トップ >> 番組紹介 >> 決定版!チョーさんの釣り情報 >> これまでの放送内容

決定版!チョーさんの釣り情報

これまでの放送内容

1月21日(日)

しまなみの越冬ギス! 大島・友浦港で36匹!

今週は投げ釣りで、厳冬期のキスに挑戦です。このところの寒波で海水温もずいぶん低くなっています。キスの活性も当然低くなっているはずです。難しい釣りになるのを覚悟しての取材です。まさにチャレンジです。


釣り場は今治沖のしまなみ海道・大島の友浦港に決めました。港の南側にあるコンクリート波止で竿をだしました。
4メートル足らずの投げ竿に中型のスピニングリールをセット。道糸はPE0.8号、リーダーはPE3号、先糸にはナイロン5号を1.5メートルほど結びます。キス用の片テンビン(18号)、幹糸2号、ハリス1号、キス針6号の5本針。サシエサは青虫です。青虫は小さなキス針いっぱいになるくらいに切って針に刺します。


まずは沖向き(南側)を探りました。50〜60メートルほど沖に投げて、オモリが海底に着いたら、ゆっくり、ゆっくりとリールを巻いてエサを動かします。キスを誘うのです。30分、1時間と探りますが、やはり水温が低いのでしょう。キスのアタリはありません。ジワリと嫌な予感がしてきました。ひょっとして釣れないんじゃないかな?と弱気の虫が頭をもたげます。


釣りスタートして、1時間半ほど経過した頃に、ようやく波止際まで仕掛けを引っ張ったところで20センチ近いキスをゲットしました。続けて2匹目、3匹目と釣れました。この頃に潮は満ち込んできました。


それではと、港のフェリー桟橋方向を攻めることにしました。これが大正解!一度に2匹、3匹、そして5本針に5匹のキスがヒットします!真冬に、まるで夏の盛期のような大釣りとなりました。うれしかったですね!


一度に5匹のキスを釣った釣り人。
(今治市沖・大島友浦港で)




【1月のプレゼント】

  • 釣具のフレンドとテレビ愛媛の、年に一度の豪華プレゼントです。3万円相当の釣り具の福袋を、2名の方に抽選でプレゼントいたします。どしどしご応募下さい。