視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2021年9月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2021年9月の季語(お題)は
いわし雲 です
  • 祖父の牛 名は菊という 鰯雲

    今日の俳句

    2021.09.17 放送

    作者:徳山千帆(西予市)

    祖父が自分の育てる牛につけたのは、「菊」という名前でした。日本的でゆかしい名前を与えられた菊は、穏やかでゆったりした牛になったでしょうか。鰯雲の季節は、野山に菊が咲くころです。その名にふさわしい秋の風景の中で、菊は堂々と草を食べています。牛を育ててきた祖父の、静かな愛に満ちた一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 洗車機を抜けて 鰯雲の夕べ

    今日の俳句

    2021.09.16 放送

    作者:柚木みゆき(和歌山県)

    洗車の前に見上げた空には、鰯雲が広がっていました。その白さが、洗車機の中で窓越しに見る泡の白さにつながります。洗車機を抜けて、もう一度現れた鰯雲は、今度は茜色に染まりかけていました。秋の夕陽は、つるべ落とし。この季節の日暮れの速さを、洗車機という日常的な素材を通して再発見しました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 目薬や 片目に写る いわし雲

    今日の俳句

    2021.09.15 放送

    作者:たわらご 小濱節子(西予)

    目薬をさそうと思い、まず片方の目に。ふと空を仰ぐと、まだ目薬をさしていない片目の視野に、鰯雲が見えました。どこまでも広がる鰯雲だからこそ、片目で捉えたときに奥行きがどう感じられるか、想像力が刺激されます。片目で見るという発想も、「目薬や」という堂々とした書き出しも、新鮮で独自性がありました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 接種後の パンの味濃し いわし雲

    今日の俳句

    2021.09.14 放送

    作者:織部なつめ(松山市)

    新型コロナウイルスのワクチン接種後には、強い空腹感が出る人もいるそうです。接種を終えて齧ったパンに、小麦の味がしっかりと感じられました。免疫力をあげるために、体が栄養を求めているのかもしれません。鰯雲が秋の涼しさを連れてきて、ほっとひと息つく時間。社会にワクチンが行きわたり、安心して暮らせる日々が戻ることを願います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 猫の飲む 水にさざなみ 鰯雲

    今日の俳句

    2021.09.13 放送

    作者:酒井じゅん太(新居浜市)

    猫は舌をひらひらと使い、水面を舐めるように水を飲みます。その小さな刺激で生まれたさざなみに、目をとめて詠みました。力強い入道雲の季節は過ぎ、空には鰯雲がうすうすと広がっています。鰯雲は、秋の空を代表する雲です。さざなみの光と、鰯雲の光と。静かに生きる猫の姿を、秋の空気感の中に捉えました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2021年9月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • しりとりの続くバス停いわし雲

    作者:武井日出子

  • 胃薬のための食事や鰯雲

    作者:ギル

  • 病室へ着替え三枚いわし雲

    作者:星月さやか

  • いわし雲級友に貸すラムネ代

    作者:北里卓也

  • 鰯雲ふり向けば道暮れてをり

    作者:岩渕晃三

  • 鰯雲一片分のもの思い

    作者:西原真樹

  • 戒名をいただく鯨いわし雲

    作者:栗田 修次

  • 牧場へ嫁ぐ先生いわし雲

    作者:吉野敬子

  • デモ隊の硝煙にほふいわし雲

    作者:藤雪陽

  • いわし雲土下座みたいなヨガですね

    作者:さとけん

  • 近き未来と遠き未来と鰯雲

    作者:ハードエッジ

  • 人間は進化するはず鰯雲

    作者:みやこわすれ

  • 子は父になるらしけふのいわし雲

    作者:小池令香

  • 木の汽車は父の手作りいわし雲

    作者:午餉

  • トロールの二隻一統いわし雲

    作者:曽我浩之

  • テロップに流るる数字いわし雲

    作者:土居信勝

  • 読み耽る奥の細道鰯雲

    作者:宍野宏治

  • 鬼ごっこ逃げた木の上いわし雲

    作者:藤本加奈子

  • 鰯雲みなそこの街暮れいそぐ

    作者:石浜西夏

  • 故郷のポン柑ポン酢いわし雲

    作者:室達朗

  • いわし雲縄文土器の煮炊跡

    作者:桑島幹

  • キューポラの廃炉に高き鰯雲

    作者:近江菫花

  • 新聞とまどろむ母やいわし雲

    作者:迫久鯨

  • いわし雲コトシロヌシの針の先

    作者:中島容子

  • いわし雲地球へ帰る船ひとつ

    作者:おきいふ

  • いわし雲肋木にビブスを掛けて

    作者:武智しのぶ

  • 披露宴延期連絡鰯雲

    作者:かつたろー。

  • ふた国を繋がむとして鰯雲

    作者:北藤詩旦

  • 飯盒の剥げたる塗装いわし雲

    作者:南方日午

  • ロワシーに友送る夕いわし雲

    作者:巴里乃嬬

  • 仙崎の空は水色いわし雲

    作者:藤尾裕子

  • 山頂に先客多しいわし雲

    作者:伊賀上公子

  • 鰯雲少年兵の目は澄んで

    作者:杉野祐子

  • 乳匂ふ赤子のあくびいわし雲

    作者:加田紗智

  • マスゲーム崩れてチャイムいわし雲

    作者:ぐ

  • 浮き上がるバサロキックや鰯雲

    作者:菊池洋勝

  • 天上の獺祭書屋いわし雲

    作者:竹本桂子

  • ホチキスのさび残る本いわし雲

    作者:砂山恵子

  • 筋トレのベンチや空は鱗雲

    作者:中村眞喜男

  • コースターの緊急停止いわし雲

    作者:磐田小

  • 設計図拡げるベンチ鰯雲

    作者:石塚彩楓

  • ジャンケンはいつもグーからいわし雲

    作者:亀田かつおぶし

  • いわし雲ダウンロードの二十分

    作者:藤田ゆきまち

  • 自転車の籠にプードル鰯雲

    作者:奈未

  • リュックには洋酒の小瓶いわし雲

    作者:伊丹妙子

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop