個人情報保護基本方針

株式会社テレビ愛媛及び株式会社EBCプロダクション(以下「当社」といいます)は、情報通信技術の進展による個人情報の利用の拡大と有用性の増大に伴い、個人の権利利益が侵害されることのないよう、その取り扱いはより慎重に行われなければならないことを十分に認識しております。
個人情報の保護に係る法令等の遵守徹底をはかるとともに、放送の社会的責任を果たすために、当社の業務に携わる全ての者が遵守すべき基本方針として、「個人情報保護基本方針」を定めます。

  1. 個人情報は利用目的を明らかにして必要な範囲のみを適正な方法で取得します。
  2. 個人情報は、法令で定める例外を除き、利用目的の範囲内で、正確かつ最新の内容を保持して、適正に利用します。
  3. 個人情報は、法令で定める例外を除き、本人の同意を得ずに第三者へ提供しません。
  4. 個人情報は定められた責任者のもとで万全な保護体制を構築して安全に管理します。
  5. 個人情報には適切な安全管理策を実施します。
  6. 個人情報を取り扱う従業者・委託先等の適切な監督と必要な教育や啓発を行います。
  7. 個人情報の取り扱いに関して本人又は代理人からの開示等の請求や苦情に関する手続きを定め誠実に対応します。
  8. 個人情報の漏洩・滅失・き損に際しては速やかに適正な処置を講じます。

株式会社テレビ愛媛
代表取締役社長 尾谷牧夫


オプトアウトについて

「オプトアウト」とは、個人データを第三者に提供する時に予め本人へ通知し、または本人が容易に知り得る状態においた上、本人から求めがあれば提供を停止しなければならない措置をいいます。個人情報保護法では、オプトアウトの措置をとっている場合は、本人の同意なく個人データを第三者に提供することができると規定しています。 EBCでは、個人データを第三者に提供する場合は予め利用目的一覧に掲載します。原則として皆様から登録していただいたデータは、個人を特定できる状態でご本人の承諾・同意を得た第三者以外に開示・提供することはありません。