2023年9月の俳句

  • 満月や 大人になっても ついてくる

    2023.09.29 放送

    作者:辻征夫

    今日は、仲秋の名月です。一年のうちで一番美しく、しかも今年は満月です。月は確かに、歩いても走っていても、気づくとすぐ後ろにいます。その不思議を、子どもの時からずうっと付いて来ている月だ、と表現して楽しい句。作者は、現代詩を書く著名な詩人でしたが俳句もし「貨物船」という俳号でした。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • かの窓の かの夜長星 ひかりいづ 

    2023.09.28 放送

    作者:芝不器男

    夜長は、短かった夏の夜のあとゆえに、長く感じる秋の夜のことです。「夜長星」は作者独特の言葉。「かの」のリフレインに思いがこもります。誰の心の中にもある「かの窓」に、星が光り出す秋がやってきました。26歳で亡くなった郷土の俳人芝不器男は、九州の病室でこの句を詠みました。遠く離れた故郷の窓を思ったでしょうか。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 人生は 秋晴もあり 野菊も咲き

    2023.09.27 放送

    作者:京極杞陽

    秋晴れと野菊、一句に二つの季語が重なっています。ちょっと反則で欲張りな句ですが「秋晴れもあり」と、澄み渡った空を仰ぎ、足元には「野菊も咲き」と小さな花に気づく。なんとも気持ちの良い秋の日との出会いです。この句を口ずさむと、心が広々となって、人生もまたしかりだ、と私たちも思えてきそうです。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • イワシショー 果てて秋思の ごときもの

    2023.09.26 放送

    作者:杉山久子

    秋思は、寂しい秋の物思い、感傷的な気分です。水族館で、最近話題のイワシショー。2万匹ほどの鰯が、大水槽のライトの中で群れ動くそうです。眩しいばかりのショーが終わったあとに、襲ってきた秋思。取り残されたように、ぽつんと立っている感じ。あるいは、ショーとは知らない鰯への、切ない思いが起こったのでしょうか。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 別れ路や ただ曼珠沙華 咲くばかり

    2023.09.25 放送

    作者:久保より江

    別れ路とは「人と別れてこれからたどっていく道」のこと。大切な人との別れのあと、目の前の道を曼珠沙華が縁取っている。群れ咲く真っ赤な色が胸に迫ります。寂しくも、一人で歩きはじめる決意のような心が「ただ咲くばかり」なのかも知れません。作者は松山出身の俳人で、夏目漱石が松山に滞在中に世話になった、上野家の孫娘でした。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 坑道へ 螺灯くすぐる 秋の風

    2023.09.22 放送

    作者:加島一善(新居浜)

    螺灯とは、鉱山の採掘現場で使われた手持ちのランプです。サザエの壺にクジラの油を満たし、灯心に火を灯します。新居浜の別子銅山でも使われていました。螺灯を提げ、暗い坑道へ入ってゆくとき、秋風が火をくすぐり、明かりが揺らめきます。坑道の闇の気配が、秋風とともに、ひんやり体を包みます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 秋風を 蹴飛ばす女 ドラム打つ

    2023.09.21 放送

    作者:林 省造(大阪)

    わびしい秋風は、日本らしい情緒をたっぷり含んだ季語です。その秋風を蹴飛ばして、パワフルにドラムを演奏する人がいるとは。秋の寂しさに負けず、自分の力で真っ向からぶつかるスタンスは、爽快です。その迫力に驚きながら、力強く励まされる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 一枚の窓 秋風と 不登校

    2023.09.20 放送

    作者:野口雅也(兵庫)

    一枚の窓を隔て、外には秋風が吹き、室内には学校へ行けない子どもがいます。今、小中学校の不登校の子どもたちは、全国で二十四万人を越えるといいます。一枚の窓の外には世界が広がっています。彼らがそれぞれ、自分の居場所を見つけられるよう、秋風に祈ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 漱石の 便り待つ子規 秋の風

    2023.09.19 放送

    作者:武井日出子(松山)

    今日は正岡子規の忌日です。明治35年の秋、子規は脊椎カリエスによりこの世を去りました。そのころ親友の夏目漱石は、留学先のイギリスに滞在中でした。もう旅に出られない病臥の子規は、漱石がイギリスの様子を知らせる手紙を、楽しみにしていました。秋風が、病床六尺を、涼しく寂しく吹き抜けます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 全集の 禁帯シール 秋の風

    2023.09.18 放送

    作者:幸田梓弓(三重)

    図書室の風景でしょう。貸出不可の本に貼られる禁帯出のシールが、全集の一冊一冊にも、ずらりと貼られています。全集には、過去を生きた人々の言葉が、誰かに読まれるそのときを、ひそやかに待っています。窓から吹きこむ秋風は、図書室に満ちる静けさを深めます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 今もなほ 上人坂に 秋の風

    2023.09.15 放送

    作者:名智 満(松山)

    道後の上人坂は、一遍上人の生誕地・宝厳寺の参道となっている坂です。かつて正岡子規は、夏目漱石と道後を散策し、宝厳寺の山門で〈色里や十歩はなれて秋の風〉と詠みました。上人坂をのぼりきれば、子規と漱石も感じた秋風が吹いています。百年の時空を超えてしみわたる、今日の秋風です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 空き瓶へ 色なき風の 光かな

    2023.09.14 放送

    作者:亀田かつおぶし(栃木)

    秋風には、いろいろな別名があります。その一つが「色なき風」。華やかな色や艶めきのない風という意味で、秋の寂しさをまとう季語です。秋風の中の空瓶は、ほのかに光を帯びています。風の色は失われたけれど、光はまだある、その発見に、今ここにある世界の儚さと尊さが立ち上がります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 秋風に 乾く野良着を 一抱へ

    2023.09.13 放送

    作者:井上定男(西予)

    畑仕事を済ませたあと、野良着を洗って干しておきました。乾いたら、さっと一抱えにして取りこみます。農業の暮らしの日常ですが、秋風を加えたことで肌感覚が伝わります。秋はみのりの季節、この野良着で収穫する喜びもあるでしょう。秋風のわびしい情緒を、生活実感を核にして、軽やかに詠みました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 留学生連れ 秋風の面河渓

    2023.09.12 放送

    作者:久保田凡(松山)

    石鎚山のふもとにある面河渓谷は、夏も涼しく気持ちのよい景勝地です。留学生に日本の自然に触れてもらおうと、一緒に面河渓まで出かけました。秋が深まると、美しい紅葉も見られます。日本で過ごした記憶として、心に残る風景となりますように。渓谷の秋風は心地よく、ひととき時間を忘れて佇みます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 後ろの正面だあれ 秋風の吹く

    2023.09.11 放送

    作者:堤 善宏(松山)

    秋はすべてのものが衰えてゆく、わびしさの募る季節です。秋の風にも、世の移り変わりをしみじみと噛み締める情趣があります。後ろの正面だあれ。子どもの遊びで鬼が振り返ると、そこには秋風が吹くばかり。いたはずの人たちが消えてしまった喪失感は、秋風のまとう寂しさに満ちています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • やはらかに 人分け行くや 勝角力

    2023.09.08 放送

    作者:高井几董

    勝った力士が土俵を引き上げていく様が、鮮やかに目に浮かびます。見物客の喝采の中を歩く、大きな力士の息遣いや誇らしげな姿を「やわらかに」という言葉で見事に現わしました。作者は江戸中期、蕪村門で活躍しました。間もなく始まる秋場所。花道をやわらかく通る力士たちに、拍手を送りたいです。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 新居浜の 煙突のもと 鯊の汐

    2023.09.07 放送

    作者:皆吉爽雨

    爽雨は明治35年、福井県生まれの俳人です。新居浜を訪れたのは、昭和24年47歳の時。新居浜は愛媛県第二位の人口を有する臨海工業都市ですが、今は当時のように鯊の釣れる汐は見られないかも知れません。鯊釣りを楽しむ人々と、工場の煙突とが共存する風景を想像して、なんとなく心が緩んできます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 響爽か いただきます といふ言葉

    2023.09.06 放送

    作者:中村草田男

    「爽やか」は、さっぱりとして快いこと、鮮明であるという意味です。空気が清く、快適な秋に相応しいため、季語となっています。「いただきます」は、いつも言う挨拶なのに、秋の朝にはひと際家の中に響きます。改めていい言葉だなあと気づいたのでしょう。「響爽か」の詠い出しが効果的で、なんとも気持ちのいい一句です。                                                                              

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • この森の 映つてゐたる 木の実かな

    2023.09.05 放送

    作者:千葉皓史

    木の実は、櫟、楢、杉、椎、榎など、秋に結実する小さい実の総称です。この森に落ちていた木の実は、私たちにも親しい櫟の団栗かも。一つを拾い上げてかざしてみると、木の実がまるで暗い森の全部を映しているように、深い色を湛えています。木々や地中で育まれている様々な生命のうごめきも、見えてくるようです。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 切る前に ちょっと転がす 酢橘かな

    2023.09.04 放送

    作者:津田このみ

    酢橘は柚の近縁で、江戸時代から栽培され、徳島県の特産とされています。熟す前の緑色の果実を収穫し、その風味を様々な料理に利用します。まな板の上でしょうか。切る前に転がしてみたという、なんということもない一場面です。でも、ちょっと物思いの指から離れていく青い酢橘が、いとおしく見えてきます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 田を責める 二百十日の 雨の束

    2023.09.01 放送

    作者:福田甲子雄

    季語は「二百十日」は、立春から数えて二百十日目をいい、今日がその日にあたります。この日と二百二十日の両日は、農家の厄日とされています。このころに台風がよく襲来するという警告の意味があります。襲ってきた様子を「責める」「雨の束」と強く表現して、この時季の自然の怖さを、目の当たりに表現しました。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

7月のお題「風鈴」の
応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

すべての俳句を聞く
掲載されている句がランダムで再生されます
すべて聞く/止める

最新の俳句

バックナンバー

pagetop