句

    2023.11.21 放送

    作者:竹本桂子(久万高原)

    リア王は、シェイクスピアの書いた戯曲の主人公です。栄華をほこったリア王が没落する悲劇を、現代に上演しているのでしょう。舞台の背景を描いた書割を背に、リア王役の俳優が、焼藷を食べています。生活者としてのなまなましい姿が、荒野をさまよったリア王の切実に、ふと重なります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 焼き芋を ガードレールに 腰掛けて

    今日の俳句

    2023.11.20 放送

    作者:石塚彩楓(埼玉)

    道端に売りに来ている焼藷を買ったのでしょうか。そのまま、すぐ近くのガードレールに腰かけ、むしゃむしゃと食べます。冷たい風が吹き抜ける中で、焼藷のあたたかさが、ひときわ心身にしみわたります。ラフな姿がリアルな一句。おいしい焼藷、みなさんならどこで食べるでしょうか。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 焼藷の皮や 地球はどこより罅

    今日の俳句

    2023.11.17 放送

    作者:じゃすみん(新潟)

    さつまいもの皮が、よく焼けて罅割れています。もし地球にも罅が入るとしたら、どこからだろうと想像を広げました。地震や噴火といった災害や、各地でやまない戦火を思います。焼藷という身近な素材を通して地球の今を考えることで、自分のこととして受け止める近しさが生まれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 焼藷や 雇用延長申請書

    今日の俳句

    2023.11.16 放送

    作者:小藤たみよ(松山)

    雇用延長とは、本人が希望すれば定年後も引き続き勤められる、再雇用などの制度を指します。焼藷を食べながら、雇用延長のための申請書を書いているのでしょう。焼藷を買うにも、お金は必要です。生活感の強い季語が、現代の社会に生きる実感を、ありありと引き出しています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 雨のコインランドリー 焼藷食む

    今日の俳句

    2023.11.15 放送

    作者:花見鳥(埼玉)

    コインランドリーで、洗濯が終わるのを待ちながら、焼藷を食べています。途中、冷たい雨が降る中で、焼藷屋を見つけ、思わず買ったのでしょう。冷えた体をほっと温めてくれる、やさしい甘さ。焼藷が嬉しく感じるシチュエーションを、街角の風景から見つけました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 焼藷や 不死身の漫画 主人公

    今日の俳句

    2023.11.14 放送

    作者:星野テルカズ(宮城)

    漫画の主人公は、ピンチになっても、特別な力を発揮して、物語をパワフルに展開させます。現実には、どんな攻撃を受けても立ち上がるなんてことは、なかなかありえません。だからこそ、主人公に憧れるのです。ごろごろして焼藷を食べながら漫画を読んでいる、冬の一日の過ごし方が見えてきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 焼き芋や 塾の鞄に 反射材

    今日の俳句

    2023.11.13 放送

    作者:南方日午(東京)

    寒くなると、あたたかい食べ物が恋しくなります。焼き芋も、そのひとつ。焼いた小石で蒸し上げる石焼き芋もあれば、焚火やストーブで熱して作ることもできます。塾帰りに焼き芋を齧っているのでしょう。暗い夜道でも車にひかれないよう、鞄につけた反射材が、きらきらと光り、日暮れの寒さを深めます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2023年11月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 取材終へ焼芋喰らふ新聞部

    作者:桜鯛みわ

  • ペンギンの列が進むや焼藷食ふ

    作者:細川鮪目

  • 差し入れの焼芋重し面会日

    作者:徳永晴樹

  • 焼藷やフラッシュモブに囲まれる

    作者:織部なつめ

  • 焼藷を待ち総菜を一回り

    作者:鈴白菜実

  • 焼藷や体操帽の後ろ向き

    作者:堀川絵奈

  • 焼藷の蜜やアボガドロの法則

    作者:コンフィ

  • 焼藷食う唇に傷初戦負け

    作者:宮崎泉

  • 山田姓ばかりの村や芋焼くる

    作者:苫野とまや

  • 焼藷で許せ凡そ期待に添へぬこと

    作者:七瀬ゆきこ

  • 前髪切って焼藷たべて塾補習

    作者:うさの

  • 戦の字の新聞石焼藷の黙

    作者:イサク

  • 焼藷の蜜ふつふつと横恋慕

    作者:伊藤柚良

  • 焼藷や有給消化一日目

    作者:春野ぷりん

  • 焼藷を分けて育休最終日

    作者:巴里乃嬬

  • 焼藷の庭へ寮生寄り来たる

    作者:緒方朋子

  • 半分に割れねば笑ひ合へ焼藷

    作者:片岡六子

  • よろこびのいろ焼藷を割ってほら

    作者:いかちゃん

  • 焼藷のすこし焦げたる嫉妬の香

    作者:渋谷晶

  • 焼藷を巻く新聞の告ぐ円安

    作者:岸来夢

  • 焼藷や溶岩のごと黒き蜜

    作者:丁鼻トゥエルブ

  • 分け合えば焼藷は祈りのかたち

    作者:ノセミコ

  • 焼藷屋来てゐたころの茜雲

    作者:渡嘉敷五福

  • 焼藷にのせたアイスの溶けはじむ

    作者:柚木みゆき

  • 焼藷の湯気裸電球に届く

    作者:桑島幹

  • 焼藷へ外階段を駆け降りて

    作者:さくら悠日

  • 焼藷を割つて同居を切り出して

    作者:小笹いのり

  • 焼藷が冷えても友の愚痴を聴く

    作者:砂山恵子

  • 焼藷食べ食べ熊の目撃談

    作者:このみ杏仁

  • なけなしの金で焼藷買ふ自由

    作者:小池令香

  • 焼藷を地球最後の日も食べる

    作者:海老原順子

  • 焼藷を割つて養育費の話

    作者:くぅ

  • 経理部へ焼藷抱え根回しに

    作者:ふくじん

  • 焼藷の分はこれからジム行くし

    作者:みづちみわ

  • 休講や焼藷買ひに行かへんか

    作者:松田夜市

  • 石焼藷追つてベビーカーのダツシユ

    作者:湯川英明

  • 焼藷や二十週目が腹を蹴る

    作者:押見げばげば

  • 焼藷しょっぱい留年決まりし日

    作者:ピアニシモ

  • 焼藷の軽トラ流す「歓喜の歌」

    作者:小林和幸

  • 焼藷や還暦のダメージデニム

    作者:うからうから

  • 焼芋のピアスの揺れる焼芋屋

    作者:福原あさひ

  • 末の子の焼藷二匙離乳食

    作者:西本匠

  • ずむずむと喉を落ちゆく焼藷よ

    作者:藤雪陽

  • 焼藷の湯気の届きて雲甘し

    作者:遠藤玲奈

  • 焼藷の欠片きらきらと部屋着

    作者:青井えのこ

  • 風甘し参道脇の焼藷屋

    作者:葦屋蛙城

  • ねんごろに選る焼藷の胴まはり

    作者:綾竹あんどれ

  • むべなるかな焼き芋売りのふくよかさ

    作者:風花まゆみ

  • 焼藷や薩摩生まれの義母の家

    作者:玉家屋

  • 焼藷と半分欠けてゐる月と

    作者:立部笑子

  • 戦争のはなしをしよう石焼藷

    作者:菫久

  • 焼藷や幼馴染の聞き上手

    作者:武井日出子

  • 焼藷に喉甘くなる手をつなぐ

    作者:おきいふ

  • 祖母の手とむくやきいもはあつすぎる

    作者:小野陽菜

  • 焼藷や夕刊来たる音ひとつ

    作者:神奈川ゆうき

  • 焼芋や住吉神社の朱の鳥居

    作者:河上輝久

  • 焼藷の湯気に劇団生の列

    作者:キートスばんじょうし

  • このいもは石焼薯になるかたち

    作者:空流峰山

  • 焼藷や夜勤の母の走り書

    作者:杉野圭志

  • 焼藷の蜜が噴き出て紙袋

    作者:紅紫あやめ

  • 焼藷をキャラメリゼする日曜日

    作者:幸田梓弓

  • 大谷の顔に包まれ焼藷来

    作者:そまり

  • 焼藷に蜜がながれる部屋がある

    作者:光朗報

  • 焼藷をふはと頬張る君が好き

    作者:酒井春棋

  • あたたかいニュースあたたかい焼藷

    作者:佐藤茂之

  • 焼藷のほのかな酸味片恋す

    作者:紗羅ささら

  • 簡単に焼藷で許せるものか

    作者:清水星凜

  • 焼藷はとろとろ君の長話

    作者:正念亭若知古

  • 焼藷を割つてふたりの新居かな

    作者:白猫のあくび

  • 焼藷の皮だけくれる娘かな

    作者:青馬

  • 焼芋割る「バスコ=ダ=ガマ」を暗記して

    作者:草夕感じ

  • 負け試合石焼き芋は食べ放題

    作者:だっく

  • 祖母と見たやきいも色の空はもう

    作者:太郎丸

  • 焼藷甘し二人で分け合えばさらに

    作者:中村彰正

  • 学校の隅に芋焼くドラム缶

    作者:渡部茂由子

  • 焼藷を買ひ大吉のくじを引く

    作者:沼宮内薫 

  • じやんけんに負けて焼藷買ひに出る

    作者:吉田みち子

  • 倫敦に手紙焼藷問ふ子規ぞ

    作者:藤橋一憲

  • 介護士や焼藷食べて眠りたい

    作者:野中泰佑

  • 焼藷を半分食べてと病める友

    作者:たわらご小濱節子

  • 失恋や母と焼藷分け合いぬ

    作者:春あおい

  • 焼藷や父と法事の打ち合はせ

    作者:星月彩也華

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop