トップ >> 会社概要 >> 番組審議会

番組審議会

7月テレビ愛媛番組審議会抄録

番組審議会 開催日:2018年7月25日(水)
出席委員6名

委員長
川本 栄次
委 員
  • 池田 正人
  • 熊谷 太郎
  • 高畠 麻子
  • 松本 樹美
  • 若林 良和

議 題

『報道特別番組 EBCプライムニュース』
7月7日(土)12:00〜13:00放送

  • あの段階では工夫していて、緊急特番とは思えないほど、まとまっていた。必要な情報を刻々と的確に伝え、アナウンサーも落ち着いた口調で適切に呼びかけていて、安心して見られた。中継も含めて、まんべんなく様子が伝わっていて、良かった。
  • 現在の雨の状況や降り始めからの総雨量、土砂災害への注意喚起等の情報の繰り返しはすごく大事だと思う。いつテレビをつけても、見ている人に同じ情報が伝わるような、わかりやすい構成だった。
  • 全体像が見えない段階の中、素早く特別番組に踏み切った判断は、適切だったと思う。県民に警戒を呼び掛けるメディアの役割は、果たせていたと思う。今後もきめ細かな取材で、長いスパンでの検証をはじめ、色々なジャンルの細やかな情報を、提供していってほしい。
  • テレビ愛媛が独自で得た情報と、実際に現場にいた人とをリアルタイムで、放送でリンクさせてもよかったのではないか。また、JRや高速道路の通行止め等の情報を地図を使えば、どの地域に被害が集中しているかが、よくわかったと思う。
  • 怒和島の中継は、見ていて胸が痛すぎて苦しかった。あそこまで繰り返し出す必要があったのだろうか?一方、これ以上被害を少なくするために、川の氾濫情報や今後の対策をしっかり伝える必要があり、ウェザーニュースの「豪雨の動向」「土砂対策」や「被害の前兆」等の情報が、非常にコンパクトに的確に伝えられていた。
  • 災害救助法は、どうすると適用されて、適用されたら何があるのか詳しく知りたかった。L字型テロップは、より有益な情報を流していたが、スピードが少し早いなと思った。また、ドローンの活用は、無いのかなと思った。

等の意見や指摘があった。

番組に対するご意見・ご感想は
お問い合わせから