トップ >> イベント >> イベント情報

イベント情報event

伊佐庭如矢顕彰 交通安全               「第4回四国松山ノーマルレトロカーミーティング」

イベント

2017年10月14日(土)

10:00〜15:00 (荒天中止)

※搬入:8:30〜 9:30
※搬出:15:15〜16:00

場 所

城山公園 堀之内管理用広場 (愛媛県松山市堀之内)

※堀之内には一般観覧者用駐車場はありません(オートモデラーの集い出品者を含む)。

目的

温故知新。車は時代を映す鏡とも言われ、昭和に販売された車は保安基準や物品税等で寸法、排気量などに大きな制約を課せられていました。このような時代のデザインを含めモノづくりへの技術者の熱意を現代に伝えるレトロカーの文化的価値を多くの方に知っていただく機会として、また、時代を超えた普遍的願いである交通安全をレトロカーでアピールするとともにオーナーとの交流の場として、明治時代、伊佐庭如矢が廃城の危機から救った国の史跡である城山公園にて開催いたします。


■参加資格

昭和63年(1988年)以前に製造・販売された、ほぼノーマルと認められる自家用車(普通貨物、大型・特種車両は不可)。
※車検証の初度登録年月を基準としますが、昭和までに製造・販売された車体であることが明白である場合はエントリー可。


■内容

交通安全パレードラン(開会式終了後スタート)、レトロカーの展示、オーナーミーティング、オートモデラーの集い、シートベルト体験(10:30~14:30先着順)、ボンネットバス体験乗車(10:10、13:00、13:30、14:00の4回。先着順)、燃料電池車等体験乗車(11:30~14:30先着順)、他

募集台数
約90台 (予定台数以上の応募があった場合は実行委員会での選定となります。)
応募方法

テレビ愛媛のHPからエントリー用紙をダウンロードし、必要事項をもれなく記入の上、ナンバーが写り込んだ斜め前方からのカラー写真・車検証写しも同封し、郵送にて上記応募先までお送りください。


 レトロカーエントリー用紙のダウンロード[PDF: 96KB]

 

【応募先】 〒790−8537 松山市真砂町119

      テレビ愛媛事業部 「四国松山ノーマルレトロカーミーティング」事務局 


応募期限

2017年8月31日(木)まで(当日消印有効)※9月中旬頃に仮決定通知を発送致します。

応募条件など

【レトロカー参加条件】

交通安全パレードランにおいて自力による走行が可能で、下記の条件を満たすこと。
(1) 2017年10月14日(土) 8:30〜15:00 に参加でき、展示時間中は、随時、愛車の紹介やエンジンルームの公開などにご協力いただける方。
(展示は10:00〜15:00 で、パレードランを除き車は動かすことができません。また、途中退出はご遠慮ください。)
 ■搬入出時間(下記時間内に車両の搬入出が行えること)
 ・搬入  8:30〜9:30
 ・搬出 15:15〜16:00  
 (2) 参加仮決定通知後、所定の期日までにエントリー料の振り込みが可能である方。 
 (3) 新車販売当時の状態から大きく逸脱してなく、ほぼメーカーオリジナルな雰囲気が維持されていると認められる車両(レプリカ、痛車、ハの字など意図的と認められる極端な車高調整、バンパーレス・ミラーレス・バニングなどを含むいわゆる個人的なカスタムカー、メーカー純正品以外のスポイラー装着、型式の異なるエンジン載せ替えや過給機の後付け、爆音を発生させる排気系の改造車、後付けガルウイング・外出しオイルクーラ・ツリ目ライト・竹槍・出歯を含む街道レーサー・グラチャン・暴走族やワークス風改造車など新車販売当時の日本の保安基準に疑義が生じる車両は不可。(参考:国産車にドアミラーが認められたのは昭和58年春以降です。それ以前の国産車は基本的にフェンダーミラーとなります))。
 (4) 3,4,5,6,7ナンバーの自家用車及び検査対象の軽自動車であること(車検証の写しとカラー写真の提出が必要です)。
 (5) 塗装・シール等において政治的主張をするなど、宣伝性が高い車でないこと。 
 (6) 正規のナンバープレートがある車両(仮ナンバーは不可。積載車での運搬は要相談)。
 (7) 任意保険(対人・対物・搭乗者)に加入していること。
 (8) 安全上、運営上などの点で主催者の指示に従っていただける方。


【蚤の市出店条件】 
イベントの趣旨に反しない小物類の出品で、下記の条件を満たす6店舗を募集。
 (1) 当日、9:30までに設営し、16:00までに撤去を完了すること。また、前日の準備については、事務局の指示に従うこと(警備は自己責任となります)。
 (2) 販売物品の単価は税込1万円以内とし、動植物や食料品、いわゆる書画・陶磁器などの骨董品や火気に関わる機器類・危険物や公序良俗違反となる物の販売をしないこと。
 (3) 指定された場所で、所定の面積を遵守すること。また、車両を店舗等とする場合は、車両停止場所として認められた所以外に置かないこと。
 (4) 販売物品の瑕疵に対応できるよう、販売者名や連絡先を明示し、トラブル等はすべて出店者で対応すること。 
 (5) 出展物の管理や釣銭など金銭の収受等に必要な物の準備については出店者の責任において行うこと。 
 (6) 出展者の看板等は、イベントの趣旨や国の史跡の雰囲気を損なわないものであること。
 (7) 風や雨などの対応は、安全面を含め出店者が行うこと。 
 (8) 水道・ガス・電気の設備はありません。発電機の使用も不可です。
 (9) 場所が国の史跡のため、1.5t以上積載の貨物車を使用しての搬入・搬出はできません。会場進入許可のため、事前に使用車両の情報を事務局までご連絡ください。  
 (10) 1カ所の面積は、20平方メートル(2×3間のテントが張れるくらい)を予定しています。


エントリーシートをダウンロードし、必要事項をもれなく記入の上、下記応募先まで郵送してください。インターネット環境がない場合は、エントリー用紙の郵送を事務局までご請求ください。


 蚤の市エントリー用紙のダウンロード[PDF: 70KB]


【応募先】 〒790−8537 松山市真砂町119

      テレビ愛媛事業部内 「四国松山ノーマルレトロカーミーティング」事務局 



 【オートモデラーの集い参加要項】 

秋の一日、実車を前に「オフ会」を楽しみませんか。参加は自由です。当日作品をお持ちください。時間は「四国松山レトロカーミーティング」に準じ、15:00終了です。作品には、名刺サイズの紙に作品名、氏名、裏面には住所を書いたものを2枚付けてください。




精密なモデルカー(2輪を含む)はもちろん、ミニ四駆など幅広く募集いたします。

 (1) 当日、ご自身が制作された車両の模型をご持参ください。事前参加申込の必要はありませんが、作品票の記入をお願いいたします。

 (2) 車両模型(キャタピラー車を含む)を対象といたしますが、ミニカー等完成品そのままの展示はご遠慮ください。

 (3) 「集い」での制作はできませんが、制作途中の作品の持ち込みは可能です。

 (4) 「集い」での作品販売は不可です。販売希望の方は「蚤の市」をご利用ください。

 (5) スペースに限りがありますので、譲り合っての展示にご協力ください。また、ジオラマ等大きな作品の場合は、事前に担当クラブへご連絡ください。

 (6) 入場無料のため、多数の方が観覧され、また、撮影等が行われることがありますので、あらかじめご了承ください。

 (7) この集いは「松山エアモデラーズクラブ」が担当して実施いたしますので、その指示に従ってください。また、「オートモデラーの集い」に関するお問い合わせは、メール(porsche-911rs(アットマーク=@)  ezweb.ne.jp)にて担当:松本までお願いいたします。



【備考】 

※ 会場は、城山公園堀之内 松山市民会館西側にある管理用広場
※ 交通安全パレードランは、警察車両を先頭として城山公園外周の公道約3kmを通常走行するもので、パレードランのみの参加はできません。
※ 当日エントリーは不可。また、参加決定後であっても、開催当日に応募条件に明白に反すると認められる場合は、参加・展示をお断りいたします。その場合でも参加費用は返金いたしません。
※ 同一車種による複数のお申込みがあった場合は、展示台数の都合上、やむを得ず調整をさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※ イベント中の事故・盗難・破損等車両管理や蚤の市開催中に発生するトラブルは参加者の自己責任で対応をお願いいたします。
※ エントリーされた方による営業や物品販売(蚤の市を除く)・政治活動のための看板設置などはできません。また、いかなる名目でも募金活動など寄附を求める行為は禁止します。
※ 展示場所はアスファルト舗装されたところを予定していますが、車両配置の関係で舗装されていない箇所となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。また、オイル漏れが懸念される車両の場合は、各自でのオイル漏れ対策準備についてもご協力をお願いします。配置については主催者の指示に従ってください。ただし、蚤の市は芝生の場所になります。
※ 交通安全パレードランは、交通法規を遵守しての公道走行となります。無用にエンジンをふかしたり、いわゆるスポーツ走行はできません。
※ 交通安全パレードラン中は、必ず有効な運転免許証をご携帯ください。
※ 申し訳ありませんが、国の史跡内のため一般観覧者用駐車場はありません(オートモデラーの集い出品者を含む)。許可した車両以外は、堀之内周辺の有料駐車場をご利用ください。市役所前地下駐車場(有料:TEL089-933-0095)が多くの台数の駐車が可能です(平日以外:上限料金800円)。
※ 国指定の史跡である城山公園一帯は条例により歩きたばこ等が禁止されており、所定の場所以外での喫煙はできませんのでご注意ください。
※ 会場内での火気、電気、水道の利用はできません。また、申し訳ありませんが、展示時間中はエントリー車内での飲食・喫煙もご遠慮ください。
※ パレードランを除き、展示時間中におけるエンジンの始動やクラクション、オーディオ再生はできません。ただし、やむを得ない事情でエンジン始動や車両を移動する場合は、安全確保のため必ず係員立ち会いの上、行っていただくようになります。
※ 許可された場合を除き、会場内でのテント・テーブル・イス等の設置はできませんので、あらかじめご了承ください(簡易なテーブルや移動用の折りたたみ椅子等の利用は可)。
※ ゴミ等は各自お持ち帰りください。また、ドローンの使用はご遠慮ください。
※ 公園管理規定により、ペットの同伴は、ケージに入れるなど外に出さないようになっていれば可能ですが、会場内の散歩などは禁止となっています。犬の散歩は北側の「ふれあい広場」のみ可能です。
※ 当日は堀之内の別会場でオータムフェスティバルが実施され、小さなお子様も多数いらっしゃいますので、安全確保にご協力ください。
※ 愛媛県や松山市の暴力団排除条例等により暴力団関係者、その他反社会的勢力の方のご参加はお断りします。
※ その他、詳細はご参加いただくことが決定した方にご案内致します。 

参加費用

レトロカー展示 3,000円/1台   蚤の市出店 8,000円/1店(6店舗のみ)
※ 仮決定通知受領後、9月24日(日)までに参加費用を指定の銀行口座に(仮決定通知とともにご連絡します)お振込ください。振込手数料はご負担ください。
※ 交通費・宿泊費・食事代・燃料費等は含まれていません。各自負担となります。
※ 蚤の市でテント等の手配が必要な方は、別途費用が発生いたします。


決定通知
正式通知は、お振込確認後、10月2日(月)頃に関係書類とともに発送させて頂きます。到着は10月の第2週中となります。
表彰

<ロングディスタンス賞>
  国産車・外国車別に、それぞれ一番遠いところからご参加された方に賞をお贈りします。なお、距離は、インターネット上のドライブ用WEBによって判定いたします。


<ワンオーナー賞>
  国産車・外国車別に、個人で新規登録から今日まで車検を切らすことなく継続して所有している方の中から、車検証の初度登録年月を基準として一番年数が長い方に賞をお贈りいたします。なお、管轄運輸支局が変更となった場合は、変更前の直近の車検証の写しで確認いたします。


<ビンテージ賞>
  国産車・外国車別に、それぞれ最も古い自家用車で参加された方に賞をお贈りします。なお、年数は有効な車検証の初度登録年月等により判定いたします。ただし、このミーティングで、過去において同じ賞を受賞している場合は次の未受賞車を表彰します。


<シングルナンバー賞>
  国産車・外国車を問わず、シングルナンバーの中から、最も古いプレート番号に賞をお贈りします。なお、3,4,5,6,7及び軽自動車の3,6,8の分類番号間においては、登録年月日/交付年月日の古いものとします。ただし、このミーティングで、過去において同じ賞を受賞している場合は次の未受賞車を表彰します。
 
<トップ賞>
  特別展示以外の参加車両の中からオーナーによる人気投票を行い、1番得票の多い車に賞をお贈りいたします。なお、投票者自身が所有している車両に投票をすることはできず、また、得票が同数の場合は委員長が選定いたします(14時までの投票)。


<フルノーマル賞> 
  国産車・外国車を問わず、よく手入れされ、新車販売当時の状態が醸し出されていると認められる車の中から、当日に内・外装等を審査させていただき、賞をお贈りします。なお、複数台数を予定しています。


※当日は、協賛事業者による他の賞がある場合もあります。(特別出展車両は賞の対象外です)。

応募書類の取り扱い
応募していただいた書類は、適正に保管・管理し、このイベント実施関連のためのみに使用するとともに、法令に基づいて公的機関から個人情報の提供を求められた場合を除き、ご応募いただいたご本人の承諾がない限り、第三者に提供いたしません。なお、参加選定がなされなかった場合を含め、応募書類等の返却は致しかねますのでご了承ください。
主催/共催/協力/後援

主催:四国松山ノーマルレトロカーミーティング実行委員会

共催:テレビ愛媛

協力:松山エアモデラーズクラブ、宇和島レトロバス兵頭観光

後援:松山市、松山青年会議所、松山観光コンベンション協会、松山東交通安全協会、日本自動車連盟愛媛支部、道後温泉旅館協同組合、NHK松山放送局、南海放送、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、愛媛新聞社、えひめリビング新聞社、タウン情報まつやま

Q&A

【よくある質問】


Q1 ノーマルの意味はなんですか?
A1 メーカーカタログの車両写真の状態を意味しています。昔、憧れた車への再会なども目的としていることもあり、オリジナルな状態を維持するための苦労についても広く紹介し、レトロな雰囲気を大切にするためです。 
      
Q2 初度登録は平成2年ですが、この車種は昭和60年に発売になっており、同型車なのでエントリー可能ですか?
A2 平成元年4月から自動車関係税制の大幅な変更があったことから、初度登録年にこだわっています。申し訳ありませんが、エントリーいただけません。ただし、輸入車などの場合で、車体製造が昭和以前であることが明白であればエントリー可です。 
      
Q3 昭和63年に日本で生産された車種の逆輸入車ですが、参加可能ですか?
A3 車体に昭和の製作と分かる刻印があるなど、車体製造が昭和であることが明白であればエントリー可です。 
      
Q4 同じ車種の他グレードのエンジンに乗せ換えているのですが? 
A4 応募条件にありますとおり、原則エントリー不可となります。 
      
Q5 オートマチックが補修不能のため、同じ車種のマニュアル仕様にしているのですが? 
A5 適正に車検を受けて保安基準をクリアしているものであればOKです。 
      
Q6 メーカー純正のハンドル部品がなく、社外品を付けていますが? 
A6 現在の保安基準に合致しているものであれば特に問題ありません。 
     
Q7 ホイールやタイヤサイズを変更していますが?
A7 スチールホイールをアルミホイールに変更などは問題ありません。タイヤサイズについては、新車当時のオリジナルサイズが望ましいですが、バイアスタイヤからラジアルタイヤへの移行やタイヤの扁平化が進み、古い車ほどオリジナルサイズのタイヤの入手が困難になってきています。このため、やむを得ず異なるサイズのタイヤへ変更されているケースがあると思いますが、保安基準に適合し、外観上、ノーマルな状態を大きく逸脱していなければエントリー可です。(引っ張りタイヤは不可) 
      
Q8 メーカー純正の排気管部品がなく、社外品を付けていますが?
A8 爆音を発生させることなく、排ガス規制に適合し、奇をてらったデザインでなければOKです。 ただし、車体長を逸脱している排気管などは不可となります。
     
Q9 エアロパーツ類はどこまで認められますか?
A9 当時のメーカーカタログに掲載されているものはOKですが、社外品は不可です。 
      
Q10 メーカー純正のショックアブソーバーやスプリングがないため社外品を使用した結果、少しローダウンしていますが、大丈夫でしょうか?
A10 ローダウンについては、ショックアブソーバーの圧力低下やメーカー純正部品が入手できず、社外品を使用した結果、ノーマルな車高と異なることがあると思いますが、外観上、ノーマルと大きく異なる状態でなければエントリー可です。ただし、保安基準に適合しないスプリングの切断等は不可です。 
     
Q11 昭和57年以前の初度登録です。ドアミラーとなっていますが、参加できますか?
A11 純正部品がない等の理由であれば、基本的にOKですが、状態を見ての判定となります。 昭和38年以前の登録車を除き、ミラーレスは不可です。
     
Q12 メーカー純正色ではないのですが?
A12 基本的に奇をてらった塗装でなければ大丈夫です。 
      
Q13 車内にロールケージ等を設置していますが?
A13 オープンカー以外はご遠慮ください。 
     
Q14 エンジン型式は変わらないものの、有鉛ガソリン仕様を変更していますが?
A14 無鉛ガソリン対応等は、全く問題ありません。 
      
Q15 幌なしオープンカーのため、雨天時は不参加となりますが、応募は可能ですか?
A15 エントリー料の返還はできませんが、ご応募可能です。雨天不参加の場合は、お手数ですがご連絡をお願いいたします。
      
Q16 「愛車の紹介などにご協力いただける方」とありますが、どの程度の協力ですか?
A16 他の参加者やギャラリーとのコミュニケーションも目的にしているためで、愛車の近くに常時いていただく必要はなく、随時、ご都合に合わせて応対をしていただければと思います。 
     
Q17 自分で車両の説明文を作成し、車外に設置したいのですが?
A17 説明板を設置する場合は、安全面に十分ご配慮の上、自己管理でお願いいたします。なお、会場は国の史跡のため、地面に杭を打っての設置などはできません。 また、強風時には撤去をお願いします。 


Q18 ロングディスタンス賞の距離計算において、全て陸路走行するのでなくフェリーを使用した場合はどうなりますか。
A18 四国には3つの本州四国連絡橋がありますので、フェリーを使ったとしても本州・四国間においては基本的に道路を走行したものとして計算します。例えば、九州からのルートの場合、佐賀関―三崎、臼杵―八幡浜、別府−八幡浜、小倉―松山、柳井―松山などのフェリーが考えられますが、いずれも九州から高速道路を走行し、西瀬戸自動車道を利用したものとして計算します。なお、例えば北海道からのご参加の場合は、北海道・本州間の最短フェリー(函館―大間)に乗船したものとして、陸路区間で計算させていただきます。この場合、フェリー乗船区間は距離に含めません。


Q19 レジャーシートの利用は可能ですか?
A19 通行の妨げにならない位置であれば可能です。 
      
Q20 同行するギャラリー用駐車場はありますか?
A20 許可車両以外の駐車場は堀之内にはありません。ご案内している市役所前地下駐車場など、付近の有料駐車場をご利用ください。 
      
Q21 ギャラリーが車に触る可能性はありますか。また、交通安全パレードランなどにおいて事故があった場合に主催者が責任を負っていただけるのでしょうか?
A21 スタッフが適宜見回り、展示車両に手を触れないようにお願いしますが、事故等については応募条件にあるとおり自己責任で対応をお願いいたします。(主催者は責任を負いかねます)  
     
Q22 交通安全パレードランにおいて、レトロカーを撮るのに適した場所はどこですか?
A22 走行状態を撮りやすいのは、一方通行で走行速度も遅くなるロープウェイ商店街(大街道三丁目)付近、公園内では会場内のスタートポイントや県美術館北側あたりと思われます。 
      
Q23 蚤の市において「イベントの趣旨に反しない小物類」とはどういう意味でしょうか?
A23 城山公園は国の史跡に指定された都市公園のため数々の制約があり、公園内で物品販売などは原則できません。イベント開催時においては、来場者の利便性向上やイベントを盛り上げるための補完的なものの場合は例外的に出店が認められていますが、イベントの趣旨に沿った販売単価1万円以内(税込)のものとの条件などがあります。このイベントは公道を走行する車が対象のため、広い意味でそれに関連したものの販売なら許可になりますが、個々の出品内容については、事務局までお問い合わせください。(各地のレトロカーイベントで、スワップミートやオートジャンプルと表示されている内容と同程度です)
     

Q24 オートモデラーの集い参加者用の駐車場はありませんか? 

A24 国の史跡内という制約のためご用意できませんのでご了承ください。ただしジオラマなど大型作品で搬入のため会場乗り入れが必要な場合は、担当の松山エアモデラーズクラブにご相談ください。


Q25 昼食場所はありますか?
A25 堀之内では愛媛県美術館内にレストランがあるほか、別会場で「キッズふれあいランド」が実施されており、屋台も出店される予定です。また、花園町・松山市駅方面に飲食店が多数あります。 
     
Q26 小さい子供を連れて行きます。遊ばせるところはありますか?
A26 当日は堀之内の別会場で子供向けのイベント「キッズふれあいランド」が開催される予定です。 
     
Q27 前泊・後泊などのホテルの手配はお願いできますか?
A27 松山市内には多数の宿泊施設がありますので、ご自身で手配をお願いいたします。なお、道後に宿泊希望の方は道後温泉旅館協同組合(TEL089-943-8342)の案内所をご利用ください。 
     
Q28 観光を兼ねて行きます。代表的な松山の見どころを教えてください。
A28 現存する全国12天守の一つで重要文化財の「松山城」、日本で唯一、温泉入浴施設で重要文化財の「道後温泉本館」、車で途中まで登ることができ天気がよければ瀬戸内海なども見渡せる「松山総合公園展望台」など、見どころはたくさんあります。 
      
Q29 四国内を周遊できる高速道路の割り引きプランはありませんか?

A29 本州や九州からフェリーを利用して四国に渡られる方を対象とした四国内高速道路乗り放題の割り引きプラン「四国まるごとドライブパス!2017」が実施されています。詳しくは、「みち旅」のホームページをご覧ください。


Q30 なぜ「伊佐庭如矢顕彰」なのですか?
A30 伊佐庭如矢は明治時代の道後湯之町の初代町長で、厳しい財政状況の中、現在の道後温泉本館を建てた人物です。このほかにも、明治政府による松山城の破却を食い止め、城山公園を整備しました。その功績も広く知っていただきたいため、顕彰としております。

お問い合わせ

テレビ愛媛 事業部

TEL:089-933-0322

10:00−17:00(土・日・祝を除く)