2022年12月の俳句

  • 星空は 水にうつらず 年のくれ

    2022.12.26 放送

    作者:澤好摩

    今年も、残すところ、あとわずかとなりました。冬至を過ぎたとはいえ、暮れるのもまだまだ早く、水は暗く静かに、夜へと沈みます。それでも、顔を上げれば星空が。去りゆく年は忘却の彼方へ消えますが、今ここに輝く星の光が、ささやかに未来を照らしてくれるはずです。どうかみなさん、よいお年を。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 歳晩や フランベの火に ひと家族

    2022.12.23 放送

    作者:竹本桂子(久万高原)

    フランベとは調理方法のひとつです。ラム酒やブランデーなどのお酒を降りかけ、強火で一気にアルコール分を飛ばします。一年の締めくくりに、家族でフランス料理を食べているのでしょうか。鍋に立ち上がるあざやかな炎に、互いの顔が照らされます。ともに年を越せる喜びを、静かに噛み締めるひとときです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 年の暮 こけしの木屑 はらふ息

    2022.12.22 放送

    作者:主藤充子(滋賀)

    年の暮には、今年を無事に終えるための片付けや、新年を迎える準備が、目白押しです。そんな中、こけしを彫る場面に着目しました。木で出来たこけしの肌も、木屑を払うために吹きかける息も、命のあたたかみを感じさせます。お正月には、鏡餅と一緒に、完成したこけしも、飾られるのかもしれませんね。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 湯治場の 昼湯を一人 年の暮

    2022.12.21 放送

    作者:酒井じゆん太(新居浜)

    世間に暮らせば慌ただしい年の暮も、ひとり湯治場で迎えれば、こんなに静か。昼もゆっくり温泉に浸かって、一年の疲れを癒やします。湯治場の、余計なものを置かないシンプルなありように、心もすっきり整いそうです。みなさんは今年、どんな場所で、年の暮を過ごしますか。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 年の暮 ピアノの上に イヤリング

    2022.12.20 放送

    作者:石塚彩楓(埼玉)

    ピアノの上に、イヤリングが置かれています。弾いた人が落としていったのか、弾く前に外したのか……。クリスマスの歌や第九など、年の暮にはピアノを弾く機会も多いですね。奏でられていた華やかなしらべの名残りとして、イヤリングがきらりと光ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • おしぼりの 白の眩しき 年の暮

    2022.12.19 放送

    作者:いかちゃん(神奈川)

    忘年会の飲食店か、ふだんの食堂か、出されたおしぼりの白さを、眩しいと感じました。冬になって日差しも弱くなったから、おしぼりの白い光も、ことさら新鮮に感じたのでしょう。年の暮の忙しい時期だからこそ、日常のささやかな光に目をとめたいものですね。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 重箱の 螺鈿のきらよ 年の暮

    2022.12.16 放送

    作者:三好眞喜子(松山)

    漆面にきらめく貝殻がはめ込まれた、美しい螺鈿の重箱。忘年会やおせち料理に使うために出してきたのでしょうか。「よ」と呼びかけたことで、螺鈿のきらめきが強調されました。押し迫る年の暮にほどよい緊張感を与えつつ、年を跨ぐ華やかさも生まれています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 歳晩の 紙片ふぶける シュレッダー

    2022.12.15 放送

    作者:おきいふ(香川)

    一年の終わり、年の暮のことを「歳晩」ともいいます。年末を迎えた仕事での一場面でしょう。整理された書類をシュレッダーにかければ、裁断された紙は、いきおいよく吐き出されます。今年のさまざまな記憶も、ふぶく紙片のように、ばらばらに過去へと飛んでいきます。忙しい歳晩の実感を、身近な機械を通して表現しました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • をちこちの 監視カメラや 年の暮

    2022.12.14 放送

    作者:POTU(松山)

    現代は監視社会とも言われ、街のそこかしこに監視カメラが設置されています。年の暮の街中を歩けば、きっと私も、あちこちの監視カメラに映りこんでいるのでしょう。賑やかな街の、ひんやりとした裏側を垣間見る瞬間。どうか、不穏な出来事が映りこむことなく、みんな穏やかに、新年を迎えられますように。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 賑やかに 年の暮れ掃く ルンバかな

    2022.12.13 放送

    作者:阿部八富利(東京)

    ルンバは、自動で床を掃除するロボット掃除機です。実際に動かしてみると、やはり掃除機ですから、それなりに賑やか。でも、うるさいと言わず「賑やか」と言いなすことで、ルンバの頑張りを楽しむ気持ちが生まれます。大掃除を手伝うルンバに感謝しつつ、人間も、新しい年を迎える準備にいそしみます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 革靴に 伸ばす靴墨 年の暮

    2022.12.12 放送

    作者:星月さやか(四国中央)

    今年もあとひと月を切りました。一年の終わりを「年の暮」といいます。新年を迎える用意のため、人も街も賑やかになります。年末進行で、仕事の現場も慌ただしいことでしょう。そんな忙しさの中でも、革靴に靴墨を伸ばし手入れして、丁寧に生き、新しい年を迎えようとしています。誠実な姿に、背筋の伸びる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 外は吹雪 漆塗る日の 楽しくて

    2022.12.09 放送

    作者:小森邦衞

    映像で雪の怖さを知りながらも、温暖な土地に住むものは、雪に憧れます。この句は、雪の多い土地のようで、今日は吹雪が、手仕事の漆塗りを鼓舞してくれているようです。「楽しくて」が、これまでの幾多の仕事の過程を想像させます。作者は、輪島在住の漆芸家であり、重要無形文化財髹漆保持者、人間国宝です。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 白鳥が ぽん酢醤油の はるか上

    2022.12.08 放送

    作者:藤田 俊

    白鳥は全身雪白色で、シベリア地方から渡ってきて、日本で越冬します。白鳥が空を渡ってくる時期には、家庭ではポン酢醬油が活躍しています。冬空を、大きい体で飛来する美しい白鳥と、食卓の小さなポン酢醤油を取り合わせて、ちょっと可笑しいです。構図はシンプルで、最後の「はるか上」で、カメラがぐーんと引いた感じです。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 独りとは かくもすがしき 雪こんこん

    2022.12.07 放送

    作者:瀬戸内寂聴

    独りで居ることを、降る雪がしきりに励ましてくれるようです。独りとは、こんなにすがすがしいことなのだと。雪が、そんな気持ちにしてくれます。「雪こんこん」の幼い表現に、心が無垢になっていく気持ちがあらわれてもいます。作家で尼僧となった作者は「寂庵」と名付けた庵で、青空説法を行い、人々を励ましました。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 強いて言うならば 芸術とはおでん

    2022.12.06 放送

    作者:山本真也

    芸術と聞くと、高尚で厳めしい印象を受けます。ところが、芸術はおでんのようなものだ、とこの人は応じました。意表を突く言葉に「その心は?」と、聞いてみたくなります。おでんは、庶民の俗な食べもの。芸術とおでんが一緒に並んだことで、芸術が身近になった気がします。この作者、京都を拠点に活躍する画家です。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • いつからの晩年 小春日の三日目

    2022.12.05 放送

    作者:井口時男

    初冬の小春日が三日続いてくれる、穏やかな日のこと。晩年とはいったい、いつからを言うのか、と考え始めました。一生の終わりの時期に、自分はもう入っているのだろうか。寒さの緩んだ暖かい陽射しの中で、日々の生活のこわばりがほどけるように、人生の来し方行く先にしみじみ思いを馳せます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • やあどうも 亀が乗ってる 冬帽子

    2022.12.02 放送

    作者:赤石 忍

    まずは「やあどうも」という挨拶から始まるのが楽しい。さらに、被っている冬帽子の上の亀に意表を突かれます。頭が下げられないので「やあどうも」と、ちょっと偉そうな姿勢になるのです。作者の赤石さんは、有名な絵画「こんにちはクールベさん」のような傲慢な姿勢が見て取れると、自身で解説しています。なるほど!

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ストーヴに 椅子ひきよせて 読む書かな

    2022.12.01 放送

    作者:杉田久女

    エアコンが普及している現代でも、ストーブは尚身近な暖房器具です。この人は、きっと本好きなのです。ストーブをひとり占めできる時間が訪れました。さっそく、好きな小説あるいは句集?を取り出して一人の、この上なくすてきな時間を謳歌するのです。 作者久女は、すぐれた俳人であり、エッセイの名手、評論も残しました。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

7月のお題「風鈴」の
応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

すべての俳句を聞く
掲載されている句がランダムで再生されます
すべて聞く/止める

最新の俳句

バックナンバー

pagetop