視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2021年4月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2021年4月の季語(お題)は
ぶらんこ です
  • ぶらんこや ひつこし荷物 積みし後

    今日の俳句

    2021.04.16 放送

    作者:砂山恵子(西条市)

    年度がわりの引越しでしょう。荷物を積み終えたので、あとは体を運ぶだけ。この町を去る前に、なじみの公園に立ち寄り、ぶらんこに座ります。住み慣れた町も、今日で最後。思い出を振り返りつつ、しばしぼんやりと、余白の時を過ごします。具体的な場面の描写で、ぶらんこの郷愁を、ゆたかに引き出しました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 夜のぶらんこ 揺らしただけの 二人かな

    今日の俳句

    2021.04.15 放送

    作者:西原真樹(新居浜市)

    ほのかな恋の場面でしょう。夜の公園に来て、ベンチ代わりにぶらんこに座った二人。町の灯を見つめて、ただそれだけで、別れて家路につきました。どちらかが踏み込んで思いを打ち明けたなら、二人の未来はつながったのかもしれません。誰もいなくなった公園で、ぶらんこは静かに、風に揺れています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 地震より十年 ぶらんこを 漕いでみる

    今日の俳句

    2021.04.14 放送

    作者:桑島幹(千葉県)

    東日本大震災から十年、人はそれぞれに傷を負い、失ったものを思いながら生きてきました。ぶらんこを漕ぐ心のうちに、どんな悲しみがあるのかは書かれていません。ぶらんこの揺れが地震の揺れを思い出させるのでしょうか。楽しい遊具だからこそ、近寄れなかったのかもしれません。あくまで通過点である十年の、ある日の記憶として、静かに漂う一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ふらここを 鳩擦り抜ける 夕ごころ

    今日の俳句

    2021.04.13 放送

    作者:岩渕晃三(松山市)

    ふらこことはぶらんこの別名です。夕方、子どもたちが帰路につき、日が暮れ切る前、がらんとした公園に、ぶらんこが残されています。そのとき、さっと、鳩がぶらんこの鎖くさりをすり抜けていきました。日常の片隅に存在する、さりげない瞬間。今日の終わってゆく夕暮れの、そこはかとないさみしさが香ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ぶらんこの 兄を目で追う 乳母車

    今日の俳句

    2021.04.12 放送

    作者:河本俊子(松山市)

    公園で見かけるぶらんこも、実は春の季語です。うららかな風の中、ぶらんこを漕ぐ子どもたちの姿は、いかにも明るく春らしく感じます。この句も、幼い兄弟でしょう。乳母車の赤ちゃんが、ぶらんこを漕ぐお兄さんの姿を、反射的に目で追います。赤ちゃんの視界を通して、揺れるぶらんこの動きが、よく見えてくる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2021年4月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • ぶらんこの得意な奴が隣に来

    作者:神野睦子

  • ぶらんこや全能の神我にあり

    作者:そまり

  • ポンジュース片手ぶらんこ見守る母

    作者:長野健太

  • ふらここや終活ノートに書けぬこと

    作者:ゆすらご

  • ぶらんこを漕ぐたび変はる子らの夢

    作者:竹本桂子

  • 駄菓子屋を出てぶらんこで味くらべ

    作者:杉野圭志

  • ぶらんこの眼下に海沿いの列車

    作者:越智敦子

  • ぶらんこの少女よ風はあさみどり

    作者:藤尾裕子

  • 木星に斑ぶらんこ漕いでゐる

    作者:秋本哲

  • ぶらんこの静かに止まり句友逝く

    作者:みなと

  • ふらここや弁当食ぶる警備員

    作者:武井日出子

  • ぶらんこの点検済ませひと漕ぎす

    作者:百瀬はな

  • ぶらんこやシュークリームのぶにゆと出て

    作者:南方日午

  • ぶらんこの鎖寂しき付喪神

    作者:桐山榮三

  • 父母のゐれば勇者よぶらんこ飛ぶ

    作者:藤本ちどり

  • 休校のぶらんこ深き水溜り

    作者:堀池正海

  • ぶらんこを漕げば北斗の近づきぬ

    作者:栗田修次

  • ぶらんこにパンツ丸見えだった頃

    作者:東京堕天使

  • ぶらんこやこころの奥のうごく水

    作者:向井桐華

  • ぶらんこの白砂に弾む雀の子

    作者:中矢長宗

  • ふらここに座して授乳の母の若き

    作者:川崎真樹子

  • ふらここや母船のような雲ひとつ

    作者:杉野祐子

  • ぶらんこが発条仕掛けならばなあ

    作者:ハードエッジ

  • ブランコや「キケン」のふだに縛られて

    作者:たわらご 小島里世

  • 太陽を蹴ってぶらんこ無重力

    作者:井下敏

  • ドンマイいつだってぶらんこは翼

    作者:中島容子

  • ぶらんこをこぐ子こげぬ子保育園

    作者:室達朗

  • 荒縄のぶらんこ切れし焦土かな

    作者:直木葉子

  • ブランコこぐ地球が動いているよ

    作者:亀田かつおぶし

  • 月あかりにひそめた声と揺れるぶらんこ

    作者:田村茉優

  • 風のぶらんこ一人で揺れる泣く眠る

    作者:武智しのぶ

  • ぶらんこの順番待ちで日が暮れて

    作者:藤本加奈子

  • 夕映えのぶらんこ風の行き止まり

    作者:稲福達也

  • 額縁は鉄鎖ふらここ空に掛け

    作者:宍野宏治

  • 不確かな未来きみと漕ぐぶらんこ

    作者:北原早春

  • ぶらんこの高み自由が怖い空

    作者:渡辺輝夫

  • ぶらんこに釜石の空見る朝

    作者:山内佑資

  • ぶらんこの思い出はなし共稼ぎ

    作者:藤田明

  • ふらここや娘とママとおなかの子

    作者:八木重明

  • ふらここの子を押す母となりて春

    作者:小池令香

  • ねじられてふらここ回る子も回る

    作者:蒼求

  • この時間ならばぶらんこ空いている

    作者:千波佳山

  • ぶらんこの骨のみ残る通りかな

    作者:菊池洋勝

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop