視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2022年1月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2022年1月の季語(お題)は
です
  • 晩年は待つこと楽し福寿草

    今日の俳句

    2022.01.14 放送

    作者:碩真由美(東京都)

    晩年という言葉は寂しさと結びつきがちですが、作者はその時間を、ゆたかで前向きなものだと捉えました。年を重ねると、面倒だった「待つこと」も、楽しくなってくるというのです。お正月を待ち、福寿草が咲くのを待ち、次はどんな季節と出会えるか。心をときめかせれば、晩年という時間が、ささやかな光で満たされてゆきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 二日目の 子牛すこやか 福寿草

    今日の俳句

    2022.01.13 放送

    作者:酒井じゅん太(新居浜市)

    生まれてまだ二日目の子牛が、すこやかに野を歩いています。その足元には、黄色く明るく、福寿草が咲いていました。縁起物である福寿草は、お正月に向けて鉢植えで出回りますが、実際の花期は二月から三月です。春を告げる福寿草の光と、生まれたばかりの子牛の元気が、命のまぶしさを伝えてくれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • トロンボーンしまわれ 福寿草あかるし

    今日の俳句

    2022.01.12 放送

    作者:ギル(岡山県)

    演奏を終え、トロンボーンを片付けていると、ふと福寿草に目がとまりました。冬の日を受け、明るく花を咲かせています。まるで、トロンボーンの金管楽器の光を、黄金色の福寿草が引き継いでくれたかのよう。音楽の余韻にたゆたいながら、福寿草のまとう明るさを愛でる、ゆたかなひと日です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 魚屋の 軒の日溜り 福寿草

    今日の俳句

    2022.01.11 放送

    作者:伊賀上公子(松山市)

    買い物に出かけたとき、鮮魚店の軒下に福寿草が咲いているのを見つけました。よく日を浴びて、花は明るく輝いています。そのすこやかなさまに、こちらも自然と元気をもらいます。日常の町角にも、新しい一年がやってきました。軒下の福寿草のように、ささやかな幸せを、見つけてゆけますように。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 琴の音の きらりきらりと 福寿草

    今日の俳句

    2022.01.10 放送

    作者:宍野宏治(松山市)

    福寿草は、新年を代表する草花です。黄金色の花をかたまって咲かせ、名前もめでたいことから、縁起物としてお正月には欠かせません。そんな福寿草へ、琴の音がひびいてきました。新年を祝う曲を弾いているのでしょうか。きらりきらりというオノマトペに、琴の音の美しさや日差しの輝き、福寿草の光が見えてきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2022年1月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • つめえりの釦まぶしき福寿草

    作者:沼宮内薫

  • 定位置に山は聳えて福寿草

    作者:室達朗

  • 福寿草咲ひて軽羹食べにけり

    作者:新濃健

  • 多肉植物少しずらして福寿草

    作者:木染湧水

  • 駅伝の襷の固し福寿草

    作者:南方日午

  • 福祉課の窓際ふはり福寿草

    作者:亀田かつおぶし

  • 恐竜のやうな雲かげ福寿草

    作者:藤雪陽

  • 公園やボールと福寿草見っけ

    作者:北藤詩旦

  • 狛犬の息ゆるぶなり福寿草

    作者:綾竹あんどれ

  • 段ボール列車終点の福寿草

    作者:藤田ゆきまち

  • 独り居の三和土拭きあげ福寿草

    作者:三好眞喜子

  • なにもなき机の上の福寿草

    作者:岩渕晃三

  • 黒電話のありし玄関福寿草

    作者:吉田みち子

  • 空回りする空元気福寿草

    作者:秋本哲

  • はじめての胎動福寿草の朝

    作者:でんでん琴女

  • 子の去りし部屋の陽だまり福寿草

    作者:小池令香

  • 福寿草一円玉は一グラム

    作者:いかちゃん

  • 粉増しのハッピーターン福寿草

    作者:板柿せっか

  • トンネルの先の光や福寿草

    作者:西田真己

  • 福寿草座敷わらしの挿頭とす

    作者:加良太知

  • 日のあたる留守の交番福寿草

    作者:阿曽宏之

  • 福寿草置きて守衛の部屋灯る

    作者:おきいふ

  • 玄関は人待つところ福寿草

    作者:竹本桂子

  • 集まりし国訛り聞く福寿草

    作者:十亀剛一

  • 色なくし始める福寿草と月

    作者:野口雅也

  • 玻璃ごしに合はす手のひら福寿草

    作者:杉野圭志

  • 影ほのと金を帯ぶるや福寿草

    作者:ぐ

  • 日溜りのくすくすわらひ福寿草

    作者:石浜西夏

  • 日を掬ふ花でありけり福寿草

    作者:巴里乃嬬

  • 山里の光さやけき福寿草

    作者:ランタロウ

  • 日の柱登つてみたき福寿草

    作者:栗田修次

  • 福寿草祖父の享年百二歳

    作者:渡部茂由子

  • ジグザグに歩きたくなる福寿草

    作者:織部なつめ

  • 城下町雨の草庵福寿草

    作者:堀池正海

  • 福寿草林の空は青かつた

    作者:加島一善

  • 腰下ろす切り株の根に福寿草

    作者:たわらご 小島里世 

  • 湿布貼る仲でありけり福寿草

    作者:神野睦子

  • 確固たるものに雪野の福寿草

    作者:平良嘉列乙

  • おとうとのえくぼは丸し福寿草

    作者:天陽ゆう

  • 老猫のひげは金色福寿草

    作者:みやこわすれ

  • 福寿草咲く生年の五円玉

    作者:大黒とむとむ

  • ひとり逝きひとり生まれて福寿草

    作者:松田夜市

  • 福寿草終着駅で飲む珈琲

    作者:桑島幹

  • 並びよき受験番号福寿草

    作者:このみ杏仁

  • 福寿草タルトに添えて創世記

    作者:中矢長宗

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop