EBC News
EBC LiveNews

月〜金曜日 15:45〜19:00

キャスター:
正本 健太(月〜水)・福吉 貴文(木・金)・名護谷 希慧
お天気キャスター:
鈴木 瑠梨・早戸 敦子
東京五輪で注目 愛媛でも人気 競技用自転車・BMXの魅力を体感!【愛媛】
BMXは「バイシクルモトクロス」の略で、ジャンプの高さや回転などトリックと呼ばれる技やタイムを競う自転車競技です。

東京オリンピックで正式種目になるなど、愛媛でも注目が集まっています。

松山市にある専用パークで正本健太キャスターが魅力を体感してきました。

起伏のあるコースを縦横無尽に疾走する小型の自転車。

「BMX」はアメリカ発祥の競技用自転車で東京五輪ではトリックを競う「フリースタイル」が正式種目として採用。

そのアクロバティックなトリックや走りは、極限を意味するエクストリームスポーツのひとつとして海外ではスケートボードやスノーボードと並ぶ人気の競技です。

松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「普通の生活してては味わえない無重力感だったり、横にG(重力)がかかっちゃう。そういうところでファンの方はやめられないみたいになるんですよ」

松山市上伊台町のBMX専用パーク「オリーブ」は路面が波のように起伏する「パンプトラック」や、すり鉢状の「ボウルパーク」などの初心者から上級者まで楽しめるコースを備えています。

BMXに乗る中学生:
「(BMXを)始めたのは1年くらい前で、(魅力は)スムーズにこげてスムーズに進めた時だと思います」

正本健太キャスター:
「目の前にBMXありますけれども、思っていたよりコンパクトなサイズというか」
松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「でも、これが大人用なんですよ」

サイズはコンパクトですが、ハードなトリックやレースに耐えるシンプルかつ頑丈な作りになっています。

このBMXを「パンプトラック」と「ボウルパーク」でそれぞれどう乗りこなすのか。

お手本を見せてくれるのは池田会長の長男・龍馬さん(15)と次男・明馬さん(13)の兄弟コンビ。

2人とも幼い頃からBMXに乗るライダーです。

正本健太キャスター:
「(パンプトラックの)コースの特徴は?」
松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「デコボコを使って速度を上げていく」

正本健太キャスター:
「デコボコを一気に走っていくと。速いですね」
松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「結構速いんですよ」
正本健太キャスター:
「カーブの所でまたスピードを上げて」

そして、パンプトラックを走る時の最大の特徴が…。

正本健太キャスター:
「ペダルを回してないですよね」
松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「回していません」

ライダーは自転車のペダルをこいでいないんです。

体をリズムよく揺らして体重移動しながら、デコボコや傾斜のついたカーブをうまく利用しスピードに乗っているんです。

松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「体の上下運動で速度を上げていくんですよ。体重をとにかくタイヤに伝達させるっていうのが一番大切なところで」

パンプトラックではペダルをこがないこの乗り方の方が、スピード感があるダイナミックな走りを楽しめるというわけなんです。

ここで正本健太キャスターもBMXでパンプトラックに挑戦!

松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「曲がる時は腰を落として、そこは腰を落として。そこからペダルをこがずに。腰を落として」

正本キャスター、ぎこちない動きながらも上下の体重移動を繰り返し、何とか自転車を進ませます。

松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「速度が落ちたらペダリングをしたらいい。乗れてる」
正本健太キャスター:
「さっきより上達しました?」
松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「乗れてます。乗れてます」
正本健太キャスター:
「結構、これもう限界だ。足が…」

BMX人気は愛媛県内でも高まりつつあります。

サイクルショップ ミーツ・岩田建治代表:
「去年の東京オリンピックで一般の方もBMXっていう競技を知っていただいたことが一番大きかったですね」

スポーツ系の自転車を中心に扱うこの店では、東京オリンピックをきっかけに若い世代でBMXを購入する人が増えているそうです。

サイクルショップ ミーツ・岩田建治代表:
「こちらは大人の方に乗っていただけるモデルになります。フレームの素材がハイテンという比較的安価なスチールで作られているモデルです。上位モデルとサイジングは同じように作られてますので、入門機に適した一台となっております」

店によりますと、入門用のBMXの価格は5万円前後でしたが、今年に入り円安のの影響で価格が高騰。

メーカーによっては例年の2割程度値上がりしているそうです。

サイクルショップ ミーツ・岩田建治代表:
「ちょっと前のモデルは現行モデルと内容はほとんど同じで価格が安いというのはお買い得なので、買うなら今がチャンスだと思います」

正本健太キャスター:
「さっきのパンプトラックと違って高さのある所ですね」
松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「ここは『ボウルパーク』。全てがR(斜面)でつながってるんで、飛んで技を決めるっていうスペースになる」

フリースタイル向けのボウルパークで、池田兄弟はどんなトリックを見せてくれるのか。

2メートル近い高さの斜面を一気に駆けあがり、ジャンプしながらターン。

松山市アクティブ・スポーツ協会 池田裕之会長:
「Rで加速して飛んで、今のが『インバート』っていう、くねっと後ろのタイヤを曲げたりする」

兄の龍馬さんも弟・明馬さんに負けじとビッグジャンプからのターン。

「アーリーウープ」は進行方向とは逆に回転するスピントリックのひとつです。

1回のジャンプで2〜3種類のトリックを組み合わせるのもフリースタイルの楽しさです。

正本健太キャスター:
「やっぱり目の前で見るとすごさが改めて伝わりますね」

弟・池田明馬さん:
「いろんな形だから自分の好きな走り方ができるのが、ここの施設で面白いところ。スタイルのあるBMXライダーになりたいです」

兄・池田龍馬さん:
「BMXのパーツメーカーを立ち上げるのが将来の夢です」

子供はもちろん大人も楽しめるBMX。

この夏、小さな自転車でエクストリームな風を感じてみませんか。
8月5日 20:10

県内の最新ニュース

もっと見る
あわせて読みたい