トップ >> ニュース >> ニュース詳細

ニュース詳細news

愛媛の今をお伝えします。

EBCプライムニュース

公立小中学校は春休み “自宅待機”終了…子供たちが公園に【愛媛・松山市】

2020/03/26 18:30:00

県内の公立小中学校は26日から春休み。臨時休校中の自宅待機も終わり、松山市内の公園では子供たちの姿が戻っています。

木元悠吾記者「きょうから春休みということで、公園には小学生や中学生、元気一杯の子供たちがたくさん集まっています!」

中村知事が先日「春休み中は原則自宅待機を求めない」との判断を示したことを受け、松山総合公園はあいにくの曇り空にも関わらず、遊具で元気に遊んだり走り回ったりする子供たちでいっぱい。

男子児童「最近、臨時休校とかで体動かしてなかったので体動かしに来ました。やっぱ外で遊ぶほうが楽しいです」
男子児童「うれしい。皆で遊べるっていうことが」

児童の母親「子供もずっと家に居るとストレスもたまるので、天気のいい日は外に出して一緒に遊びたいなと思います」

他の児童の母親「小学校がなかったので子供がすごくつまらなそうだったのと、動かないからおなかがすかなくてあまり食べない、夜も全然寝ないで結構大変だった。(外で遊ばせると)顔つきが全然違いますね」

公園では、菓子類を食べるときはアルコールのティッシュで手をふくようにしている家族連れも見られました。

入学式や始業式の実施について、各自治体は今後の感染状況などをみながら判断したいとしています。