FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品

『ダムは誰のために‐山鳥坂ダム 40年目の予定地変更‐』

2022年5月29日(日)12:00〜12:55放送

大洲市肱川町で建設計画が進む山鳥坂ダムは、ダム建設の可能性を探る予備調査から40年が経ってもいまだダム本体の工事は始まっていません。そんな中、国は去年ダム本体の建設予定地の変更を発表しました。水没地区、周辺地区に暮らす住民は人生の大半をこの建設計画と共に生きることを余儀なくされる中でのさらなる計画変更。工期、費用とも拡張する現実。一体ダムは誰のためのものなのか。近年の気候変動を背景にダム建設へと風向きが変わる全国のダム。山鳥坂ダムが担う治水ダムとしての効果や流域治水のあり方を見つめます。