視聴者の皆さまからの句

こちらのページでは、視聴者の皆様から応募いただいた俳句をご紹介しています。
毎月ご応募いただいた俳句から5句を選び、EBC Live News「きょうの俳句」のコーナーで放送させていただきます。

2023年9月の
優秀句

放送ではご紹介できなかった「佳作句」はこちら

2023年9月の季語(お題)は
秋風 です
  • 坑道へ 螺灯くすぐる 秋の風

    今日の俳句

    2023.09.22 放送

    作者:加島一善(新居浜)

    螺灯とは、鉱山の採掘現場で使われた手持ちのランプです。サザエの壺にクジラの油を満たし、灯心に火を灯します。新居浜の別子銅山でも使われていました。螺灯を提げ、暗い坑道へ入ってゆくとき、秋風が火をくすぐり、明かりが揺らめきます。坑道の闇の気配が、秋風とともに、ひんやり体を包みます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 秋風を 蹴飛ばす女 ドラム打つ

    今日の俳句

    2023.09.21 放送

    作者:林 省造(大阪)

    わびしい秋風は、日本らしい情緒をたっぷり含んだ季語です。その秋風を蹴飛ばして、パワフルにドラムを演奏する人がいるとは。秋の寂しさに負けず、自分の力で真っ向からぶつかるスタンスは、爽快です。その迫力に驚きながら、力強く励まされる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 一枚の窓 秋風と 不登校

    今日の俳句

    2023.09.20 放送

    作者:野口雅也(兵庫)

    一枚の窓を隔て、外には秋風が吹き、室内には学校へ行けない子どもがいます。今、小中学校の不登校の子どもたちは、全国で二十四万人を越えるといいます。一枚の窓の外には世界が広がっています。彼らがそれぞれ、自分の居場所を見つけられるよう、秋風に祈ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 漱石の 便り待つ子規 秋の風

    今日の俳句

    2023.09.19 放送

    作者:武井日出子(松山)

    今日は正岡子規の忌日です。明治35年の秋、子規は脊椎カリエスによりこの世を去りました。そのころ親友の夏目漱石は、留学先のイギリスに滞在中でした。もう旅に出られない病臥の子規は、漱石がイギリスの様子を知らせる手紙を、楽しみにしていました。秋風が、病床六尺を、涼しく寂しく吹き抜けます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 全集の 禁帯シール 秋の風

    今日の俳句

    2023.09.18 放送

    作者:幸田梓弓(三重)

    図書室の風景でしょう。貸出不可の本に貼られる禁帯出のシールが、全集の一冊一冊にも、ずらりと貼られています。全集には、過去を生きた人々の言葉が、誰かに読まれるそのときを、ひそやかに待っています。窓から吹きこむ秋風は、図書室に満ちる静けさを深めます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 今もなほ 上人坂に 秋の風

    今日の俳句

    2023.09.15 放送

    作者:名智 満(松山)

    道後の上人坂は、一遍上人の生誕地・宝厳寺の参道となっている坂です。かつて正岡子規は、夏目漱石と道後を散策し、宝厳寺の山門で〈色里や十歩はなれて秋の風〉と詠みました。上人坂をのぼりきれば、子規と漱石も感じた秋風が吹いています。百年の時空を超えてしみわたる、今日の秋風です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 空き瓶へ 色なき風の 光かな

    今日の俳句

    2023.09.14 放送

    作者:亀田かつおぶし(栃木)

    秋風には、いろいろな別名があります。その一つが「色なき風」。華やかな色や艶めきのない風という意味で、秋の寂しさをまとう季語です。秋風の中の空瓶は、ほのかに光を帯びています。風の色は失われたけれど、光はまだある、その発見に、今ここにある世界の儚さと尊さが立ち上がります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 秋風に 乾く野良着を 一抱へ

    今日の俳句

    2023.09.13 放送

    作者:井上定男(西予)

    畑仕事を済ませたあと、野良着を洗って干しておきました。乾いたら、さっと一抱えにして取りこみます。農業の暮らしの日常ですが、秋風を加えたことで肌感覚が伝わります。秋はみのりの季節、この野良着で収穫する喜びもあるでしょう。秋風のわびしい情緒を、生活実感を核にして、軽やかに詠みました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 留学生連れ 秋風の面河渓

    今日の俳句

    2023.09.12 放送

    作者:久保田凡(松山)

    石鎚山のふもとにある面河渓谷は、夏も涼しく気持ちのよい景勝地です。留学生に日本の自然に触れてもらおうと、一緒に面河渓まで出かけました。秋が深まると、美しい紅葉も見られます。日本で過ごした記憶として、心に残る風景となりますように。渓谷の秋風は心地よく、ひととき時間を忘れて佇みます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 後ろの正面だあれ 秋風の吹く

    今日の俳句

    2023.09.11 放送

    作者:堤 善宏(松山)

    秋はすべてのものが衰えてゆく、わびしさの募る季節です。秋の風にも、世の移り変わりをしみじみと噛み締める情趣があります。後ろの正面だあれ。子どもの遊びで鬼が振り返ると、そこには秋風が吹くばかり。いたはずの人たちが消えてしまった喪失感は、秋風のまとう寂しさに満ちています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

2023年9月の佳作句

放送ではご紹介できなかった俳句を「佳作句」として少しだけご紹介。

  • 秋風の石を拾ふや山頭火

    作者:植村弘

  • 秋風や0円で売る資格本

    作者:ギル

  • 秋風や赤翻車魚を釣り上げて

    作者:POTU

  • 秋風と呼ぶにはかろし午後倦める

    作者:このみ杏仁

  • 金風に吊る「OPEN」のフライパン

    作者:いかちゃん

  • あきのかぜ妊婦へ席をゆずる爺

    作者:はなぶさあきら

  • ふつふつと沸きしミルクや秋の風

    作者:夏雨ちや

  • 秋風や電停前の喫茶店

    作者:渋谷晶

  • 秋の風きっぷうりばもいつか死語

    作者:葉村直

  • 秋風の講堂調律師のショパン

    作者:花見鳥

  • 筆談の父の字きれい秋の風

    作者:げばげば

  • 秋風の墓石ライダーだった友

    作者:玉家屋

  • 秋風のなぞる磨硝子の星よ

    作者:綾竹あんどれ

  • 秋風や土掻き起こす耕運機

    作者:野崎朝子

  • 竹笊を洗つて干せば秋の風

    作者:柚木みゆき

  • 秋かぜや鬣を梳く手をとめて

    作者:桜鯛みわ

  • 秋風に赤子の尻の温さかな

    作者:亀山酔田

  • トローチの穴はまんまる秋の風

    作者:藤田ゆきまち

  • 秋風やテスト用紙で作る舟

    作者:藤雪陽

  • 秋風や打ち上げられし三輪車

    作者:ピアニシモ

  • 犬の尾の皆秋風を指していて

    作者:渡辺香野

  • 秋風のさらさら攫う詩のページ

    作者:武智しのぶ

  • 新主将跳んで秋風のレシーブ

    作者:片岡六子

  • 堤防に夕星蒼し秋の風

    作者:みやこわすれ

  • 赤茄子の根っこ長しや秋の風

    作者:阿部八富利

  • 鈴に舞う巫女の小袖へ秋の風

    作者:しまのなまえ

  • 角島の長き橋より秋の風

    作者:ハイボール圭子

  • 小流れに日輪崩れ秋の風

    作者:間宮正文

  • 秋風や珈琲色の仔牛の眼

    作者:竹本桂子

  • 坂の名は浄瑠璃坂ぞ秋の風

    作者:吉田みち子

  • 擦りむいた膝に秋風さらららら

    作者:うさの

  • 秋風が痛い始末書もう二枚

    作者:海亀九衛門

  • 靴底のすり減る角度秋の風

    作者:栗田修次

  • 秋風やジャスミンティーの好き嫌ひ

    作者:彩汀

  • 秋の風しないよブーケトスなんて

    作者:松田夜市

  • 金風やマリオネットの糸弾み

    作者:三好眞喜子

  • 秋風や父のプラモを売りに行く

    作者:磐田小

  • 金風を通す長浜の赤橋

    作者:藤橋一憲

  • 秋風や渡船場までの石畳

    作者:杉野祐子

  • 秋風に削る鉛筆HB

    作者:西本匠

  • 満員の相続サロン秋の風

    作者:星月彩也華

  • ()とか「」とか秋の風

    作者:南方日午

  • 秋の風そより養豚試験場

    作者:秋本哲

  • 年下の上司は優し秋の風

    作者:板柿せっか

  • アキレス腱伸ばす店番秋の風

    作者:山羊座の千賀子

  • 秋風やサガン読んだのは十七

    作者:藤田康子

  • 色なきかぜ戦争遺跡の無言

    作者:星野テルカズ

  • 秋風や戦死公報野良に受く

    作者:新濃健

  • 秋風やノルマンディーに並ぶ墓碑

    作者:巴里乃嬬

  • 秋風の見ゆるグルドの平均律

    作者:宮崎泉

  • 相部屋のひとりとなりぬ秋の風

    作者:北岡一郎

  • 長靴に凭れ象の子秋の風

    作者:堀川絵奈

  • 折り鶴のふと飛ぶ気配秋の風

    作者:岡野未由子

  • 味噌蔵の深き匂ひや秋の風

    作者:じゃすみん

  • 秋風の色足す塗りたてのベンチ

    作者:桑島幹

  • 口開けて入れる目薬秋の風

    作者:砂山恵子

  • 秋風やガトーショコラの苦さよし

    作者:村上惠子

  • マニキュアを塗り直す指秋の風

    作者:渡部茂由子

  • 女子旅は京都大原秋の風

    作者:藤本加奈子

  • バイクで切り裂いた秋風が痛い

    作者:正念亭若知古

  • 秋風に深呼吸して転職す

    作者:近江菫花

  • 秋風を割ってドクターイエロー来

    作者:織部なつめ

  • 秋風に放る真新のターボジャブ

    作者:山内佑資

  • 秋風を抱へ損ねし抱つこ紐

    作者:椋本望生

  • 俳句甲子園打ち上げ風は秋

    作者:イサク

  • 秋風や猫の孤太郎十五歳

    作者:酒井じゆん太

  • 約束の岬へ秋の風渡る

    作者:小池令香

  • けたたましく通るチンドン秋の風

    作者:堀池正海

  • 秋風の集まつてくる渋谷駅

    作者:菫久

聞ける俳句 トップへ戻る

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題は
「青田(あおた)」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

ここから「選ばれた俳句だけをすべて聞く」が再生されます。

「選ばれた俳句だけをすべて聞く」ランダムで再生されます

選ばれた俳句のバックナンバー

2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
聞ける俳句のトップへもどる
pagetop