視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2020年12月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2020年12月の季語(お題)は
おでん です
  • さよなら三角 またきて四角 おでん食ぶ

    今日の俳句

    2020.12.18 放送

    作者:武井日出子(松山市)

    「さよなら三角またきて四角」、なつかしい言葉遊びをつぶやきながら、おでんを食べています。そういえば、おでんの中には、こんにゃくやはんぺんなど、三角や四角のかたちをした種がたくさん。「さよなら」とつぶやいた少し寂しい気持ちを、おでんがあたたかく癒やしてくれます。つい口ずさみたくなる、心にしみる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 仕事終え おでん屋台で 待つ電車

    今日の俳句

    2020.12.17 放送

    作者:北村達也(松山市)

    仕事を終え駅へ向かうと、ちょうど電車が出たところ。地方都市では本数も少ないので、次の電車が来るまで数十分あります。そんなときには、駅前のおでん屋台をのぞきます。おでん屋も、時間をつぶす需要を見込んで、駅前に陣取っているのでしょう。さてさて、飲み過ぎて、もう一本、乗り損ねてしまわないように。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 完売の 学園祭の おでんかな

    今日の俳句

    2020.12.16 放送

    作者:宍野 宏治(松山市)

    学園祭ではよく、クラスごとに屋台を担当します。たこ焼き、綿菓子、フランクフルト。その中で、おでんが完売したのです。お客さんで賑わった学園祭だったのでしょう。もしかしたら、少し肌寒い日だったのかもしれません。家庭や居酒屋の印象が強いおでんを、ユニークな場所に見つけ、若々しく詠みました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • おでん屋を 出れば真っ暗 深山星

    今日の俳句

    2020.12.15 放送

    作者:岩渕晃三(松山市)

    夕方、軽く飲もうと、おでん屋に立ち寄ります。あたたまるひとときを過ごし、会計を済ませて出れば、外は真っ暗。いつの間に、時間が経ったのでしょう。夜空には美しい山のシルエットが浮き上がり、その上には冴えざえと、冬の星が輝いています。人間の営みを包む、自然の懐の深さを思います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 真向ひに海 コンビニのおでん旗

    今日の俳句

    2020.12.14 放送

    作者:みなと(北海道)

    冬が近づくと売り出すコンビニのおでんも、今では定番となりました。全国津々浦々、真向かいが海という立地のコンビニでも、おでん販売を知らせる幟が立っています。冬の荒い海風が吹いてきたら、おでん旗は、激しくはためくのでしょう。眼前に広がる海の寒さは、おでんが冬の季語だということを思い出させます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2020年12月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • レンチンのおでんがんもがまだぬるい

    作者:北藤詩旦

  • なみなみとあご出汁注ぐおでんかな

    作者:向井桐華

  • 初めてのおでん弁当スープジャー

    作者:井下敏

  • 避難所の冷え切った床おでん食う

    作者:松井くろ

  • 「むかしはよき」誰か必ず言ふおでん

    作者:砂山恵子

  • お勘定おでんの串を数へけり

    作者:土居信勝

  • おでん味噌鼻先に付け土曜果つ

    作者:山内佑資

  • 残業に近づくおでん屋台の笛

    作者:河本俊子

  • ちくわぶのくたくた老いらくのおでん

    作者:直木葉子

  • 星の夜のおでんの匂ひ残る部屋

    作者:藤尾裕子

  • もう一度嫁ぐ娘とおでん酒

    作者:松田夜市

  • おでん屋の隅の一席発句の座

    作者:吉野敬子

  • おでん鍋句座となりゐて煮詰まりぬ

    作者:竹本桂子

  • 模試のことなどそつとしておきおでん

    作者:佳山

  • 雪を来し人の饒舌おでん酒

    作者:ハードエッジ

  • 投票の行方見守りつつおでん

    作者:奈良香里

  • 順番はおのづと決まりおでん食ぶ

    作者:三好眞喜子

  • 青年ら街を議論すおでん酒

    作者:伊丹妙子

  • 嫁ぐ子の未来明るきおでん鍋

    作者:ゆすらご

  • 信長の野望おでんを煮て食らう

    作者:友健

  • おでんパーティー留学生のわらわらと

    作者:中島容子

  • 蛸色に染まるはんぺんおでんの夜

    作者:うさの

  • ラジオから山口百恵おでん煮る

    作者:藤田ゆきまち

  • 生かされている一皿におでん盛り

    作者:漢宗

  • おでんかやごちそうやねと迷ひ箸

    作者:越智敦子

  • おでん鍋ほっこりと窓曇りけり

    作者:そまり

  • シャンソンを口遊みつつ煮るおでん

    作者:伊賀上公子

  • おでん屋の親爺は無口二番町

    作者:安井圭子

  • 割り勘や気を使ひたるおでんの具

    作者:室達朗

  • 蒟蒻にこだはりのあるおでんかな

    作者:神野睦子

  • 吾子三人溢れんばかりにおでん炊く

    作者:佐藤めぐみ

  • 薄味のおでんに合いし母の味噌

    作者:たわらご 堀川絵奈

  • マスクしておでんふぅふぅ冷ます子ら

    作者:藤本可奈子

  • 残業の〆はおでんと決めてをり

    作者:阿曽宏之

  • 儀式めく姉とおでんを分け合つて

    作者:南方日午

  • 魚拓に蘊蓄おでんにコップ酒

    作者:栗田修次

  • はなまるの答案囲みおでん食ぶ

    作者:じゃすみん

  • ため息の数だけ味の良きおでん

    作者:ぐ

  • とりあえずビールとおでん盛り合わせ

    作者:洒落神戸

  • 週末はおでんと決まる妻の留守

    作者:渡部茂由子

  • おでん煮て庭掃除終へよき日なり

    作者:水崎寿美

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop