「聞ける俳句」は、
テレビ愛媛の夕方のニュースで
これまでに紹介された俳句を
『見て』『聞いて』
楽しんでいただけます。

監修:池内恵吾、神野紗希

  • 深海魚 群れて眠りぬ 遠花火

    今日の俳句

    2018.08.17 放送

    作者:みさと(松山市)

    深海魚と遠花火、一見意外な組み合わせですが、いずれも遠く触れられない闇の中で、静かに息づくものたちです。海の底で眠る深海魚にとっては、はるか海の上にあがる美しい花火もまた、知るよしのない遠花火なのかもしれません。そして、私たち人間も、遠花火に孤独な耳を傾けながら、群れを作り身を寄せ合って、この世界に生きているのです。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 花火師の 抱えし竜の 卵かな

    今日の俳句

    2018.08.16 放送

    作者:奈良香里(松山市)

    夜空にひらく打ち上げ花火は、花火師が球体に火薬を詰めて作ります。花火玉には、大小さまざまなサイズがありますが、一尺玉だと直径30p、三尺玉だと1m近くになります。作者はこの花火玉を、竜の卵のようだと見立てました。その卵は、ときが来れば夜空の真ん中で孵化し、竜のように激しく、光をほとばしらせるのでしょう。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 彼女です 花火帰りに 連れて来る

    今日の俳句

    2018.08.15 放送

    作者:渡部茂由子(久万高原町)

    花火に出かけていた息子が、なんと彼女を連れて帰って来たのです。「母さん、紹介するよ」。はじめて対面する息子の彼女は、さてどんな子なのでしょう。浴衣にポニーテールなのか、Tシャツジーパンのさばさばした雰囲気なのか。ちょっぴり緊張するおまけのついてきた、にぎやかな花火の夜です。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 村老いて 半額シールの 花火かな

    今日の俳句

    2018.08.14 放送

    作者:霞山旅(宮城・仙台)

    高齢化する過疎の村に、ぽつんと立つ小さな店。花火を買って遊ぶ子どもや若者も少なくなり、売れ残った花火には、半額のシールが貼られています。本来はみんなでにぎやかに楽しむ花火だからこそ、活気を失った村のさびしさが際立ちますね。今、日本のそこかしこに、現在進行形で存在する風景に、しずかに向き合いました。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める
  • 一瞬の 草の薫りや 遠花火

    今日の俳句

    2018.08.13 放送

    作者:砂山恵子(西条市)

    花火にまつわる季語に「遠花火」という言葉があります。花火大会へは足を運ばず、遠いところで花火の音を聞いている、少しさびしい距離を含んだ季語です。遠くで花火が上がった瞬間、足もとの草の薫りが、強く濃く感じられました。世界が一瞬、あざやかに迫ってくる繊細な感覚。花火の音や草の薫り、五感をとおして、夏の空気感が伝わります。

    (監修:神野)

    音声で俳句を聞く/止める

ここから「すべての俳句を聞く」が再生されます。

すべての俳句を聞く
掲載されている句がランダムで再生されます
すべて聞く/止める

最新の俳句

バックナンバー

2018年
2017年

テレビ愛媛ではみなさまから
俳句を募集しています!

9月のお題は
「月」 です

応募フォーム、メールアドレス、ハガキの中からご応募ください。メールアドレス、ハガキでのご応募は、お題を含む俳句(ふりがな)・氏名(ふりがな)・住所・電話番号・メールアドレスを記載してお送りください。選ばれた俳句は、EBCプライムニュース「きょうの俳句」のコーナーで紹介させていただきます。
(採用された方には放送日を事前に連絡し、記念品を贈らせていただきます)

俳句の応募はこちら

メールアドレスからの応募: 応募先メールアドレス

ハガキからの応募:
〒790-8537 テレビ愛媛「きょうの俳句」係

監修の先生のご紹介

  • 池内恵吾

    池内恵吾(いけうちけいご)

    伊予郡松前町出身。松山南高校卒業。早稲田大学卒業 1959年フジテレビに入社。「小川 宏ショー」「3時のあなた」プロデューサーを経てフジテレビ退社後1984年愛媛放送(株)(現(株)テレビ愛媛)に入社。報道制作局長、取締役を歴任。1985年〜夕方ニュース「きょうの俳句」の放送原稿を担当。
    俳人協会 会員

  • 神野紗希

    神野紗希(こうのさき)

    松山市出身。松山東高時代に「俳句甲子園」で優勝。お茶の水女子大学卒業。東京を拠点に俳人として活躍し、NHK「俳句王国」司会「俳句さく咲く!」選者も担当。2015年から現代俳句協会の青年部長を務める。明治大学・玉川大学・聖心女子大学講師。句集に『星の地図』『光まみれの蜂』、著書に『日めくり子規・漱石』など。

pagetop