視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2019年10月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2019年10月の季語(お題)は
秋刀魚 です
  • たまさかに 地球に生まれ 秋刀魚焼く

    今日の俳句

    2019.10.18 放送

    作者:川崎真樹子(東京都)

    「たまさか」とは、思いがけず、偶然に、という意味です。私たちはたまたま、この地球という星に生まれました。地球は水の星。ゆたかな自然が、私たちの命を生かしています。秋刀魚を焼いて食べるのも、この地球に生まれたからこそ。私たちの人生の、生活の象徴として、秋刀魚が今、香ばしく焼けてゆきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 安産や 懇ろに焼く 初秋刀魚

    今日の俳句

    2019.10.17 放送

    作者:河本俊子(松山市)

    初秋刀魚とは、この秋はじめてとれた秋刀魚です。初物は縁起がよく、寿命も伸ばすといわれてきました。もうすぐ生まれてくる子のために、栄養をとるべく、初物の秋刀魚を買ってきました。安産でありますように。秋刀魚を焼く日常の一コマにも、新しい命への祈りがこもります。心をこめて焼いた秋刀魚は、ふっくらとやわらかく仕上がったでしょう。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 星占いはずれ 秋刀魚の腸を食ぶ

    今日の俳句

    2019.10.16 放送

    作者:みやこわすれ(愛知県)

    朝のニュースでは、今日の運勢を教えてくれる、占いのコーナーが人気ですね。一日を過ごしてきて、夕飯に秋刀魚をつつきながら、心の中で占いの答え合わせをしているのです。今日は運勢がよかったはずなのに、いまいちパッとしなかったなあ……。秋刀魚の腸(わた)のように、人生もまた、ほろ苦く、だからこそ味わい深いのかもしれません。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 秋刀魚焼くときは 演歌を口遊む

    今日の俳句

    2019.10.15 放送

    作者:山下ようこ(松山市)

    秋刀魚が焼けるまで、火加減を見ながら口ずさむのに、ぴったりの音楽はなんだと思いますか。 J―POP? 洋楽? いえいえ、やっぱり演歌でしょう。漁師の歌もよし、恋の歌もよし。演歌には、人生の喜怒哀楽が詰まっています。日本の暮らしとともにあり続けてきた秋刀魚と演歌を、生活の風景にさりげなくカップリングした、自然体の一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 刀工の如く 秋刀魚を七輪へ

    今日の俳句

    2019.10.14 放送

    作者:松山帖句(松山市)

    秋刀魚は秋の味覚を代表する魚で、かたちも色も刀に似ていることから、秋の刀の魚と書きます。炭火をおこした七輪へ秋刀魚をのせるときの真剣なまなざしを、まるで刀を作る刀工のようだと見立てました。銀色の鋭い光を放つ秋刀魚の新鮮さが際立ちます。職人のこだわりをもってすれば、きっとおいしい秋刀魚が焼きあがることでしょう。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2019年10月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 焼秋刀魚労ふやうに柚子絞る

    作者:栗田修次

  • 芥川の『地獄変』ふと秋刀魚焼く

    作者:藤田康子

  • 秋刀魚焼く匂ひやいつか去る地球

    作者:奈良香里

  • 本棚にコクトー詩集秋刀魚焼く

    作者:砂山恵子

  • 緋だすきの備前の皿に秋刀魚かな

    作者:加島一善

  • 喪服脱ぎもうもうと焼く初秋刀魚

    作者:直木葉子

  • 秋刀魚焼くバランスボールに猫がおる

    作者:五月闇

  • 饒舌な夫婦脂の乗る秋刀魚

    作者:宍野宏治

  • 秋刀魚の背裂けて根拠の無い自信

    作者:古勝敦子

  • 秋刀魚焼く星降るといふ町に住み

    作者:竹本桂子

  • 秋刀魚焼く空には星の二つ三つ

    作者:佐藤めぐみ

  • どつかりと遺愛の七輪初さんま

    作者:三泊みなと

  • まぶしかりけり秋刀魚もひかがみも

    作者:向井桐華

  • 秋刀魚の目きらきらとして焼かれけり

    作者:室達朗

  • 男性の料理教室秋刀魚焼く

    作者:瀬戸薫

  • あの皿の出番出番と秋刀魚焼く

    作者:松本伴子

  • お座敷の大皿に居る秋刀魚の目

    作者:中矢良宗

  • 腹割りて本音言ひ合ひ秋刀魚食ふ

    作者:佐藤めぐみ

  • 喧嘩して秋刀魚を焼いて仲直り

    作者:ブラックにゃんこ

  • バゲットにはさむ秋刀魚や昼深し

    作者:中島容子

  • 秋刀魚焼くけふの終わりの近きこと

    作者:城内幸江

  • 単身の我がレジ袋秋刀魚の香

    作者:比良山

  • 口元の黄色き秋刀魚選びたり

    作者:酒井順(俳号ペケポン)

  • 骨だけの秋刀魚しずかに酌み交わす

    作者:斎乃雪

  • 我先に生簀へ秋刀魚どばばばば

    作者:南方日午

  • 読書中秋刀魚の香に手を止める

    作者:津野 久美

  • 冷たさや包丁も秋刀魚の臓も

    作者:綱長井ハツオ

  • 秋刀魚刺し食い蘇る大船渡

    作者:彩加

  • 「パタパタ」と秋刀魚焼く父今は亡き

    作者:快飛

  • 秋刀魚焼く煙のあいだの猫の影

    作者:門田昌平

  • 網焼きの秋刀魚がおどる横に猫

    作者:岸明美

  • 秋刀魚焼く猫は爪研ぐ夕餉かな

    作者:渡部茂由子

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop