視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2020年3月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2020年3月の季語(お題)は
椿 です
  • 椿咲く 金婚の日の 夫婦箸

    今日の俳句

    2020.03.13 放送

    作者:伊賀上公子(松山市)

    結婚して五十年目を祝う金婚の日。見慣れた庭にも春が来て椿が咲き、食卓にはいつもの夫婦箸が並びます。椿の赤に、金婚の金。色彩もなんだかめでたいですね。積み重ねてきた日々の確かさを寿ぐように、椿が真っ赤な花を咲かせます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 椿あかるし ベテルギウスは暗し

    今日の俳句

    2020.03.12 放送

    作者:北藤詩旦(北海道)

    べテルギウスは冬の大三角の一つ、オリオン座の一等星です。ところが、昨年末から今年にかけて、その光の減少が観測されています。椿を「あかるし」、べテルギウスを「暗し」と対句仕立てにすることで、逆に椿という花のもつほの暗さや、べテルギウスが本来もつ明るさが引き出されました。大地と星空が、闇の奥で呼応する一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 咲き充ちて 幹の冷たき 椿かな

    今日の俳句

    2020.03.11 放送

    作者:中矢長宗(松山市)

    赤という色はあたたかさと結びつきやすい色です。しかし、作者は赤い花を咲かせる椿の、幹の冷たさに着目しました。椿の咲く春のはじめはまだまだ風も冷たく、ぎっしり茂った葉の奥まではなかなか日差しも届きません。絢爛に咲き充ちた椿の奥に立つ、冷たい幹。その存在に気づいたとき、椿の美しさにさらに、凄みが加わります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 床の間の椿 陰膳置く上座

    今日の俳句

    2020.03.10 放送

    作者:二宮香織(松山市)

    陰膳とは、通夜や法事の席で、亡くなった人へ供えるお膳のこと。無事に極楽浄土へゆき、往生できるよう祈願する風習です。床の間に活けてあるのは椿。赤い花びらのほの暗さが、大事な人を喪った悲しみの深さや、癒えない傷の生々しさを物語ります。椿は、華やかな席だけでなく、悲しみの一場面にも、そっと寄り添ってくれる花なのです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 旅先の 湯籠に拾う 椿かな

    今日の俳句

    2020.03.09 放送

    作者:藤本ちどり(今治市)

    「椿」は松山の市の花ですから、この旅先はやはり道後温泉でしょうか。浴衣姿で湯籠を提げて散策中、ふと椿の花が落ちているのを見つけました。その美しさに思わず拾い上げ、ひょいと湯籠に入れます。さりげない道端の椿に気がつくのも、旅先で心がほぐれたから。「疲れたら、愛媛」。道後温泉らしいフォトジェニックな一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2020年3月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 椿咲く伊予水軍の砦跡

    作者:佐藤めぐみ

  • 椿落ちステンドグラス光差す

    作者:海の森

  • 落椿耳にあてれば風の音

    作者:奈良香里

  • 旧道は風の抜け道藪椿

    作者:宍野宏治

  • 鳥ごゑのけさのまぶしさ富久椿

    作者:岩渕晃三

  • 椿つばきお遍路さんと小径ゆく

    作者:水ア寿美

  • 跳ね返るほどまつすぐに椿落つ

    作者:松田夜市

  • 落椿ただ明るさを抱きをる

    作者:砂山恵子

  • 鳥空へ椿地に降る訣れかな

    作者:河本俊子

  • 砥部焼の厚みふっくり白椿

    作者:竹本桂子

  • 椿満つ友の指差す地震雲

    作者:直木葉子

  • 最期まで祖母は祖母なり椿落つ

    作者:森永侑樹

  • 火星接近椿の実爆ぜにけり

    作者:室達朗

  • 失恋の片手に重し八重椿

    作者:加島一善

  • こらへてもこらへてもこの落椿

    作者:ハードエッジ

  • をちこちに稲荷神社や白椿

    作者:洒落神戸

  • 叱られし子が拾ひ行く落椿

    作者:越智敦子

  • 甘噛みの子犬の鼻や藪椿

    作者:薦田明

  • 藪椿落ちて人魚の赤子生る

    作者:松山帖句

  • 石鎚山や水をたあんと白椿

    作者:栗田修次

  • 定年の背やめらめらと紅椿

    作者:山内佑資

  • 山羊の名はノンとビリーさ島椿

    作者:みやこわすれ

  • 試し焚きするフラッシュや白椿

    作者:南方日午

  • 少年のつばさは硬し白椿

    作者:じゃすみん

  • 耳朶のような椿の重みかな

    作者:綱長井ハツオ

  • 懸案のヒントを拾ふ落椿

    作者:ゆすらご

  • 椿落つ昭和のスター相次いで

    作者:毛利久亮

  • 椿咲く岬を訪へば句碑二つ

    作者:土居信勝

  • 抜け道の囁く紅き椿かな

    作者:三好眞喜子

  • 参道に異国の文字や紅椿

    作者:向井桐華

  • 判決の白き響きや椿落つ

    作者:児玉リツ子

  • 私から挨拶をして白椿

    作者:城内幸江

  • 父もさうわたしも頑固白椿

    作者:藤田康子

  • 紅椿浮きてかほりて露天風呂

    作者:藤岡美紀

  • 伊予の国椿まつりで福はじめ

    作者:藤堂広太

  • 葉の奥にぽつと一輪赤椿

    作者:曽我浩之

  • 吹く風に耐えて謙虚に咲く椿

    作者:井下敏

  • 落椿軌道の先に地球あり

    作者:平地草

  • 椿落ち椿だったと確定す

    作者:うさの

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop