トップ >> 情報セキュリティ方針

情報セキュリティ方針security

基本理念

株式会社テレビ愛媛(以下、「当社」という)は、保有する視聴者をはじめとする個人情報や放送関連情報のセキュリティを適正に維持することが、放送事業者としての使命であり、重要な課題であると認識しています。当社の情報資産を適切に管理するために、情報セキュリティ対策を整備し、確実に実施することを目的として「情報セキュリティ方針」を定めます。

基本方針

  • 当社における情報セキュリティは、情報資産の機密性、完全性及び可用性を維持することと定義します。
  • 当社の情報セキュリティ対策に関する活動は、役員を含む全従業員が参画する体制を確立して、推進していきます。
  • 当社は放送の社会的な責任を果すことと、保有する情報資産を適切に管理するために、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を確立し維持します。
  • 当社のISMSは事業上及び法令又は規制要求事項、並びに契約上のセキュリティ義務の重要性を理解し遵守するものとします。
  • 当社はリスクアセスメントを実施することにより、様々な脅威に対する情報セキュリティ対策を整備し、実行していきます。
  • 当社は役員を含む全従業員に対して、セキュリティ意識の向上を図るための教育を定期的に実施します。
  • 当社はISMSが遵守されていることを検証するために、定期的に内部監査を実施します。
  • 当社は放送事業者に求められる責任や情報資産に対する脅威の変化に対して、ISMSを継続的に改善していきます。
株式会社テレビ愛媛
代表取締役社長 羽牟 正一
※情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS:Information Security Management System)とは、情報の「機密性・完全性・可用性」を維持するための、管理体制を示します。