視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2022年8月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2022年8月の季語(お題)は
夕焼 です
  • 寅さんも 眺めたか 双海の夕焼

    今日の俳句

    2022.08.12 放送

    作者:名智満(松山市)

    山田洋次監督の映画『男はつらいよ』の第19作『寅次郎と殿様』は、愛媛県大洲市が舞台です。渥美清演じる寅さんが、冒頭で夢から覚めた場所は、双海の下灘駅でした。双海は夕焼けの美しさで知られています。その場面は夕方ではありませんでしたが、寅さんが双海の夕焼けを見たら、さて何と言ったでしょうね。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 樹の骸流れる ガンジスの夕焼

    今日の俳句

    2022.08.11 放送

    作者:桑島幹(千葉県)

    ガンジス川はインドを流れる大河で、古代より、聖なる河として信仰されてきました。人々は川で沐浴をして体を浄め、死後の骨も流します。上流から流れてきた樹も、「骸」と呼ぶことで、ひとつの命となってガンジスに抱かれます。圧倒的で、どこかなつかしい、壮大な夕焼けです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 指ずもう 夕焼を待つ 美術室

    今日の俳句

    2022.08.10 放送

    作者:南あん(和歌山県)

    美術室で、指相撲をしながら、夕焼けが訪れるのを待っています。美術部の仲間と、美しい夕焼けを見よう、絵に描こうと約束しているのでしょう。何をするでもなく、指相撲をして遊んだりする、青春の時間。このあと、きっと素晴らしい夕焼けがあふれ、彼らの忘れられない記憶のひとかけらとなるはずです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 拭きあげて ゆやけに潤む 馬の胴

    今日の俳句

    2022.08.09 放送

    作者:綾竹あんどれ(東京都)

    夕焼けは「ゆやけ」とも読みます。炎天下で働いた馬を洗ってやり、泥や汗を流したのでしょう。濡れた体をていねいに拭き上げれば、毛並みはつやつやと夕焼けに輝きます。その濡れた質感を「ゆやけに潤む」とポエティックに表現しました。一日の終わり、馬の胴の存在感が、ぐいっと眼前に迫ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 夕焼の フェリーに啜る かけうどん

    今日の俳句

    2022.08.08 放送

    作者:松田夜市(松前町)

    夕方になると、空が真っ赤に染まる夕焼け。一年を通して見られる天体現象ですが、夏は特にあざやかで壮大なことから、夏の季語となっています。夕暮れ、移動のために乗ったフェリーで、小腹を満たすため、かけうどんを啜ります。窓の外には夕焼けの海。人生の時間が、ゆたかに流れています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2022年8月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 夕焼はせうゆの匂ひ酢の匂ひ

    作者:秋本哲

  • 空っぽの幼稚園バス大夕焼

    作者:星月さやか

  • 半額の惣菜夕焼の自転車

    作者:西田真己

  • カヌー駆り夕焼の橋を今くぐる

    作者:石浜西夏

  • ヒト以上にんげん未満大夕焼

    作者:げばげば

  • 応仁の乱のにほひや大夕焼

    作者:砂山恵子

  • さよならはちひさきこぶねゆふやけて

    作者:藤田ゆきまち

  • 夕焼けの向こうに戦止まぬ国

    作者:石野桂子

  • 母を待つ子や夕焼の保育園

    作者:神野睦子

  • 夕焼を返す炒飯翻す

    作者:ギル

  • 夕焼に見とれ焦がした生姜焼き

    作者:藤本加奈子

  • 円陣の影を豊かに夕焼ける

    作者:ぐ

  • 妣の名と同じ町の名夕焼くる

    作者:阿伽羅

  • 路地の子と分けるマントウ夕焼空

    作者:音羽凜

  • 窓という窓夕焼をはねかえす

    作者:キートスばんじょうし

  • 夕焼けが綺麗で離婚届仕舞う

    作者:イサク

  • 夕焼けて真珠筏の海たひら

    作者:武井日出子

  • 夕焼や発酵終へしピザの生地

    作者:柚木みゆき

  • 夕焼けの市場や魚函洗ふ音

    作者:主藤充子

  • 鉋引く大夕焼を捲りつつ

    作者:椋本望生

  • 夕焼や三津浜焼きのそばダブル

    作者:杉野圭志

  • 夕焼つて世界の終わる色たぶん

    作者:正念亭若知古

  • 農夫なきチェルノーゼムの大夕焼

    作者:西村青夏

  • ゆふやけに右手なめらか手話きれい

    作者:村瀬ふみや

  • 大夕焼目が合うように写真置く

    作者:三好眞喜子

  • 突堤の先に全き大夕焼

    作者:このみ杏仁

  • 絵日記の絵だけ終わった大夕焼

    作者:うさの

  • 夕焼や男ひたすら浜に立つ

    作者:岩渕晃三

  • 玄関の鍵が見つからない夕焼

    作者:さくら悠日

  • 口角を上げて海見る大夕焼け

    作者:岡野未由子

  • 地球儀の海禍々し大夕焼

    作者:すいよう

  • 麻酔から覚めたるベッド夕焼雲

    作者:伊賀上公子

  • 夕焼へ砕けた恋を焚べている

    作者:中島容子

  • 夕焼を零さぬやうにウエイター

    作者:藤雪陽

  • 夕焼やジャングルジムの上で待つ

    作者:竹内一二

  • 夕焼けて砂場に二つ泥団子

    作者:ピアニシモ

  • 逆上がりくるん大夕焼ぐるん

    作者:でんでん琴女

  • 大夕焼け今日の戦死者告ぐテレビ

    作者:ダック

  • 親指のきかぬカメラマンの夕焼け

    作者:たわらご 小島里世

  • 夕焼に延びるや担々麺の列

    作者:木染湧水

  • 夕焼とジャムパン残業抜け出して

    作者:老人日記

  • 夕焼けの空へ野良着を並べ干す

    作者:井上定男

  • 浜は夕焼髪濡らすシヤワーの子

    作者:室達朗

  • 新旅券の何処にも富士や大夕焼

    作者:南方日午

  • 炊き出しの牛すじカレー夕焼中

    作者:小池令香

  • 夕焼に溶けゆく句碑や海しづか

    作者:山内佑資

  • 夕焼けのコロッケ一個三十円

    作者:立部笑子

  • 島々を焦がして瀬戸の夕焼かな

    作者:加島一善

  • 夕焼けや和霊の杜の大鳥居

    作者:岡野昇

  • 斐伊川のおろち血染めの大夕焼

    作者:吉野敬子

  • 床上げし夕焼色の絵の具買ふ

    作者:新濃健

  • 夕焼や地球岬へ向かうバス

    作者:みやこわすれ

  • 夕焼や坊ちゃん電車走る街

    作者:宍野宏治

  • 夕焼が離れぬと子の言ひに来る

    作者:松山りさ

  • 親指の皮剥け夕焼の鉄棒

    作者:織部なつめ

  • ふた桁のコールドゲーム大夕焼

    作者:竹本桂子

  • ナイロビの燃ゆる草原大夕焼

    作者:風花美絵

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop