2022年9月の俳句

  • 鶏たちに カンナは見えぬかもしれぬ

    2022.09.30 放送

    作者:渡辺白泉

    夏から冬のはじめにかけ、赤や黄色の鮮やかな花を咲かせるカンナは、育つと2mにもなります。存在感のあるカンナの花も、地面を歩く鶏からはどう見えるのでしょう。鶏の視点を想像することで、私たち人間に見えている世界も、危うく不確かなものに思えてきます。秋の不安が静かに屹立する一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 間引き菜や その他と括られて 気楽

    2022.09.29 放送

    作者:寺町志津子

    大根や蕪は密集して芽生えますが、風や光がゆきわたらないので、間引きをします。間引いた成長途中の葉は、お浸しや味噌汁にしていただきます。いろいろな菜っ葉もすべて「間引き菜」と括られるように、人間も、その他大勢に括られることで、かえって気負わず自由に生きられるかもしれません。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ひとところ 黒く澄みたる 柿の肉

    2022.09.28 放送

    作者:岸本尚毅

    みのりの秋、柿のおいしい季節になりました。よく熟れただいだい色の果実を切ると、断面がつやつやと輝きます。果肉が黒く透けて見えるところも、いっそう甘くておいしそう。「澄む」という言葉が、熟した柿をリアルに描き出し、水や大気の澄みわたる秋の季節感をも伝えてくれます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • いちじくは あかるきひるへ ひらかれし

    2022.09.27 放送

    作者:安里琉太

    みのりの秋には、果物の季語がたくさんあります。いちじくも、そのひとつ。柔らかく割れば、しっとりと真っ赤な果肉が現れました。すべて平仮名で書かれたことで、意味を離れてぼんやりと、秋の気分が漂います。少し翳りを含んだ秋の昼の明るさに、いちじくの暗い赤が、静かに輝きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 雨音を さらに細かくして 野菊

    2022.09.26 放送

    作者:星野高士

    野菊は、白や黄色、紫など、秋らしい色合いの花を咲かせます。野菊の咲く野山に、雨がしとしと降っています。ただでさえ静かな雨音が、さらに細かくなって、可憐な野菊の花びらに降りかかります。聴覚を鋭く尖らせながら、秋らしい雨の風景を、繊細に詠み上げました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 余生とは 子規忌を語る 手話ガイド

    2022.09.23 放送

    作者:岡野 昇(宇和島)

    余生の過ごし方はさまざまですが、愛媛に暮らせば、観光ガイドとして正岡子規の魅力を伝えるという余生もあるのですね。手話なら、より広く多くの人に届きます。そうして語った子規の生きる力は、これからを生きる人たちを励ましてもくれるでしょう。過去から未来へ橋渡しをする、子規忌の今を見つめました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 潮風に 肺胞うるむ 子規忌かな

    2022.09.22 放送

    作者:加良太知(中国)

    正岡子規は肺結核を患い、34歳の若さで亡くなりました。病気を悪化させたのは、日清戦争従軍とも言われています。大陸へ渡る船の上で、あるいはふるさと伊予の浜辺で、潮風を大きく吸い込み、肺を満たしたときの感覚。「うるむ」ととらえたひとことに、生きる命がにじみます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 窓硝子割りし 子規忌のホームラン

    2022.09.21 放送

    作者:藤雪陽(長野)

    病気のイメージが強い子規ですが、元気なころは野球が大好きでした。新しいスポーツだった野球の用語を翻訳し、「野球」と書いて「の・ぼーる」というペンネームも使いました。空き地で野球をする子どもたち。勢い余って、近所の窓硝子を割ってしまいました。規格外のホームランが、子規の器の大きさを髣髴とさせます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 糸瓜忌や あんパン二時に 焼き上がる

    2022.09.20 放送

    作者:神野 睦子(松山)

    糸瓜忌は子規忌の別名です。子規はあんパンが大好きでした。パン屋さんで人気のあんパンが、二時に焼き上がります。香ばしい焼きたての香り。おいしいあんパンを子規さんにも食べさせたいと思うとき、子規は近寄りがたい文豪ではなく、私たちの友人として、にっこり笑ってくれるでしょう。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • つまみ取る 牛乳の膜 獺祭忌

    2022.09.19 放送

    作者:加田紗智(高知)

    今日、9月19日は子規忌です。子規は獺祭書屋主人と称し、カワウソと自分を重ねました。お祭りのように魚を並べるカワウソの習性は、まるで病床に資料を並べ文学に打ち込む自分のよう。子規は牛乳にココアを入れて飲むのが好きでした。温めた牛乳の膜をつまみとるとき、子規にもこんな瞬間があっただろうかと、彼の日常に思いを重ねます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • オーブンの シュー生地ぷくん 獺祭忌

    2022.09.16 放送

    作者:星月さやか(四国中央)

    獺祭忌とは、子規忌のことです。子規は甘いものが大好きだったので、当時は珍しかったシュークリームも、弟子が届けてくれました。「シュー」という音が花火みたいだと喜んだ手紙も残っています。オーブンで今、シュー生地が香ばしく焼けてゆきます。子規さんの気持ちで待てば、ささやかな出来事も、幸せのかけらとして輝きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • スポイトに 子規忌のみづを 吸ひあげる

    2022.09.15 放送

    作者:ギル(岡山)

    スポイトで理科の実験をしているのでしょうか。水を吸い上げるそのとき、ふと、子規忌だと頭をよぎりました。子規も、言葉によってさまざまな実験を試み、新たな時代を切り拓いた人です。科学も文学も、実験精神が大切。子規忌の水と思えば、その一滴にも、何か特別な力が宿るかもしれません。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 糸瓜忌の ケンカ両成敗 ラーメン

    2022.09.14 放送

    作者:藤田ゆきまち(三重)

    子規は亡くなる十数時間前、糸瓜を詠んだ三句を書きつけました。糸瓜水は痰切りの薬になるので、子規の庭でも育てていました。この糸瓜にちなみ、子規忌を糸瓜忌とも呼びます。子規の周囲には多くの人が集まり、議論を交わしました。そんな子規の忌日なら、喧嘩しても両成敗、ラーメン食べて仲直り。明治の若者たちの明るい声が聞こえてきそうです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 前歯光らせて 子規忌のパンを噛む

    2022.09.13 放送

    作者:藤田瞬(松山)

    正岡子規は健啖家で、食べるのが大好きでした。病床の日記「仰臥漫録」には、毎日の献立が記されていて、病人とは思えない食事量に驚かされます。中でも好きだったのは、くだものと菓子パン。何気なくパンをかじる瞬間、ふと、パンが好きだった子規を思い出しました。光る前歯に、生きている私の今が輝きます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 暁の 産声高き 子規忌かな

    2022.09.12 放送

    作者:そまり(新居浜)

    9月19日は、松山市出身の俳人・正岡子規の忌日です。若くして結核を患った子規は、病臥でも旺盛に執筆を続け、34歳で亡くなるまで、俳句や短歌に打ち込みました。夜明けにひびく産声は、革新をもたらした子規のエネルギーを髣髴とさせます。赤ちゃんも、子規のように、未来をたくましく切り拓いてくれることでしょう。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 朝鵙に 夕鵙に かすり織りすすむ

    2022.09.09 放送

    作者:村上霽月

    作者は、俳句で正岡子規の指導を受け、実業家としても地元の農業経済に大きく貢献した人物でした。霽月邸の近くの垣生小学校のすぐ側には、伊予絣の創始者鍵谷カナを讃えた八角堂があり、この句碑が立っています。鵙がしきりに鳴く朝から夕方まで、盛んに伊予絣を織りすすむ音が聞こえていた当時が偲ばれます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 天高く みんなで道を まちがえる

    2022.09.08 放送

    作者:火箱ひろ

    「みんなで渡れば怖くない」と、いうフレーズが流行った時代がありましたが、この人たちはおしゃべりに興じて道を間違えたのでしょうか。あるいは家々の塀越しに見える薔薇の実や道端の秋草、そして雲などに見とれていたのかもしれません。みんなで間違えたのが可笑しいです。高く澄んだ秋空では、引き返す道が苦にはなりません。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ひとりなら 果実のひるげ 空澄めり

    2022.09.07 放送

    作者:藤村真理

    ひとりだけの、広々とした昼餉です。家族が出かけて、料理をしなくて済む秋の昼には、自分が好きな果実だけあれば充分満足です。いや、もしかして、今誰かが居て「ひとりだったらなあ」と、澄んだ窓の空を見て思っているのかも。秋は果物の豊かな季節。無花果、葡萄、梨、柿などをひとりで楽しむのは、贅沢な時間に思われます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 遮断機は 大きな腕 月を盗る

    2022.09.06 放送

    作者:門田なぎさ

    踏切で活躍する遮断機が「大きな腕」だと表現しました。腕は腕のことです。電車が来るのを知らせる警笛が鳴ると、ゆっくりと降りてきて、私たちが渡るのを遮断します。急いでいるときは憎らしい気がします。でも、遮断機が、人通りがなくなった夜中に月を盗って楽しんでいると思えば、なんだかいとおしいものに見えてきます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 芋煮会 いちばん橋で 待ち合はせ

    2022.09.05 放送

    作者:細谷喨々

    愛媛では「いもたき」と呼ばれて親しまれている「芋煮会」。河川敷で、友だちや家族、同僚などと大きな鍋を囲んで秋の日を楽しみます。主役は地元の里芋。家でも作りますが、野外で食べる美味しさはひとしお。コロナで中止されていたものの、今年は各地で再開されるようです。いちばん橋で待ち合わせましょう。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 月の出て 人にすみっこ ひとつずつ

    2022.09.02 放送

    作者:野本明子

    秋の月のさやけさを讃えて、古来月を秋の季語としています。俳句では単に月といえば秋の月のこと。きょうの句は「人にすみっこひとずつ」が、とてもすてき。誰もときどき膝を抱いて、潜んでいられる場所を持っていたいのかもしれません。すみっこは影みたいですが、すぐそこに月の明かりが来ています。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 天高し 針を満たした ホッチキス

    2022.09.01 放送

    作者:高田留美

    空気が澄み渡った秋の空を「天高し」あるいは「秋高し」と言います。そんな窓の青空と、手元のちいさなホッチキスとの対比が面白いです。留めようとしたホッチキスがから打ちすると、こんな悲しいことないくらいがっかりします。でも、今はちゃんと針が満ちている。このささやかなことに、心も満たされます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

7月のお題「風鈴」の
応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

すべての俳句を聞く
掲載されている句がランダムで再生されます
すべて聞く/止める

最新の俳句

バックナンバー

pagetop