視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2023年2月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2023年2月の季語(お題)は
春の雪 です
  • 終点の 駅は久万町 春の雪

    今日の俳句

    2023.02.24 放送

    作者:岩渕晃三(松山)

    愛媛の中でも、特に標高の高い久万高原町は、雪がよく降る地域です。バスの終点でしょうか。どんどん山道をのぼってゆく車窓に、しずかに春の雪が降りはじめます。終点を降りれば、雪景色の町が。終点という言葉には、冬が終わり春がやってきた、季節の区切りも感じます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 閑さや 星降るやうに 春の雪

    今日の俳句

    2023.02.23 放送

    作者:宍野宏治(松山)

    「閑さや」で始まる俳句といえば、松尾芭蕉の〈閑さや岩にしみ入る蝉の声〉が有名ですが、春の雪の静けさもまた、美しく心惹かれますね。夜空を星が流れるように、音なく光りながら、春の雪が降りつぎます。現実を忘れ、眼前の風景に見とれるひとときです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 夫の名を 忘れし妻へ 春の雪

    今日の俳句

    2023.02.22 放送

    作者:たわらご 小島里世(西予)

    認知症が進むと、記憶があやふやになり、大切な人のことも少しずつ忘れてしまいます。長い年月をともに過ごしてきた夫の名前も、忘れてしまった妻。その瞳に、春の雪はどんな風に映っているでしょう。冬を忘れたころに降る春の雪が、眠っている記憶をひととき、呼び覚ましてくれるようにも思います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 明日からは おためし保育 春の雪

    今日の俳句

    2023.02.21 放送

    作者:くぅ(福岡)

    保育園では、入園が決まったら、まずはお試し保育です。はじめは数時間、慣れてきたら時間を伸ばし、園になじませます。明日から保育園という前日は、預ける側の親も、心配してそわそわしてしまいます。折しも降り出した春の雪が、不安をひんやりと代弁しつつ、きっと大丈夫だと光っています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 桜隠し舞ふ 木簡に 倭歌

    今日の俳句

    2023.02.20 放送

    作者:武井日出子(松山)

    桜の咲くころに降る雪のことを「桜隠し」といいます。倭歌とは、大陸から伝わった漢詩に対し、日本固有の詩歌を指します。木簡に書きつけられた言葉の中には、春の雪を詠んだ歌もあったでしょうか。千年の時を超え、美しい言葉の歴史は、今も俳句の中に息づいています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 仰ぎ見る 石鎚は碧 春の雪

    今日の俳句

    2023.02.17 放送

    作者:十亀剛一(西条)

    霊峰・石鎚山は、西条市と久万高原町の境、四国山地に位置する、西日本で一番高い山です。春の雪が降り、稜線も白く染まっていますが、山全体は碧く輝いています。「仰ぎ見る」と言うことで、その遥かな存在感も伝わりますね。光に包まれた石鎚を、春の雪がやさしく彩る、美しい一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 春の雪 解けたいって 巻貝が

    今日の俳句

    2023.02.16 放送

    作者:澤田 紫(埼玉)

    巻貝は、らせん状に巻いた殻をもちます。ところが、その貝が、固くきゅっと巻いているのを、もう解きたい、と言ったのです。春の雪がやわらかく降る光の中で、巻貝も、もっと自由に解放されたいと思ったのかもしれません。貝の心に寄り添うことで、春を迎えてのびやかにありたいという人間の心も見えてきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 進学を 諦めし子や 春の雪

    今日の俳句

    2023.02.15 放送

    作者:ピアニシモ(松山)

    春の雪が降る早春は、受験シーズンでもあります。しかし、進学を望んでいても、さまざまな事情から諦めざるをえない若者もいます。今もどこかで、複雑な思いを抱きながら、空を見つめる子がいるでしょう。彼らの進む道に光を灯すように、春の雪が静かに降りかかります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 淡雪を払ひ 帆布を画廊へと

    今日の俳句

    2023.02.14 放送

    作者:葉村直(大阪)

    春の雪は、冬の雪と違い、淡く溶けやすいので「淡雪」ともいいます。帆布とは、絵を描くキャンバス生地のこと。展示する絵を画廊へ運び込む途中、淡い春の雪が降りかかります。その風景自体が、まるで一枚の絵のように、美しく十七音(じゅうななおん)に切り取られました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • つげ櫛に 小さき焼印 春の雪

    今日の俳句

    2023.02.13 放送

    作者:杏乃みずな(長野)

    立春を過ぎて降るのが「春の雪」です。冬の雪と違い、どこか華やかな印象をもつ季語です。つげの木で作ったつげ櫛は、髪結いの道具として古くから愛用されてきました。木材の質を示す焼き印が、小さく押されています。つげ櫛で髪をとかし、ふと窓の外を見れば春の雪が。静かな早春の一場面です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2023年2月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 春雪や一番真珠札入る

    作者:堀川絵奈

  • 理科室のマリモと春雪の夕べ

    作者:いかちゃん

  • ストリートピアノや街に春の雪

    作者:洒落神戸

  • 渡し船三分ぶんの春の雪

    作者:木染湧水

  • 春の雪踏んで出生届出す

    作者:四季春茶子

  • 春雪や塩ラーメンに金の胡麻

    作者:藤田ゆきまち

  • 春の雪さらさらバスソルトを湯へ

    作者:桜鯛みわ

  • 審議荒れたる春雪の永田町

    作者:藤雪陽

  • 石段に果てたる小鳥春の雪

    作者:小池令香

  • コンタクト薄く濁れり春の雪

    作者:ぐ

  • 春の雪パラパラマンガ描く友

    作者:星野テルカズ

  • パドックの老馬いななく春の雪

    作者:栗田修次

  • 茶筅で点てるカフェラテや春の雪

    作者:桑島幹

  • 犬の名を決めるジャンケン春の雪

    作者:ギル

  • 棟上げや餅まきすれば春の雪

    作者:ダック

  • 毎年よお椿さんの春の雪

    作者:篠原正史

  • 海に積もるヒマラヤの砂春の雪

    作者:武智しのぶ

  • 退職の花束に消ゆ春の雪

    作者:赤尾てるぐ

  • やはらかき日の斑のゆらぎ春の雪

    作者:三好眞喜子

  • 春の雪旅先で買ふビニル傘

    作者:伊賀上公子

  • 阿武隈の春の雪にて貼る切手

    作者:すずしろゆき

  • ひとすくひの餡を母へと春の雪

    作者:伊藤柚良

  • 春の雪菜っぱ抱ふる飼育員

    作者:伊予素数

  • 十三歳の絵の具はブルー春の雪

    作者:西田真己

  • 分校のタイムカプセル春の雪

    作者:葦屋蛙城

  • 先生の異動のうわさ春の雪

    作者:ちかこ

  • AIの音声混じる春の雪

    作者:椋本望生

  • 母にほふ衣桁や春の雪しづか

    作者:渡辺輝夫

  • 母と来し六兵衛坂に春の雪

    作者:岡野未由子

  • 春の雪双子の片方の逝けり

    作者:芽日火

  • 抹茶塩に海老の天麩羅春の雪

    作者:岸来夢

  • 駅舎には桜のポスタ春の雪

    作者:亀田かつおぶし

  • 産声に応へる乳房春の雪

    作者:吉野敬子

  • 歪みたるランドルト環春の雪

    作者:近江菫花

  • 母象の鼻しなやかに春の雪

    作者:みやこわすれ

  • ウェディングドレスの試着春の雪

    作者:石塚彩楓

  • ひとひらの牡丹雪もて文封ず

    作者:竹本桂子

  • 春の雪果実酒仕込み嫁ぐ姉

    作者:砂山恵子

  • 淡雪や曇硝子の影は猫

    作者:夏雨ちや

  • 吊橋の途中でやみぬ春の雪

    作者:竹内一二

  • 今日ここに着任します春の雪

    作者:渡部茂由子

  • 湯の街に春の雪降る宝厳寺

    作者:八木重明

  • スワイプの指に解けゆく春の雪

    作者:中村彰正

  • 春の雪煎餅にある不器男の句

    作者:清水星凜

  • 牛丼に玉ねぎ多し春の雪

    作者:キートスばんじょうし

  • 択捉の空の匂ひや春の雪

    作者:佐藤茂之

  • 春の雪孤島の医者になった甥

    作者:七瀬ゆきこ

  • 金平糖呉れし町医者牡丹雪

    作者:松田夜市

  • ヘリ飛びて硝煙匂ふ春の雪

    作者:新濃健

  • 春の雪試験の吾子を待つ図書館

    作者:星月彩也華

  • 頬に触れ息に触れるや春の雪

    作者:田祥聖

  • 小天狗の探偵団へ春吹雪

    作者:そまり

  • 欠席で終わる高校春の雪

    作者:柚木みゆき

  • 春の雪眺めて弦を張る力

    作者:秋さやか

  • 春雪や土くろぐろと分譲地

    作者:小川さゆみ

  • 折り紙のきつねの親子春の雪

    作者:ゆすらご

  • 春の雪告白せよと言うやうに

    作者:迫久鯨

  • ペンギンの行進元気春の雪

    作者:阿部八富利

  • 君乗りしバスは東へ春の雪

    作者:岡田孝文

  • 出湯の街の傘は紅春の雪

    作者:山田久栄

  • お向かいの猫は濁声春の雪

    作者:山内佑資

  • 須磨寺の一絃琴や春の雪

    作者:太平楽太郎

  • 春の雪何のこれしき鬼ヶ城

    作者:望多持男

  • 吉報を待って見上ぐる春の雪

    作者:名智満

  • 春の雪どの死神も顔がない

    作者:木野桂樹

  • 丁寧に拭かれたグラス春の雪

    作者:里山子

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop