視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2020年2月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2020年2月の季語(お題)は
いぬふぐり です
  • いぬふぐり咲くや 「地球は青かった」

    今日の俳句

    2020.02.14 放送

    作者:竹本桂子(久万高原町)

    世界初の宇宙飛行に成功したガガーリンは、無事に帰還したとき、宇宙から見た地球の印象を「地球は青かった」と表現しました。水の地球の、青く輝く美しい姿。あらためて、この星にたくさんの命が生きていることの奇跡を思います。その大地に今、春が来て、いぬふぐりが咲きはじめました。その花の色は、ガガーリンが見た地球の青に、きっとよく似ています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • いぬふぐり 生きねば生きねばと 蒼い

    今日の俳句

    2020.02.13 放送

    作者:越智敦子(松山市)

    いぬふぐりは、春のはじめの地べたに、小さな青い花をいくつも咲かせます。かわいらしいいぬふぐりも実は、まだ冷たい風の中で「生きねば生きねば」と心を奮い立たせているのかもしれません。野道にしゃがめば、一生懸命に咲くいぬふぐりの姿に、人間も力をもらえます。春本番もすぐそこ。あたたかい日差しを夢見て、もう少し、もう少し。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 鍵っ子の 待てる日暮れや 犬ふぐり

    今日の俳句

    2020.02.12 放送

    作者:藤本ちどり(今治市)

    働く親の帰りを待つ子を、自宅の鍵を持ち歩くことから、鍵っ子といいます。学校が終わった放課後、いぬふぐりの咲く公園や野道で、ぶらぶら時間をつぶします。気がつけば暗くなってきました。まだ帰ってこないのかな……寂しさの募る日暮れに、いぬふぐりの小さな花が、静かに優しく寄り添います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 花束を 賜るならば いぬふぐり

    今日の俳句

    2020.02.11 放送

    作者:武智しのぶ(埼玉県)

    もし花束をもらうなら、みなさんなら、どんな花を希望しますか。バラ、百合、ひまわり……たくさんある花の中で、作者はいぬふぐりを選びました。いぬふぐりは地べたに咲く小さな花ですから、なかなか花束にはできません。ていねいに摘んで束ねる真心が必要です。いぬふぐりの素朴な輝きを愛する、作者の願望をとじこめた一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ラヂオから 晴れの予報や いぬふぐり

    今日の俳句

    2020.02.10 放送

    作者:佐藤めぐみ(松山市)

    いぬふぐりは、春のはじめに、道端や野原に顔を出す雑草の花です。踏まれても踏まれても、空色の小さな花を咲かせます。ラジオから流れてくる、今日の天気予報は晴れ。見上げれば、いぬふぐりの花とおんなじ、ほがらかな春の青空が広がっています。思わず嬉しくなって心が弾む、明るい一日のはじまりが描かれました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2020年2月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 駆け抜ける靴燦めけるいぬふぐり

    作者:河本俊子

  • ランナーの歩幅に犬ふぐり光る

    作者:北里卓也

  • 今日の雨ちょっと重たしいぬふぐり

    作者:うさの

  • 皇居ランナー三周目のいぬふぐり

    作者:山内佑資

  • マリメッコの陶板の青いぬふぐり

    作者:藤岡美紀

  • 船名で呼び合う漁師いぬふぐり

    作者:奈良香里

  • ひと駅は歩いて行こう犬ふぐり

    作者:栗田修次

  • 須弥山の瑠璃をこぼすや犬ふぐり

    作者:加島一善

  • 悪意無き悪よ犬陰嚢がそよぐ

    作者:綱長井ハツオ

  • 決壊の河口に咲きし犬ふぐり

    作者:岩渕晃三

  • 図書館の開門十時いぬふぐり

    作者:砂山恵子

  • 魚釣る小川のひかりいぬふぐり

    作者:じゃすみん

  • バット振る少年一人いぬふぐり

    作者:室達朗

  • いぬふぐり束ね妖精求婚す

    作者:川崎真樹子

  • いぬふぐり丸く遊ばんベビー靴

    作者:児玉リツ子

  • カンパスの構図の隅に犬ふぐり

    作者:土居信勝

  • 花火見た昭和の土手や犬ふぐり

    作者:北原早春

  • 地球てふ小さな星の犬ふぐり

    作者:宍野宏治

  • 恋話の続き気になるいぬふぐり

    作者:中島容子

  • 犬ふぐり踏まねば子らに追いつけず

    作者:中矢長宗

  • 怒ってないよ困っていたの犬ふぐり

    作者:松本伴子

  • いぬふぐり母校へ続く狭き道

    作者:城内幸江

  • いぬふぐり畦へ白バイ倒れたる

    作者:南方日午

  • 佐保姫の青き薄翅いぬふぐり

    作者:野原ミヤ子

  • かけっこのすりきずふたついぬふぐり

    作者:みやこわすれ

  • いぬふぐり真珠の耳飾りゆれる

    作者:佳山

  • 雑談の好きな先生いぬふぐり

    作者:渡部茂由子

  • 窓際の猫と目のあういぬふぐり

    作者:三好眞喜子

  • いぬふぐりあなたに出会い悩み消ゆ

    作者:杉野てんこ

  • 吾子しゃがみ成長願ういぬふぐり

    作者:海の森

  • ママチャリの思はぬ速さ犬ふぐり

    作者:ぐ

  • 雨音に消ゆる呼吸やいぬふぐり

    作者:かつたろー。

  • 横たはる放置自転車いぬふぐり

    作者:伊賀上公子

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop