2024年3月の俳句

  • さくら咲き 語尾のやさしき 伊予言葉 

    2024.03.29 放送

    作者:加倉井秋を

    桜だよりが聞こえ始めると、今年は何処の桜を訪ねようかと、頭を巡らせます。この人は伊予、すなわち愛媛の桜を愛でているようです。桜の下でかわされる伊予の言葉に、思わずにっこり。「きれいけん来とーおみや」、「もう、お行きな」あるいは「はよお食べ」などでしょうか。きょうの句は、昭和四十三年の作ですから、語尾に「なもし」もあったでしょうか。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 生け花の ぽんと一役 葱坊主

    2024.03.28 放送

    作者:住田五月

    収穫を済ませて残しておいた葱が、伸びた花茎の先端に細かい白い花を球状につけます。その様子を「葱坊主」と呼んでいます。この葱坊主、現在は生け花に一役かっているようです。紫色など品種改良されたものもあるとか。華やかな花の中に放り込むような「ポンと一役」が、親しくてユーモラスな名にぴったりの楽しい表現です。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • わが墓を 止り木とせよ 春の鳥

    2024.03.27 放送

    作者:中村苑子

    春になり草木が萌え始めると、いろいろな鳥が姿を見せ始めます。「鳥帰る」「鳥の巣」「囀り」「鳥交る」も春の季語で、野鳥の活発な動きがわかります。願わくば、わが墓には春の鳥が来て欲しい。止まり木にして囀ってくれたらどんなにすてきだろう、という句。 生きて今、春を迎えて喜びに満ちる鳥たちに呼びかけています。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 多い目に 御飯を炊いて 花菜漬

    2024.03.26 放送

    作者:稲畑汀子

    花菜漬は菜の花が蕾のうちに摘みとって、浅く塩漬けしたもの。京都の名産の一つですが、家庭でも作れます。付け合わせやお茶漬けに合います。食卓にのぼる日は、白いご飯がいつもよりも美味しく、家族のおかわりも必至。葉の緑色に蕾の黄色がかった色彩もきれいで、素朴な白いご飯に映えます。デパートの地下などに、花菜漬を探しに行きたくなります。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 木の芽日和 慶事あるらし 村人の

    2024.03.25 放送

    作者:森田雷死久

    春に芽吹く木の芽を「木の芽」といいます。木の芽日和は芽にとって都合の良い天候のこと。ぐんと伸びていきそうな好天です。そんな日に、この村によろこび事があるようなのです。結婚式でしょうか。村中で祝う風景が、あたたかく描かれています。この句の句碑が松山市平田町の常福寺にあります。作者は正岡子規門の僧侶でした。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 風ですか 囀ですか 大欅

    2024.03.22 放送

    作者:岡野 未由子(宇和島)

    囀る鳥の声は、自然のさまざまな音と調和しています。風なのか囀りなのか分からないほどに、一体となって春の空気に溶け込んでいます。振り返ったとき、そこには大きな欅の木が、ただ揺れていました。人間も大いなる自然のふところに生きているのだと、ふと気づかせてくれる一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 囀は 明日を待つ声 墓石拭く

    2024.03.21 放送

    作者:山内佑資(伊予)

    囀りとは何か、一般的な説明ではなく、自分の感覚で語り直したところに、詩が生まれました。囀りというのは明日を待つ声なのだと思うとき、今日の悲しみと明日への希望がひたひたと寄せてきます。墓石を拭き、親しいその人を偲びながら、囀りに顔を上げ、今日へと向き直します。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 囀や もう来ないはず B29

    2024.03.20 放送

    作者:宮崎泉(静岡)

    B29は第二次世界大戦において、アメリカ軍が日本への空襲に用いた大型の戦闘機です。当時を知る世代にとっては、今もなまなましい記憶。囀りのにぎやかな音量にふと、かつての戦闘機の気配を思い出しました。「はず」の一語に不安がよぎります。囀りをおだやかに聞くこの平和が、続きますように。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • さへづりの 音楽準備室に 鍵

    2024.03.19 放送

    作者:四條たんし(愛知)

    学校の音楽準備室には鍵がかかっていて、開けるまではしーんと静かです。春になるとその周りを、鳥たちの囀りがにぎやかに包みます。外の光の明るさと室内の暗さとが、春の陰影を作り出しています。鳥には囀りがあり、人間には音楽があります。音のあふれる春本番まで、あともう少し。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 陸酔いの 足に囀 こそばゆし

    2024.03.18 放送

    作者:北欧小町(東京)

    長い時間船に乗って揺られると、降りてもまだ体が揺れているように感じることがあります。これが「陸酔い」です。陸に降りると、新しい町の風景が新鮮に飛び込んできます。鳥の囀りも、水の上にはなかったものです。ふわふわとした足のこそばゆさが、むずむずとした春の感覚を呼び覚まします。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 手術後の 猫の鼾と 囀と

    2024.03.15 放送

    作者:堀川絵奈(西予)

    手術を終えたばかりの猫が眠っています。体に負担がかかっているからか、鼾もいつもと違って聞こえます。そこにやさしく、囀りがかぶさってきました。生命力たっぷりの鳥の声が、猫の回復力にも刺激を与えそうです。しっかり眠って癒して、また元気な姿を見せて、と願います。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 囀りの中へ 休職明けの空

    2024.03.14 放送

    作者:渡辺香野(高知)

    事情があって休んでいた会社に復帰するときは、やはり不安や緊張が伴うものです。そんな朝、外へ出ると気持ちのよい空が広がっていて、鳥たちがいきいきと鳴きかわしていました。私も自然と心が前向きになり、春の光と風の中へ一歩踏み出します。囀りのエールを胸に、新しい日々、きっと大丈夫です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 補聴器を外して 囀りの間近

    2024.03.13 放送

    作者:岩ア 久美(松山)

    補聴器は、聴力を補い、より聞こえやすくするための器具です。補聴器を外したとき、音は聞こえにくくなるはずですが、作者は囀りをむしろ近くに感じたといいます。補聴器を介さないことで、囀りと直接つながれたような心地がしたのでしょう。しばし囀りに耳を預ける春のひとときです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 囀へ飛び出す ジップラインの児

    2024.03.12 放送

    作者:星月彩也華(四国中央)

    ジップラインとは、アウトドアアクティビティの一つです。山や森に渡されたワイヤーロープにぶら下がり、滑車を使って滑り降ります。大自然を大胆に感じるぶん、挑戦には勇気も必要です。それでも覚悟を決めて飛び出してゆく子どもの背中に、囀りが力強くひびきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 囀りや ひかりはふくらんで 満ちる

    2024.03.11 放送

    作者:馬越貴英(今治)

    春になると、鳥たちも恋をして、にぎやかに鳴きかわします。これが「囀」です。うぐいす、雲雀、目白、四十雀……。たくさんの鳥たちが囀るさまに、こちらの心も明るくなります。囀りがどんどん勢いを増すように、光もまたふくらみ輝き、この世界に春が満ちてゆきます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 家挙げて 土筆の袴 とる夕

    2024.03.08 放送

    作者:寒川鼠骨

    土筆を見つけて摘み始めると、時間を忘れて一心にのめり込んでいきます。いつの間にか袋はいっぱいに。「家挙げて」は、まんざら大袈裟な表現ではありません。夢中で摘んだあとは、食卓に上るまでの手間が待っていますから。一本一本の袴を外していけば、家族みんなの指先が真っ黒に。作者は子規門下の俳人で、子規亡きのちも、子規の作品、著述の編集などにつとめました。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • わが齢を 妻の追ひくる 水草生ふ

    2024.03.07 放送

    作者:勝又一透

    春は池や沼、川などの水温が上昇して、様々な水草が生え始めます。野山の芽吹きと呼応して、水辺も青々としてきます。年下の妻が、自分の年に追いついてくるように思えてしまう、という感慨の句。春の水草のように生き生きと活動する妻が、眩しく映ります。夫は仕事に疲れている?妻の存在がだんだん大きくなってきました。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 鶯や 地球の朝を 掃いてるねん

    2024.03.06 放送

    作者:平きみえ

    「はいてるねん」は、関西弁です。朝の鶯の鳴き声に親しく応えているようで、楽しいです。地球の朝を掃いているという、誇らしげな言い方が、可笑しくもあります。春を象徴し、日本人に最も親しまれている鶯の鳴き声は、どの鳥の声よりもくきやかに耳に響いてきます。朝ならひときわです。「地球の朝」と、言いたくなります。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 春空に 鞠とどまるは 落つるとき

    2024.03.05 放送

    作者:橋本多佳子

    「鞠」は、現代でいえば球、ボールです。春空に上がるのは、まず野球のボールを思い浮かべるでしょうか。とどまるのは、ボールにとって一番高くまで上がったところです。それは、すなわち、落ちる時だという、ちょっと切ない発見です。のどかにかすむ春の空から落ちてくるボールと自分が、一体化するような気分です。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 一寸ゐて もう夕方や 雛の家

    2024.03.04 放送

    作者:岸本尚毅

    昨日、三月三日は桃の節句、雛祭りです。愛媛では四月三日に行う地域も多く、しばらく飾り雛を楽しめそうです。「雛の家」は、雛飾りをしてある家のこと。すぐにいとまするつもりが、いつのまにか日が暮れかかっていました。雛人形談議が尽きなかったのか、あるいは普段とは違う華やいだ部屋で、世間話が弾んだのでしょう。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 春宵や 卵抱きし 十姉妹

    2024.03.01 放送

    作者:水谷砕壺

    「春宵」は、春の穏やかな一日が暮れて、まだ夜の更けないころです。蘇東坡の「春宵一刻直千金」という言葉で知られる、どこか華やぐ雰囲気も持っています。そんな宵と、卵を抱いた十姉妹を取り合わせた句。大切に飼ってきた鳥が、命を育み始めました。卵を抱いたいたいけな鳥を、春の宵が包み込んでいるようです。

    (監修:谷)

    音声で俳句を聞く/止める

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

7月のお題「風鈴」の
応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。一人何句でも応募可能です。選ばれた俳句は、EBC Live News「きょうの俳句」コーナーでの放送のほか、テレビ愛媛のホームページ等で紹介します。作者の氏名(ペンネームの場合はペンネーム)、お住いの市町名(ジュニアの場合は学校名)も紹介されます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます。)
※俳句の募集は、毎月第2月曜日、午後6時から開始します。

応募規約

・応募作品は未発表で、ご自身の作品(著作権がご自身にある作品)に限ります。
・他人の作品に著しく類似、または他人の作品の盗用など、第三者の権利を侵害する可能性があると判断した場合は、応募の対象外とします。
・テレビ愛媛は応募作品による権利の侵害等に対し、一切の責任を負いません。

個人情報の取り扱いについて

頂いた個人情報は、優秀句に選ばれた方への事前連絡並びに記念品をお送りする際にのみ使用させて頂きます。

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

すべての俳句を聞く
掲載されている句がランダムで再生されます
すべて聞く/止める

最新の俳句

バックナンバー

pagetop