2018年7月の俳句

  • 夕虹を 一人見てゐる ベンチかな

    2018.07.31 放送

    作者:三村純也

    夕立のあとなどに、太陽と反対側の空に現れるのが七色の「虹」。空中の水滴を通りぬける光の屈折によって生まれる現象です。光の色は外側から赤、橙、黄、緑、青、藍、紫と並んでいます。虹は四季を通じて現れますが、夏に多く、特に夕立のあとの東の空に立つ虹は、目の覚めるような美しさです。作者はそんな「夕虹」を、一人ベンチに座って仰いでいます。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 花火果て 空のたちまち みづみづし

    2018.07.30 放送

    作者:浦川聡子

    「花火」は、江戸時代に川開きの呼び物として様々な仕掛けが工夫され、独自の発達をしました。夜空に華やかに開く美しさと、一瞬にして消えてゆくはかなさが、夏の風物詩となっています。お盆の行事としても打ち上げられたため、歳時記によっては、夏と秋の両方に載っていることもあります。この句は、花火が終ったあとの夏の夜空の、しっとりとした美しさに注目しています。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • わが夏帽 どこまで転べども 故郷

    2018.07.27 放送

    作者:寺山修司

    私の夏帽子が、風に飛ばされて畦道を転がってゆきます。その行く先は、どこまでもふるさとでした。帰郷したときのよろこびか、故郷を出てゆきたい青春の鬱屈か。夏帽子を追いかけている風景そのものが、郷愁を強く駆り立てますね。どれだけ離れようとしても、ついに振り切ることのできないもの、それが故郷なのだと、語りかけてくる名句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 虹消えて 冷蔵庫など 開けてみる

    2018.07.26 放送

    作者:高野ムツオ

    雨あがりの空に虹を見つけると、特別な気分になりますね。でも、消えてしまえばなんだか寂しくて、手持ちぶさたになります。それで何となく、冷蔵庫をのぞいてみたりする、そんな人間心理をするどく捉えました。虹という非日常から、冷蔵庫という日常への、無意識の移ろい。人はこんなふうにして、虹のあとの世界を生きているのかもしれません。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 絵も文字も 下手な看板 海の家

    2018.07.25 放送

    作者:小野あらた

    たしかに、こういう海の家、ありますよね。看板の絵も文字も下手で、店主はいるのかいないのか分からなくて、そのおおらかさがまさに海の家です。作者は二十代の若手俳人。この句は、俳句甲子園の決勝に発表されて、話題になりました。簡潔な内容に簡潔な文体が、こころよく響きます。日本のどこかに必ずある、なつかしい風景です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 号砲や 飛び出す 一塊の日焼

    2018.07.24 放送

    作者:兵頭輝(宇和島東高出身)

    第18回俳句甲子園の最優秀賞に選ばれた一句です。スタートを告げる号砲が鳴ると、スタンバイしていたランナーが、一気に駆け出しました。アスリートを「一塊の日焼」と即物的に表現したのが大胆ですね。夏の日ざしのもとで躍動する肉体が、なまなましく描き出されました。劇的な瞬間をとらえた、フォトジェニックな一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • パスポート 軽く大暑の 地を離る

    2018.07.23 放送

    作者:高勢祥子

    一年を二十四の季節に分けた二十四節気、今日から大暑です。一年でもっとも暑さが厳しく感じられる時期に、パスポートをたずさえて、外国へと旅立ちます。行き先は、南の島か、北欧か。「軽く」の一語に、暑い日本を逃れて旅先へと心弾ませる、解放感が託されています。みなさんはこの夏、どこへ旅をしたいですか。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 寄港船の 水吐く音や 大夕焼

    2018.07.20 放送

    作者:長島衣伊子

    「夕焼」は四季を通じて見られる現象ですが、夏は夕方の時間が長く、特に壮大で美しいことから夏の季語とされています。壮大な夕焼を、俳句ではこの句のように「大夕焼」ともいいます。夕方、港に錨をおろした船から、水を排出する音が響いています。沖合の西の空には、みごとな夕焼が広がっています。きっと明日は晴天となることでしょう。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 吾が汗か 胸に眠れる 子の汗か

    2018.07.19 放送

    作者:相子智恵

    暑さのために皮膚の汗腺から吹き出る分泌物が「汗」。皮膚のほぼ全体から出て、蒸発することで体の熱を奪い、体温調節をしています。真夏には、室内でじっとしていても、一日3リットルの汗が出ます。この句は、幼子を胸に抱くお母さんの姿。滲み出る汗は、自分のものか、わが子のものか。何とも幸せそうな母と子の姿です。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • スイーツと呼ぶな 老舗の葛切を

    2018.07.18 放送

    作者:上谷昌憲

    葛粉を水で溶き、砂糖を加えて透明になるまで煮て練り固めて冷やしたのが「葛練」。これをうどんのように細く切ったものが「葛切」で、黒蜜と黄粉、抹茶などをかけて食べます。透き通った涼しげな姿と、喉越しの弾力と冷たさが愛される伝統的な夏の和菓子です。そんな老舗の味を、今出来のスイーツなんかと一緒にしてくれるな、という一句です。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 滝仰ぐ 退りて仰ぎ またすさる

    2018.07.17 放送

    作者:小原啄葉

    垂直に切り立つ断崖を流れ落ちる水が「滝」。その涼しさを愛でて夏の季語となったのは比較的新しく、明治以降のことです。俳人にとっての滝は、その荘厳な眺めと涼気を味わうもの。作者は何度も後退りしながら、滝の景観を仰ぐのに一番よいポジションを探っています。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • スマホなど 仕舞ひたまへと 鱧づくし

    2018.07.16 放送

    作者:柴田多鶴子

    今日は海の日。今が旬の海の幸といえば、何といっても「鱧」ではないでしょうか。鱧は主に西日本の浅い海で獲れる鰻に似た魚で、大きさは1メートル以上もあります。小骨が多く、鱧の骨切りは料理人の特技とされています。酢の物、鱧鮨、天ぷら、つけ焼き、鱧ちりなど豪華な鱧料理が勢ぞろいしました。スマホなんかいじっている場合ではありませんよ。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 光年や 眦ふかき藍浴衣

    2018.07.13 放送

    作者:栗田修次(松前町)

    光年は、天文学で星と星との距離を表すときに使う単位です。浴衣の人が、夜空を見つめながら、光年というはるかな距離に思いをはせています。そのまなじりは深く、瞳には輝く星々が。藍浴衣の藍色が、夜空の深い藍色とひびき合って、しずかな時空を作り出しました。浴衣という日常の衣類から、雄大な宇宙へと発想を広げた、格調高い一句です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 両の手で ジョッキを仰ぐ 浴衣かな

    2018.07.12 放送

    作者:三津浜わたる(松山市)

    ビールジョッキを両手でつかみ、豪快にあおる浴衣の人。解放感あふれる姿に、見ているこちらまで気持ちよくなります。ビールも浴衣も夏の季語なので、ビールを「ジョッキ」と言い換え、浴衣を主役として存在感を強めたのも巧みです。湯上りの道後散策か、ビアガーデンの一風景か。暑い夏を迎え撃つ、力強さにあふれています。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • お泊り保育 までには浴衣 仕上げるね

    2018.07.11 放送

    作者:和田純子(東温市)

    幼稚園での行事のひとつ、お泊り保育は、子どもにとっても家族にとっても、一大イベントです。当日に子どもが着る浴衣を、日々の仕事や家事の合間をぬって、少しずつ手作りしているのです。もしかしたら、夜に作業を進めながら、すやすやと眠る寝顔につぶやいているのかもしれません。子どもに語りかける優しい口調に、愛を感じますね。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 浴衣着て ケースに仕舞ふ 名刺かな

    2018.07.10 放送

    作者:河野由美子(千葉県浦安市)

    浴衣を着て、くつろいだ気分で出かけた先で、仕事関係の人と会ったのでしょう。浴衣はもともと、湯上がりに着たり寝間着にしたりと、プライベートな空間で親しまれてきた衣服です。その浴衣を、パブリックな仕事の場面と取り合わせたのがユニークでした。名刺交換というありふれた風景も、浴衣によって涼やかにいろどられます。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 腰骨の 高き娘の 浴衣かな

    2018.07.09 放送

    作者:向井桐華(松山市)

    腰骨の位置が高く、すらりと背の高い、スタイルのいい娘さん。浴衣の帯を締めるのも、おのずと高い位置になります。さっそうと浴衣を着こなす姿に、ほれぼれしますね。時代とともに、日本人の体形も変わってゆきますが、浴衣を着て夏を涼しく過ごすスタイルは、変わらず続いてゆくことでしょう。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 涼しさにゐて 立膝のおのづから

    2018.07.06 放送

    作者:石嶌岳

    蒸し暑い日本では、夏は暮らしのすべての場面で「涼しさ」が欲しい季節です。朝夕の風のあるひとときや、暑い日中でも木陰や風通しのよい縁側などで感じられる涼しさは、まことにありがたいものです。そんな涼しさを求める行為を「涼み」「納涼」といいます。涼しさの中にいて、より涼しくなるよう、無意識のうちに立膝をしている姿です。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 揺れながら ビールの泡の 到着す

    2018.07.05 放送

    作者:土肥あき子

    「ビール」は一年を通して飲まれますが、冷えたのを一気に飲む爽快さは、やはり夏ならではのものです。近ごろは女性にも愛好されています。この句はビヤガーデンの情景でしょう。よく冷えた生ビールが、ほどよく泡立っている大ジョッキが運ばれて来ました。ビール大好きの作者は、「ビールの泡の到着」を大歓迎しているようです。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 百日紅 白花散れば 赤花も

    2018.07.04 放送

    作者:馬場龍吉

    七月初めから九月末頃まで、枝先に紅色の花を咲かせる「百日紅」は、ミソハギ科の落葉高木です。樹皮が滑らかで、木登り上手の猿でも滑るというのが名前の由来。漢名で百日紅(ひゃくじつこう)と書くのは花期の長さにちなんでいます。花の色には紅だけでなく、白もあります。この句は、百日紅の白花や紅花が、咲いては散り、散っては咲く風情を描いています。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • ラムネ飲む 昔日の音 転がして

    2018.07.03 放送

    作者:水田むつみ

    わが国で初めて「ラムネ」が発売されたのは、今から146年前の明治五年だそうです。ラムネは英語のレモネードが語源で、炭酸水に甘味とレモン香料を加えたもの。飲むときに、瓶とガラス玉が触れ合う音が涼しげで、いかにも庶民的です。この句は、ラムネの玉の転がる音を「昔日の音」と詠んで、古きよき時代を懐かしんでいます。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 灯点さぬまま 風鈴の音の中

    2018.07.02 放送

    作者:坂本宮尾

    風通しのよい縁側や軒に吊るし、その音色の涼しさを楽しむ「風鈴」。クーラーなどない昔から、夏の暑さをしのぐために愛用されてきたものです。風鈴の素材には金属、ガラス、陶器などがあります。この句は部屋の窓辺に吊るされた風鈴でしょうか。日が暮れても、あえて電灯を点けず、夜風に鳴る風鈴の音を満喫している、作者の姿が見えるようです。

    (監修:池内)

    音声で俳句を聞く/止める
すべての俳句を聞く
掲載されている句がランダムで再生されます
すべて聞く/止める

最新の俳句

バックナンバー

2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

6月のお題「冷奴」の
応募は締め切りました

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。選ばれた俳句は、EBCプライムニュース「きょうの俳句」のコーナーで紹介させていただきます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます)

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

pagetop