視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2021年2月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2021年2月の季語(お題)は
です
  • 鶯や 肥料袋を 鎌で切る

    今日の俳句

    2021.02.12 放送

    作者:松山帖句(松山市)

    畑での農作業の風景です。肥料の入った袋を開けるのに、そばにあった鎌を使って切り裂きました。あるもので済ませながら、てきぱきと作業を進めてゆく、慣れた手つきがあざやかですね。聞こえてくるのは鶯の声。振り返れば空は青く、山は芽吹き、春の里山のほがらかな風景が広がります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 味噌蔵の 神棚高き 初音かな

    今日の俳句

    2021.02.11 放送

    作者:ぐ(神奈川県)

    大きな味噌樽の鎮座する蔵は、天井が高く、そのぶん神棚も高いところにあるのでしょう。あるとき、味噌蔵の中まで、今年はじめての鶯の声が聞こえてきました。蔵の神様も、初音を聞いて、にっこり喜んだかもしれません。暗く静かな蔵の中を対比させたことで、鶯の命の明るさが引き立ちました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 鶯の 声で眼鏡を かけ直し

    今日の俳句

    2021.02.10 放送

    作者:徳山千帆(西予市)

    ホーホケキョ、鶯の声が聞こえてきました。ハッと視線をあげて窓の外を見れば、世界はもう春。もうそんな季節かとしみじみ眼鏡をかけ直した、無意識の行動を俳句にすくい上げました。さりげない日常の場面にも、季節は平等にめぐってきます。かけ直した眼鏡に、やわらかな春の光があふれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 鶯や 父のデイサービス初日

    今日の俳句

    2021.02.09 放送

    作者:かつたろー。(広島県)

    年を重ね、デイサービスに通うことになった父。施設まで送る途中、どこからか、鶯の鳴き声が聞こえてきました。その明るさは、踏み出した新たな一歩を応援してくれているよう。父と私の緊張も、ふっとほぐれます。どうか来年も、その次の春も、まだまだ元気で、一緒に鶯の声を聞けますように。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 松山城 初音聞きたし リフト乗る

    今日の俳句

    2021.02.08 放送

    作者:岩渕晃三(松山市)

    その年はじめて聞く鶯の声を「初音」といいます。鶯の別名は春告げ鳥。初音を聞くと春が来たことを実感します。松山城は、天守閣へ登るのに、ロープウェイとリフトが用意されています。そろそろ初音のころだからと、さえぎるもののないリフトを選びました。春や昔、十五万石のお城下で、新しい春を探す、小さな旅です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2021年2月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • うぐひすやうどん屋の子のおてつだい

    作者:午餉

  • うぐひすや棟梁の好きなビスケット

    作者:杉野祐子

  • 鶯や北山杉は真っ直ぐに

    作者:阿曽宏之

  • 鶯や今ならスプーン曲がるかも

    作者:桑島幹

  • 鶯やすいとローラースケーター

    作者:宍野宏治

  • 鶯やお辞儀の深いセールスマン

    作者:城内幸江

  • うぐひすに小枝よろこぶ日和かな

    作者:藤尾裕子

  • 月山の雲よ鶯飛ぶかたち

    作者:じゃすみん

  • 岬まで潮の香りと鶯と

    作者:河本俊子

  • うぐいすや四等当たる宝くじ

    作者:中島容子

  • うぐひすや両手で開く母子手帳

    作者:砂山恵子

  • 鶯や白紙のままに出すテスト

    作者:根本葉音

  • 鶯やリボン結びを覚えし子

    作者:北藤詩旦

  • カフェラテやうぐひす砂糖ひとつ分

    作者:南方日午

  • 鶯や登校列に寝癖の子

    作者:山内佑資

  • 鶯やお下がりの服喜ぶ子

    作者:伊丹妙子

  • うぐいすの初音流れり石手川

    作者:土居信勝

  • うぐひすや終日海に光射す

    作者:みなと

  • 流鶯や坂を下れば道後の湯

    作者:曽我浩之

  • 籠り居の窓といふ窓うぐひす来

    作者:竹本桂子

  • 立ち止まり立ちどまり聞く初音かな

    作者:たわらご 小濱節子

  • 鶯の電解質のやうな声

    作者:奈良香里

  • 忘却曲線のやうな初音して

    作者:椋本望生

  • 鶯や薄荷キャンディ舌に溶け

    作者:紗智

  • 鶯や両手に受くる石清水

    作者:伊賀上公子

  • 漢字よりひらがな似合ふうぐひすよ

    作者:室達朗

  • ドクターヘリの広場初音のたつたいま

    作者:三好眞喜子

  • 匂鳥出作り小屋の煙起ち

    作者:中村眞喜男

  • 鶯や我が家に赤ちゃん一人来る

    作者:風花まゆみ

  • 鶯や竹の楊子で切る和菓子

    作者:藤田ゆきまち

  • 鶯や四代続く菓子司

    作者:吉野敬子

  • 校章はさくらのかたち鶯来

    作者:板柿せっか

  • 分校の朝鶯は青空へ

    作者:みやこわすれ

  • 鶯の鳴く学校に学びけり

    作者:神野睦子

  • 呑み込まん鶯餅の色の嘘

    作者:水本孝<俳号:佐田岬朴風>

  • 浄土寺の鶯渡る青き空

    作者:安井圭子

  • うぐいすの鳴いて浮雲書店まで

    作者:栗田修次

  • 鶯や茶屋の朱塗りの汁粉椀

    作者:紅さやか

  • 鶯や古希となりたる手配犯

    作者:霞山旅

  • 鶯や和紙に記憶の木の匂ひ

    作者:いかちゃん

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop