2023年8月の俳句

  • 秋はさびしと 決めてかかりし 紅生姜

    2023.08.31 放送

    作者:池田澄子

    残暑はまだ続きますが、秋を迎える気持ちを先駆けて詠みました。日の暮れがだんだん早くなり、夕暮れ時の心細さを想像してみます。秋は寂しいものだと決めてかかれば、むしろ覚悟して、寂しさを楽しむ自分でいられそう。食卓に添えられた紅生姜の赤が、ピリっと心に灯り、気持ちをしゃんとさせてくれました。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 頂の 札所に秋の 汗拭ふ 

    2023.08.30 放送

    作者:川端龍子

    有名な日本画家であった龍子は「ホトトギス」の同人でもありました。65歳の昭和25年から6年をかけて、毎年東京から四国遍路に出かけました。八十八か所を巡り、スケッチをし、俳句を作りました。この句の「頂の札所」は60番・横峰寺。当時は坂のひときわ険しい札所で、登りつめた頂で拭った安堵の汗です。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • むかしから 穴もあかずよ 秋の空

    2023.08.29 放送

    作者:上島鬼貫

    空に穴が開いたためしがないのは、そう、昔からのこと。当たり前のことを詠んだ楽しさです。澄んで広々とした秋空に「穴が無いなあ」と、改めて感慨を覚えたのでしょうか。「あかず」は、「飽きない」にかけていて、飽きないで見上げていても、穴の開かない空なのです。作者は、松尾芭蕉とほぼ同時代に活躍しました。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 赤とんぼ 空はひろいね 困ったね

    2023.08.28 放送

    作者:香川昭子

    赤とんぼは、秋の水田などを彩る親しい蜻蛉です。蜻蛉は目が大きく、270度もの視界があるそうです。速力も速く、空中で静止も出来きます。この赤とんぼ、仲間からはぐれたのでしょうか。それとも一匹で飛行を楽しんでいた?最後の「困ったね」が、可笑しいです。飛べども続く空の広さに、途方に暮れてしまったようなのです。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 朝焼や 四国しづかに 隆起して

    2023.08.25 放送

    作者:松山東高校 篠原孝太

    第26回俳句甲子園で、入選に輝いた作品です。朝焼は夏の季語です。日の出の朝、東の空が色づく現象です。四国山脈の稜線が朝焼けに染まるとき、地球規模の歴史に思いを馳せました。長い年月をかけて大地は隆起し、今も動いています。大きな自然の運行への畏怖が、静かに湧き上がります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 星月夜 AIが謝ってきた

    2023.08.24 放送

    作者:松山東高校 谷口春菜

    第26回俳句甲子園で、入選に輝いた作品です。星月夜とは、星の光だけでじゅうぶん明るい夜のことです。今、私たちの生活の中にも、AIの技術が浸透しています。AIがやりとりの中で、ふいに「ごめんなさい」と謝ってきたら、まるでAIも心を持っているようで、ドキッとします。宇宙を感じる星月夜には、AIとの距離もぐっと縮まります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • コスモスや 我の三歩は 皆の二歩

    2023.08.23 放送

    作者:愛光高校 星川優希

    第26回俳句甲子園で、入選に輝いた作品です。コスモスは、野にたくましく揺れる、秋の花です。他の人は二歩で進める距離が、私の歩幅では三歩かかります。みんなの速さに追いつくよう、一生懸命、歩かなきゃ。その気持ちは健気で、切なく響きます。自分のペースで大丈夫。風に揺れるコスモスが、静かに励ましているようです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 生家てふ 市営アパート 星月夜

    2023.08.22 放送

    作者:松山東高校 田邊広大

    第26回俳句甲子園で優秀賞に輝いた作品です。星月夜が秋の季語です。月のない夜、星の光だけで明るく、まるで月が出ているような夜を指します。生まれ育った生家にも、それぞれの形があります。宇宙に点在する星の光のように、市営アパートの窓にも、なつかしく優しく、灯が点ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 月涼し 伽藍に蟹の道のある

    2023.08.21 放送

    作者:名古屋高等学校 小田健太

    第26回俳句甲子園で最優秀賞に輝いた一句です。伽藍とは、寺院で修行などをするための建物です。海や川のそばの寺院なので、蟹がやってきて、歩いているのでしょう。蟹は満月の夜に産卵すると言われています。広い伽藍を横切る、生きた蟹の気配。夏の夜空に輝く涼しい月が、命の神秘の営みを、静かに照らしています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 夕焼けの金を まつげにつけてゆく

    2023.08.11 放送

    作者:富澤 赤黄男

    俳人の富澤赤黄男は、現在の八幡浜市保内町出身です。象徴的な作風で知られ、戦後の前衛俳句を牽引しました。夕焼けの光が、睫毛にきらきらと輝いています。金という色を示すことで、夕日の力強さや、今この瞬間の輝きが感じられます。きっと、その人の瞳には、明日を信じる光が宿っているでしょう。難しい言葉は使わないシンプルな表現から、ゆたかな詩情があふれています。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 朝顔の 紺の彼方の 月日かな

    2023.08.10 放送

    作者:石田波郷

    石田波郷は、松山市に生まれ育った俳人です。肺結核の療養の中で、人生や生活を主題にし、俳句を通して「生きる」ことと向き合いました。朝顔は青やピンクなど花の色もさまざまです。中でも紺色は落ち着いた印象がありますね。朝顔の紺を見つめていると、彼方に過ぎ去った日々が懐かしく、同時に、未来の匂いもよぎりました。人間の時間を包みこむ、大いなる自然のサイクルを感じます。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 吾生は へちまのつるの 行き処 

    2023.08.09 放送

    作者:柳原 極堂

    柳原極堂は、松山中学時代の正岡子規の同級生です。雑誌「ほととぎす」を立ち上げ、友人として子規の顕彰に生涯を捧げました。この句は、極堂がこの世を去るときに詠んだものです。私の人生は、糸瓜の蔓が伸びてゆく先をともに目指してきたのだと、来し方を振り返りました。糸瓜とは、子規のこと。子規は、死ぬ間際に糸瓜の句を詠みました。子規に憧れ、その背中を追い続けた、友情の一句です。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 立秋の 紺落ち付くや 伊予絣

    2023.08.08 放送

    作者:夏目漱石

    小説家・夏目漱石は、正岡子規の親友で、中学校の英語教師として松山に赴任したこともあります。伊予絣は、松山で作られた木綿の紺絣です。明治時代の松山では絣の製造が盛んで、日本三大絣にも数えられました。立秋を迎え、ふだん着ている伊予絣の紺色も、どこか落ち着いて感じられます。今日は立秋です。まだ暑い日は続きますが、漱石のように、生活の中に秋を探したいものですね。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 万緑の中や 吾子の歯生え初むる

    2023.08.07 放送

    作者:中村 草田男

    俳人・中村草田男は、中国のアモイに生まれ、松山で育ちました。人間の存在を見つめる哲学的な作風で、人間探求派と呼ばれました。「万緑」という言葉は、草田男が漢詩の一節から見つけ、新しく採用された季語です。夏の草木が一面みどりに輝く中、私の子どもに今、小さな歯が生えはじめました。広がる万緑のエネルギーに、赤ちゃんの秘めた生命力が、きらきらと呼応します。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 向日葵の 蕋を見るとき 海消えし

    2023.08.04 放送

    作者:芝不器男

    芝不器男は、明治36年、現在の松野町に生まれました。みずみずしい感性で俳壇の期待を集めましたが、病にかかり、26歳で夭折しました。夏のまぶしい日差しの中、向日葵の花にぐっと近づけば、びっしりと蕋がひしめきます。その蕋を見つめていると、背後に広がる海の存在を、すっかり忘れていました。海に負けない向日葵の存在感が、夏にみなぎる命の力を物語ります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • あるけばかつこう いそげばかつこう

    2023.08.03 放送

    作者:種田山頭火

    種田山頭火は、各地を放浪して俳句を詠んだ、さすらいの俳人です。575にとらわれない自由な韻律で、あてどのない旅の道程をいきいきと詠みました。その果てに松山へたどり着き、一草庵で58年の生涯を終えました。この句も山を歩いている場面でしょう。人間がのんびり歩いても急ぎ足になっても、かっこうは変わらず鳴いて、その声を響かせます。自然のふところの深さを感じる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • わだつみに 物の命の くらげかな

    2023.08.02 放送

    作者:高浜虚子

    高浜虚子は、松山出身の俳人です。正岡子規のもとで俳句を学び、雑誌「ホトトギス」を通して、多くの俳人を育てました。広い海原に、くらげが漂っています。海の果てしなさに比べれば、くらげの命は小さくてとるに足らないかもしれません。それでも、寄る辺ない海の中でたしかに生きている、一つの命なのです。そして、人間もくらげと同じ、たった一つの命を抱いて、この世界で生きています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 愕然として 昼寝さめたる 一人かな

    2023.08.01 放送

    作者:河東碧梧桐

    河東碧梧桐は、松山出身の俳人です。郷里の先輩・正岡子規のもとで俳句を学び、新しい時代の俳句の姿を模索しました。この句の季語は昼寝です。夏は暑くて疲れるので、体力回復のための昼寝が季語になっています。昼寝から覚めたら、ぽつんと一人。夢の内容に愕然としたのでしょうか、誰もいないことに驚いたのでしょうか。日常の時間の中に、生きることの孤独が、ふと顔を出します。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

7月のお題「風鈴」の
応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

すべての俳句を聞く
掲載されている句がランダムで再生されます
すべて聞く/止める

最新の俳句

バックナンバー

pagetop