視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2023年3月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2023年3月の季語(お題)は
です
  • ポストに蝶 あした天気になあれ

    今日の俳句

    2023.03.24 放送

    作者:水アスミ(宇和島)

    郵便ポストに蝶が来ました。赤いポストに蝶の光がまぶしくこぼれ、春をほがらかに彩ります。ポストは手紙を投函する場所です。その手紙が届く未来を思うとき、自然と、「あした天気になあれ」というつぶやきが生まれました。かろやかな蝶に力をもらって、明日に希望を託します。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 白蝶や 妻の柩の 野の花に

    今日の俳句

    2023.03.23 放送

    作者:加藤 宜立(栃木)

    亡くなった妻が、今、柩に眠っています。野の花が似合う素朴な人だったのでしょう。彼女に捧げるために摘んだ野の花を、柩にそっと収めると、白い蝶が寄ってきました。花の咲く野原で微笑んでいた、在りし日の妻を思えば、胸が苦しく締(し)めつけられます。蝶の白さが、清らかに、妻の旅路を導きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • たましひや 焦土の蝶に ふれむとす

    今日の俳句

    2023.03.22 放送

    作者:杉野圭志(松山)

    爆撃を受けた戦地でしょうか。何もかも壊され、黒々と焼けた焦土を、蝶が飛んでいます。どこから生まれてきたのでしょう。喪失の上にひらめく、命の光。体を離れた魂が、その奇跡の蝶に触れようと、透明に輝きます。魂がやすらかに眠り、蝶や人々がすこやかに憩える大地が、再生することを祈ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 天秤の 右に正しさ 左に蝶

    今日の俳句

    2023.03.21 放送

    作者:武智しのぶ(埼玉)

    二つのものの重さをはかる天秤の、右側に正しさを載せました。そして左側には、蝶。蝶は一見、ふわりと飛んでゆきそうですが、さて、正しさと蝶の命、どちらが重たいのでしょう。ゆきすぎた正義は、他者を排斥することもあります。蝶の軽やかさが、複雑な世界のバランスを、危うく保っています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 蝶々や 郡中線 ひょいとかわす

    今日の俳句

    2023.03.20 放送

    作者:山内貞市(松山)

    郡中線は、松山市駅から伊予市の郡中港をつなぐ、伊予鉄道の路線です。重信川を越えると広がる田園風景。沿線の菜の花に遊んでいた蝶たちへ、電車が近づきます。ぶつかるかと思いきや、ひょいと軽やかに、蝶は電車をかわしました。ほがらかな春の風景です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ビー玉に 初蝶を今 捕まえる

    今日の俳句

    2023.03.17 放送

    作者:堀川絵奈(西予)

    その春はじめて見かける蝶を、特に「初蝶」と呼びます。ふと舞い出てきた蝶に、手もとにあったビー玉をかざしました。ビー玉の丸い光の向こうに、飛ぶ蝶が透けて見えます。小さなビー玉のうちに初蝶を捕まえた一瞬を、心の高鳴りそのままに言いとめました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 青空に 隠る場所無し 蝶の恋

    今日の俳句

    2023.03.16 放送

    作者:ダック(埼玉)

    春は生きものたちの恋の季節です。季語にも、猫の恋、鳥の恋、そして蝶の恋があります。蝶もまた、ひとたび生まれれば、子孫を残すために恋をします。青空はどこまでも開放的で、蝶たちの恋は、何に隠されることもありません。堂々と生を謳歌する蝶の恋を、人間はまぶしく見やります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ピノキオの 伸びた鼻先 てふてふ来

    今日の俳句

    2023.03.15 放送

    作者:柚木みゆき(和歌山)

    童話の主人公・ピノキオは、命を与えられた木の人形です。よく嘘をつくので、そのたび、戒めに鼻が伸びてしまいます。嘘をついて伸びたピノキオの鼻先に、蝶がやって来ました。蝶の止まり木となれるなら、嘘も悪いことばかりではありませんね。謝って鼻が戻れば、蝶も青空へ飛び立つでしょう。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 蝶の羽 かんな削りて 未だ薄く

    今日の俳句

    2023.03.14 放送

    作者:村上幸三(新居浜)

    かんなは、材木の表面を加工する道具です。木をかんなで削ると、その皮がするすると薄く剥けます。そのかんなで削った木より、蝶の羽はもっと薄いのだと比べました。日に透けて輝く、蝶の羽の繊細な造型。人間の生活と交差する、蝶の美しさをとらえました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ひりひりと 光に濡れて 蝶生る

    今日の俳句

    2023.03.13 放送

    作者:綾竹あんどれ(東京)

    春になると、羽化した蝶たちが、あたたかな風の中を舞いはじめます。中でも「蝶生まる」という季語は、羽化したばかりのういういしさ、命の尊さを感じさせます。さなぎを出たばかりの蝶は濡れて、光すらひりひりと感じるのかもしれません。むきだしの命に、はじまったばかりの春がうずき出します。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2023年3月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 菜を洗ふ手押しポンプや蝶の昼

    作者:すずしろゆき

  • 初蝶やエコー写真のここが顔

    作者:友健

  • まだ蝶を追うのゾンビになった君

    作者:葉村直

  • アフロヘアーひとまはりして蝶のゆく

    作者:へなけん

  • 水軍の鎧や蝶は笑わない

    作者:西田真己

  • 望遠鏡蝶に譲りて望む富士

    作者:町田勢

  • 蝶の方見てる集合写真かな

    作者:イサク

  • 蝶は日を零しつつ日に毀れつつ

    作者:いかちゃん

  • もう会社辞めたいほらね蝶がきた

    作者:杏乃みずな

  • 線量を測る公園蝶しずか

    作者:松井くろ

  • 初蝶来海は寂しくないかと来

    作者:じゃすみん

  • 妊娠の予感果実に紋黄蝶

    作者:おこそとの

  • ゆふ風に檸檬の色の初蝶来

    作者:巴里乃嬬

  • 蝶ゆびに止まれば学校行けるかな

    作者:石浜西夏

  • 蝶すこし浮かせたるらし子の寝息

    作者:平良嘉列乙

  • 淋しさはひかりのかたち初蝶来

    作者:みやこわすれ

  • 蝶と蝶からまりながらクレープ屋

    作者:香田ちり

  • 胡蝶となら秒速五センチで飛べる

    作者:桑島幹

  • 眠たげな土曜のマフィン蝶の昼

    作者:近江菫花

  • フルートの息の小刻み蝶の昼

    作者:武井日出子

  • 初蝶来ジャングルジムは冷たい黄

    作者:七瀬ゆきこ

  • 蝶飛んでタイムパラドックスの磁場

    作者:木野桂樹

  • 青空の重さを飛んで蝶やすむ

    作者:吉野敬子

  • 触れたるは地球の素肌蝶の恋

    作者:秋本 哲

  • こっぴどくフラれた蝶すらよってこない

    作者:世良日守

  • 神の山越え来し蝶のむつみあふ

    作者:春海のたり

  • チョーク投げられたら蝶を見失ふ

    作者:加良太知

  • 花びらの震ふや蝶の重さ分

    作者:岸来夢

  • レッスンのみちくさ蝶と目が合って

    作者:このみ杏仁

  • 凭せたるバットに蝶の羽休む

    作者:遠藤玲奈

  • 少年を逃れて白き蝶われへ

    作者:おきいふ

  • 初蝶来廃校の日の近づきぬ

    作者:ピアニシモ

  • もつれ翔ぶ蝶や仔牛は乳を飲む

    作者:みらんだぶぅ

  • まどみちお口ずさむ子へ蝶ふわり

    作者:とまや

  • 蝶生まる学校遅刻した理由

    作者:さくら悠日

  • 緞帳があがり百万頭の蝶

    作者:砂山恵子

  • てふてふやこの真珠はきみの骨

    作者:夏雨ちや

  • 一輪に日を通はせて蝶を待つ

    作者:野畑明子

  • 新しき表札の文字白蝶来

    作者:小川さゆみ

  • 算数のテスト紋白蝶の羽化

    作者:栗田 すずさん

  • 蝶々を飛ばせてここが水の星

    作者:そまり

  • 牛の尾をひょいと紋白蝶かわす

    作者:栗田修次

  • 蝶と蝶けしてぶつからない人は

    作者:藤雪陽

  • キャンディーを色で選んで昼の蝶

    作者:城内幸江

  • 蝶ふはりふはりペンキの匂ふ家

    作者:染井つぐみ

  • 菜の葉の上蝶に階ある如く

    作者:野口雅也

  • 白蝶の触角震う展翅板

    作者:中村彰正

  • 四万十の蝶が潜りし沈下橋

    作者:十亀剛一

  • 蝶生る仁淀の川の碧さかな

    作者:織部なつめ

  • 吟行や古地図の上を紋白蝶

    作者:吉田みち子

  • 帝の剣眠る椿山蝶生まる

    作者:酒井じゆん太

  • 就活の試着室より蝶生る

    作者:竹本桂子

  • 校庭へプリマのやうに初蝶来

    作者:南方日午

  • 接吻の途中に蝶を見失ふ

    作者:青田奈央

  • 金色の蝶パンドラの匣の底

    作者:藤尾裕子

  • フランス語しゃべるみたいに紋黄蝶

    作者:村瀬ふみや

  • 花柄や俺も蝶々かもしれぬ

    作者:大黒とむとむ

  • 蝶々の夢ばかりなる二度寝かな

    作者:木村蝸牛

  • 春の蝶イグアノドンの顔の前

    作者:キートスばんじょうし

  • あゝ我は機械となりぬ蝶の昼

    作者:げばげば

  • 初蝶来折しも句帳新しき

    作者:そまり

  • 初咲のきゅうりの花に初蝶来

    作者:亀田かつおぶし

  • 鮎釣りの糸にまつはる蝶々かな

    作者:河上輝久

  • 小指立てつまむ焼菓子蝶の昼

    作者:澤田紫

  • 青虫は蝶に子供は学生に

    作者:じゅうめい

  • 豆柴の追ひかけまわす蝶の影

    作者:加島一善

  • 砲弾に倒れし兵士蝶低く

    作者:老人日記

  • 国境も諍いも無き蝶々かな

    作者:伊賀上公子

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop